レシピ(日本料理) (全22件)

「家庭料理のすがた」

著者:  辰巳芳子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  2005年4刷
価格:  1200円
状態・備考:  A

失われつつある旬を意識した心や実際の台所仕事としての料理を、現代の時代に行うためには新しい合理性が必要なのでは・・・・。料理研究家としての長年の経験の中から生まれたレシピを提案。旬折々の随筆も収録。「旬をたなごころに」「展開料理のすすめ」「日常のまとめ仕事」「xxxxxxxxxxxxxx旬の素材の展開料理」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「日々の汁もの」

著者:  森野眞由美
出版社:  マーブルトロン
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

けんちん汁、すいとん、つみれ汁、冷やし汁‥‥など、毎日の食事からおもてなしにも使える、かんたんで栄養たっぷりの和の汁ものレシピを58品紹介 →表紙を拡大


「母の味、祖母の味―家族の献立」

著者:  武藤祐子
出版社:  地球丸
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「双子の高校生を持つ母親であり、両親とも同居し、三世代の食事を作る著者が、「四季の和食」をテーマに、炊き込みごはん、魚や野菜のおかず、汁物などの家庭料理を紹介。四季の献立、いつものおかず、武蔵家の毎日の食卓を支えてきた料理たちを、料理写真の第一人者、佐伯義勝が美しい写真で撮り下ろします」(紹介文より)
【目次より】
「めばるの煮付け」「筍とわかめの含め煮」「かつおのたたき、しそソース添え」「冬瓜の冷やしのっぺ」「さんまのしょうが梅干し煮」「里芋のゆずみそ煮」「ぶり大根」「かきのみぞれ酢」‥‥など→表紙を拡大


「私の作ったお総菜」

著者:  宇野千代
出版社:  海竜社
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1992年7刷
価格:  900円
状態・備考:  A

むかし銀座でお弁当屋さんをやりたいと思っていた著者が、長年、台所で作りつづけてきたものを紹介する。
【目次より】
「岩国鮨」「茶粥」「白菜の胡麻和え」「私のカレーライス」「新じゃがの薄切りサラダ」「豆腐の食べ方と山椒味噌」「極道すきやき」「ちりめんじゃこあれこれ」・・・・など→表紙を拡大


「豆腐・納豆あれもこれも(日曜日の遊び方)」

著者:  平野雅章、永山久夫
出版社:  雄鶏社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1996年5刷
価格:  600円
状態・備考:  A

「日本人の食生活の中で、豆腐と納豆が欠かすことのできない食品であることは、今更事改めて言うまでもない。いずれも近世に入って広く普及し、比較的値段も安く、庶民の日常食として重宝がられてきたのはご存知の通り。こうしたなじみの深い食品としての豆腐や納豆を手作りして楽しんでみよう。」(紹介文より)→表紙を拡大

 →このほかに「平野雅章」の本があるか調べてみる
 →このほかに「永山久夫」の本があるか調べてみる


「しあわせの沖縄料理―アンマーたちの元気でおいしいオキナワン・レシピ」

著者:  岩谷雪美
出版社:  PARCO出版
サイズ:  20×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「南国の元気野菜、滋味たっぷりの豚肉、体にやさしい食べ方の工夫…。4人の沖縄女性料理人から教わる“今”の沖縄料理。食にまつわるおいしい話&情報編では、ウチナーの台所・マチグヮー(市場)、愛しの泡盛、沖縄のやちむん(焼物)の魅力、沖縄すば、おすすめレストラン&スポット22軒を紹介」(紹介文より)→表紙を拡大


「毎日が楽しくなる塩麹のおかず」

著者:  おのみさ
出版社:  池田書店
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2012年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

朝食やお弁当、晩酌にぴったりの日常使いの塩麹レシピを紹介
【目次より】
「おいしい調味料「塩麹」の作り方」「塩麹でパパッとかんたんおかず(材料1つで塩麹のおかず/調理別・塩麹のおかず/塩麹+調味料のおかずバリエ」「塩麹でじっくり漬け込みおかず(野菜を漬ける/肉を漬ける/魚介を漬ける/ゆで卵を漬ける/チーズを漬ける」「コラム●塩麹ラボ」‥‥など→表紙を拡大


「日本料理―栄養と料理叢書」

著者:  田村平治
出版社:  女子栄養大学出版部
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1982年18版
価格:  2000円
状態・備考:  A

材料の見分け方から、魚や野菜の包丁の仕方、下準備、味つけ、盛り方まで初心者にも分かるよう写真を添えながら日本料理の献立を紹介
【目次より】
「さしみ」「汁物」「煮物」「揚げ物」「和え物・浸し物」「酢の物」「蒸し物」「鍋物」「ご飯物」「麺類」「漬物」「献立」‥‥など→表紙を拡大


「鍋でごはんを炊こう」

著者:  平松洋子、藤井恵、平野由希子ほか
出版社:  地球丸
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「京都の名店『草喰(じき)なかひがし」に鍋でごはんをおいしく炊く方法を学び、人気料理家の鍋ごはんや、世界各地の鍋ごはんを楽しみ、ごはん鍋、おひつ、米びつ、ごはんの友を紹介する、『鍋ごはん』と『ごはん鍋』の定番になる本」(紹介文より)
【目次より】
「ぴっかぴかの土鍋ごはん(中東久雄)」「たくさんのごはん鍋たち(平松洋子)」「中華のごはんとお粥(ウー・ウェン)」「混ぜ込みごはんと雑炊(藤井恵)」「ル・クルーゼでごはん(平野由希子)」「ごはん鍋」「陶器のおひつ」「木のおひつ」「木の米びつ」「陶器やガラスの米びつ」「ごはんの友韓国の石釜」「ベトナムの素焼き鍋」「イタリアの銅鍋」「スペインのパエリャ鍋」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「平松洋子」の本があるか調べてみる
 →このほかに「藤井恵」の本があるか調べてみる
 →このほかに「平野由希子」の本があるか調べてみる


「だしのいらない日本料理」

著者:  野崎洋光
出版社:  柴田書店
サイズ:  23×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年2版
価格:  800円
状態・備考:  B

「野菜もたくさん使えばおいしい味が出ます。肉、魚、きのこ類など旨みを多くもつ素材をじょうずに使うこともコツです。また煮物は汁を詰めていくことで、旨みが凝縮されます。だしやたくさんの調味料にたよらなくても、充分においしい料理を作ることは可能なのです。本書では、素材の味を感じることを思い出すことを試みました。」(紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「野崎洋光」の本があるか調べてみる


「懐石料理 炉篇」

著者:  辻留 辻嘉一
出版社:  河原書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1959年7版
価格:  700円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

懐石料理は、正式な茶事のときに、茶事の主催者が来客をもてなす料理のこと。「炉」とは、11月から4月までの季節(冬・春)の懐石料理のことでその月々の懐石についての詳細や調理法を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「辻嘉一」の本があるか調べてみる


「懐石料理 風炉篇」

著者:  辻留 辻嘉一
出版社:  河原書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1959年7版
価格:  700円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

懐石料理は、正式な茶事のときに、茶事の主催者が来客をもてなす料理のこと。「炉」とは、5月から10月までの季節(春・夏)の懐石料理のことでその月々の懐石についての詳細や調理法を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「辻嘉一」の本があるか調べてみる


「葱とわかめと油揚げ―私のむだなし料理百選」

著者:  阿部なを
出版社:  婦人之友社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1988年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「素材と語り合うたのしさを…。まず料理が好きでなければ、もののよしあしがみえません。魚は真ん中のいいところだけが美味なのではなく、それぞれの部分に味のちがいがあり、その活用に思い至るとき、1つの眼がひらかれます。捨てられても不思議のないもの同士を集めて、丹念に炒めたり、煮たりするとき、しみじみとものへの愛情がわきます。ケチ料理というのは、たっぷりの心ぞえなくしては、おいしくできないのです。」(帯より)
【目次より】
「身近な野菜・私流の工夫」「旬の味わいを大切に」「身近な魚・それぞれの味」「語り伝えたい日本の味」「昆布と梅干しの復活料理」「とっておきの常備菜とその使いみち」「懐しいおやつ」‥‥など →表紙を拡大


「上田フサのおそうざいてほどき」

著者:  上田フサ
出版社:  女子栄養大学出版部
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1981年初版
価格:  1600円
状態・備考:  B

汁物、刺し身、焼き物、揚げ物、いため物、蒸し物‥‥とおそうざいを調理方法別にわけ、それぞれの作り方を紹介するとともに、うまく作るためのコツを理論的に解説した本 →表紙を拡大


「日本のおかず」

著者:  西健一郎
出版社:  幻冬社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

「各界著名人が愛してやまない、当代最高の割烹「京味」の主人による待望の「家庭料理」のバイブル。牛肉ごぼう、ぶり大根、にしん茄子、豆あじの南蛮揚げ、たらちり鍋、親子丼、なによりのごちそうは、旬の素材を生かした『おかず』」(帯より) →表紙を拡大


「むすんでみませんか?おむすび―おむすびの話あれこれ」

著者:  オオクラチエコ
出版社:  ピエブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「おむすびを通じて、環境・食・文化を伝える『おむすびプロジェクト』の活動を行う著者による書。歴史、素材、科学と健康について等、おむすびの話を満載。季節を彩るからだにやさしいおむすびレシピ40種類も紹介」(紹介文より)
【目次より】
「おむすびが文化になる以前のお話。」「おむすびと日本人」「素材からの伝言/自然災害」「土柄(つちがら)ほか)」「自分のかたち」「からだをむすぶ」「おむすびを科学する/スローライフはおむすびから四季をむすぶ」「素材にあったお米の選び方」‥‥など →表紙を拡大


「おいしい沖縄料理」

著者:  尚承、高良菊
出版社:  柴田書店
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

「豆腐や緑黄色野菜、海藻など、健康上注目すべき食材をふんだんに使い、豚肉をさまざまに使いこなす伝統の知恵。そして簡単な料理法。沖縄の普通の家庭で作られている身近な料理を中心に紹介。代表的な食材についても解説する。」(紹介文より) →表紙を拡大


「おいしいごはんが食べたくなったら」

著者:  野崎洋光
出版社:  柴田書店
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年3版
価格:  800円
状態・備考:  A

混ぜご飯、丼とひと皿ご飯、炊き込みご飯、すし、茶漬け・汁かけ、粥・雑炊他、家庭で作れる簡単でおいしいご飯の作り方を、カラー写真で紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「野崎洋光」の本があるか調べてみる


「茶懐石」

著者:  辻嘉一
出版社:  婦人画報社
サイズ:  26×19cm
発行年:  1977年19版
価格:  2200円
状態・備考:  A

京都に生まれ、京都で育ち、懐石の家業を約五十年間一筋に続けてきた著者が、懐石と点心の料理を紹介。茶懐石に関する随想なども収録。装幀:大久保恒次 →表紙を拡大

 →このほかに「辻嘉一」の本があるか調べてみる


「ほっとするね和風ごはん―MIYUKI風とっておきレシピ100」

著者:  加藤美由紀
出版社:  講談社
サイズ:  26×21cm
発行年:  1997年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

いろいろな国で食べたおいしい出会いを思い出に、うちに帰って自分が育った国の味とブレンドしつつ作ってみたという和風ごはんのレシピ。「キャベツシューマイ」「トマトステーキ丼」「れんこんのはさみ揚げ」「青菜の黒ごまソース」「マシュマロ・パイナップル焼き」「アンチョビ豆腐ステーキ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「加藤美由紀」の本があるか調べてみる