音楽・映画の本 (全68件)

「野口久光シネマ・グラフィックス」

著者:  根本隆一郎
出版社:  開発社
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  1600円
状態・備考:  A

映画ポスターや直筆映画スターデッサン、レコード・ジャケットのデザインや雑誌、ミステリー本などの装丁デザインなど、野口久光が手がけたグラフィックデザインを330点掲載。あわせて石原慎太郎、大林宣彦、児玉清、立川談志、仲代達矢、松本幸四郎、宮城まり子、山口淑子、山田宏一、横尾忠則といった人の寄稿も収録 →表紙を拡大


「70年代アメリカン・シネマ103―もっともエキサイティングだった13年」

著者:  筈見有弘
出版社:  フィルムアート社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1997年12刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

1967年からの13年間、70年代ニューシネマ・ムーヴメントにおける作品群について、ストーリーの紹介、写真などで解説する →表紙を拡大


「アートアニメーションの素晴らしき世界」

著者:  
出版社:  エスクアイア・マガジン・ジャパン
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年3刷
価格:  700円
状態・備考:  A

人形、粘土など三次元の事物を使用したものや、その他の特異な方法で製作されたアートアニメーションの歩みや代表的な製作者の紹介、活躍中の現役アーティストたちなどへのインタビューを収録。「インタヴュー(浅野忠信、佐伯日菜子、しまおまほ、塚本晋也、市川実和子‥‥など)」「アンケート(優香、やまだないと)」「活躍中の現役アーティストたち(川本喜八郎、峰岸裕和、野村辰寿‥‥など)」「川本喜八郎が語る『不射之射』の撮影秘話」「アート・アニメーションの歩み」「アレクサンドル・アレクセーエフ」「ラウル・セルヴェ」「ユーリー・ノルシュテイン」「中国人形アニメーションの歴史」「痛烈な風刺と深い感情、キャラクターとストーリーの絶妙な混淆」「―イタリア・アニメーションの代表格ブルーノ・ボゼットと私 和田収」「民営化以後の新作が待たれるチェコ・アニメ界の異端児」「日用品を使った奇想天外なアイディア群」「現代英国を代表する、クレイ・アニメの多彩な才能と作品の宝庫」「チェコアニメの新しい波 小宮義宏」「ヤン・シュヴァンクマイエルとの対話」「ブラザーズ・クエイとの対話」「ルネ・ラルーとの対話」「となりのハヤオ ルネ・ラルー」‥‥など →表紙を拡大


「チェコアニメ新世代」

著者:  遠山純生
出版社:  エスクアイアマガジンジャパン
サイズ:  20×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「現在活躍中のチェコ若手アニメーション作家11人の作品を選りすぐって紹介。個性豊かなアーティストたちの素顔と創作術、作品の魅力が活き活きと伝わってくる一冊」(紹介文より)
【目次より】
「チェコアニメ新世代 創作の秘密 解説:山村浩二」「鼎談:チェコアニメーション今昔、そして… 伊藤有壱&保田克史&山村浩二」「ブジェチスラフ・ポヤル インタヴュー」「学校・人物・スタジオ相関図」「チェコアニメの教育現場 小宮義宏」「チェコアニメーションをより深く理解するための10章」「作家&作品紹介 くまがいマキ」「ヤン・ブベニーチェク インタヴュー」「ノロ・ドゥルジアク インタヴュー」「アウレル・クリムト インタヴュー」「ミハル・ジャプカ インタヴュー」「ヤン・バレイ インタヴュー」‥‥など →表紙を拡大


「吉祥寺バウスシアター映画から船出した映画館」

著者:  ラスト・バウス実行委員会
出版社:  boid
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2014年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

バウスシアター開館にあわせて発行されたミニコミ誌から上映年表と爆音上映年表、スタッフたちの証言、思い出の写真、貴重なチラシなど、1984年に開館し2014年に閉館したバウスシアター30年の歴史が詰め込まれた本 →表紙を拡大


「ティム・バートンの世界 展覧会カタログ THE WORLD OF TIM BURTON」

著者:  
出版社:  フジテレビジョン
サイズ:  21×24cm(ソフトカバー)
発行年:  2014年
価格:  1500円
状態・備考:  A

2014年11月〜2015年1月にかけて東京・六本木で開催された「ティム・バートンの世界」展の図録。「シザーハンズ」「ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「チャーリーとチョコレート工場」など独特の世界観で世界的な人気を誇るティム・バートンによるスケッチやデッサン、写真作品、オブジェ、手紙といった資料から、10代の頃に撮影した未公開映像作品が展示されていました。 →表紙を拡大


「タイクーングラフィックスの仕事と周辺」

著者:  宮師雄一、鈴木直之
出版社:  六耀社
サイズ:  25×18cm(ソフトカバー)
発行年:  1999年
価格:  1200円
状態・備考:  B

テイ・トウワ、エレファントカシマシ、CHARA、SPEED、安室奈美恵‥‥などのミュージシャンのCDジャケットをはじめ、エディトリアルデザイン、ポスター、ロゴタイプ、映像デザインなど作品やインタビューなどを収録。 →表紙を拡大


「亀渕昭信のロックンロール伝〜ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした」

著者:  亀渕昭信
出版社:  ヤマハミュージックメディア
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  1500円
状態・備考:  A

ラジオ番組「オールナイトニッポン」の人気DJにしてニッポン放送元代表取締役社長が、自伝風に洋楽ポップス史、50〜60年代カルチャーについてつづった本 →表紙を拡大


「ビートルズ&アップルマテリアル With ブリティッシュビート二クス」

著者:  和久井光司
出版社:  音楽出版社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  1400円
状態・備考:  A

バットフィンガーから、モンティ・パイソンまで、ビートルズを中心とする人脈を網羅した、ビートルズ&アップル・レーベルのカタログ →表紙を拡大


「MUSICAANOSSA 9×46 DISC GUIDE」

著者:  MUSICAANOSSA
出版社:  アスペクト
サイズ:  21×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

池田正典、伊藤陽一郎、黒田マナブ、小西康陽、小林径、松田岳二など、46人のDJ、ライター、アーティストが、ムジカノッサ(ポルトガル語で“僕達の音楽”)をキーワードに、自分の大好きなマイブーム盤を紹介。 →表紙を拡大


「モッズ・ビート・ディスク・ガイド」

著者:  
出版社:  シンコーミュージック
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2000年
価格:  1000円
状態・備考:  A

60年代のソウル、ビートバンド、ジャズから、レアグルーブ、ネオモッズ、90年代のアシッドジャズまでモッズが愛した曲をコンセプトしたディスクガイド →表紙を拡大


「ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム 写真集+映画ブックレット」

著者:  
出版社:  アルタミラミュージック
サイズ:  29×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年
価格:  1200円
状態・備考:  A

映画「ザ・ゴールデン・カップスワンモアタイム」の写真集・映画ブックレット。フォトグラフ集、ヒストリー&ディスコグラフィ、コラム、メンバーによる座談会等を収録。 →表紙を拡大


「ノスタルジックTVグラフ―愛と青春の60&70年代キャラクター・ブック」

著者:  
出版社:  メディアファクトリー
サイズ:  24×18cm(ソフトカバー)
発行年:  1992年3刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

悪魔くんや怪獣ブースカ、仮面の忍者赤影、藤枝梅安、探偵物語といった日本の作品から、ナポレオンソロ、バットマン、超人ハルクなど外国作品まで、1960年代から1970年代にかけて流行ったテレビ番組などのキャラクターを紹介 →表紙を拡大


「フィルム・ノワールの光と影」

著者:  遠山純生編
出版社:  エスクァイアマガジンジャパン
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1999年初版
価格:  1500円
状態・備考:  A

「ゴダール、トリュフォーがあこがれ、スコセッシ、ヴェンダース、さらにはタランティーノ、コーエン兄弟にまで影響を及ぼした「フィルム・ノワール」とは何なのか?“闇の映画”「フィルム・ノワール」の秘密を解き明かす。」(紹介文より)
【目次より】
「フィルム・ノワール注解」「どのような過去から逃れて?―B級フィルム・ノワール注解」「フィルム・ノワールのいくつかの視覚的主題」「フィルム・ノワール・ポスター集」「フィルム・ノワールの俳優たち」「論考 60年代以後のフィルム・ノワール」「フィルム・ノワール代表作品解説」‥‥など →表紙を拡大


「地獄の映画館」

著者:  小林信彦
出版社:  集英社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1982年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「幅広いジャンルのエッセイやコラムを手がけ、小説家としても著名な小林信彦のエッセイ集。『地獄の読書録』、『地獄の観光船』に続く三部作の映画編。人気連載『はみ出し映画天国』、『上段から〈絶望ギャグ〉まで』、『恋愛映画への正体』等を収録」(紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「小林信彦」の本があるか調べてみる


「話は映画で始まった part2 女編」

著者:  高平哲郎
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1984年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「仕事、友情、恋、夢、子育て―― さまざまな分野で活躍する12人の女たちが、ほんのり酔いながら語る、とっておきの話! 倍賞美津子、竹下景子、矢野顕子、木の実ナナ、桃井かおりなど、やさしく、激しく、楽しく、いまを生きる女たちの魅力を満載。」(紹介文より) →表紙を拡大


「GOOD TIME MUSIC」

著者:  鈴木カツ
出版社:  VIVID BOOKS
サイズ:  17×11cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  2000円
状態・備考:  B/背ヤケ

「グッドタイムな名盤を405枚紹介。ソフトロック、AOR、宅録、ボサノヴァ、ハワイアン、アメリカンノスタルジア、カントリーフォークスウィング、ネオジャイブ&ジャンプ、USA、アコースティック、グッドタイム、ドリームタイム、沖縄音楽などを、ジャケット写真付きで徹底紹介」(紹介文より) →表紙を拡大


「BACK TO BASICS 70年代ソウル」

著者:  ソウルロマンチカ
出版社:  学陽書房
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年3刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

「70年代のソウルを「現在のポップ・ミュージックの基本」という側面から考え、その期間に活躍したアーティストやアルバムを紹介。ジャズ・ファンクやブルー・アイド・ソウルも入ったソウル・ガイド」(紹介文より)
【目次より】
「FUNK」「MOTOWN(Invictus・Hot Wax)」「CHICAGO」「PHILADELPHIA」「VOCAL GROUPS」「SOLO SINGERS」「SOUTHERN DEEP SOUL」「JAZZ,BLUES’N SOUL」「BLUE‐EYED SOUL」「ライヴ・アルバム12選」‥‥など →表紙を拡大


「ネクスト・ジェネレーション―ロック&ポップ・ディスクガイド1980‐1998」

著者:  伊藤英嗣
出版社:  ブルースインターアクションズ
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「1980年から1998年前半にかけてファースト・アルバムを発表した外国人アーティストの作品を紹介。コーネリアスの小山田圭吾や少年ナイフの山野直子らのインタビューも収録」(紹介文より) →表紙を拡大


「PoP 90’s(3)レゲエ・ディスクガイド」

著者:  石井“EC”志津男
出版社:  音楽之友社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「ライターやDJらレゲエ愛好者達35人による紹介をもとにした、思い込みの603アルバムのガイド。レゲエ誕生から現在までの名盤を、アーティストのアルファベット順に紹介」(紹介文より)
【目次より】
「ジャマイカン・ミュージックの変遷」「ディスク・ガイド」「レゲエ人名辞典」「35人の筆者による個人別セレクション」‥‥など →表紙を拡大