レシピ(全般) (全129件)

「暮しの手帖版 おそうざい十二カ月」

著者:  暮しの手帖編集部
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1989年24刷
価格:  1200円 [Sold Out]
状態・備考:  B/シミあり

雑誌「暮しの手帖」に昭和30〜40年代にかけて掲載されたメニューのうち好評だった毎日のおかず201を季節ごとに紹介。
【目次より】
「とうふのオイル焼き」「ひき肉のあられだんご」「わかめの茶碗蒸し」「白身の魚のちり酢あえ」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「暮しの手帖版 おそうざいふう外国料理」

著者:  暮しの手帖編集部
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1972年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/函に汚れあり

フランス料理、イギリス料理、スペイン料理、中国料理など外国料理のなかから、簡単にそして日本人に合うようなもののレシピを165種紹介
【目次より】
「ひらめのボンファム」「味月ハンバーグ」「ストロガノフ」「いかのカツレツ」「クリームたまご」「ジャワふうカレーごはん」「すぶた」「なすのむしもの」「中国ふうたのしみそば」「花しゅうまい」「とうふの変り汁」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「家庭料理全書 中国料理」

著者:  辻勲
出版社:  婦人画報社
サイズ:  27×19cm(ハードカバー)
発行年:  1966年34版
価格:  1200円
状態・備考:  B/少しイタミあり

日本割烹学校の在学生、新入生のための「基礎となる中国料理」をまとめたもので、むずかしいものはさけ、毎日、毎日、家庭で食べる伝統的な家庭料理に必要なものを中心にしている。 →表紙を拡大

 →このほかに「辻勲」の本があるか調べてみる


「Sun day and Brunch―つぎの日曜日のおひるごはん」

著者:  堀井和子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  18×16cm(ハードカバー)
発行年:  1995年1刷
価格:  700円
状態・備考:  B

自家製マヨネーズ、冷たいグリーンピースのスープ、ネギそば、羊飼いのパイなど、週末につくるわくわくブランチメニュー53。パスタ、サラダ、デザートなど、ゆったりとした気分でおいしく食べたい料理。オリーブの「Eating」コーナーで連載されていたものをまとめた本 →表紙を拡大

 →このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「ケンタロウんちの食卓」

著者:  ケンタロウ
出版社:  講談社
サイズ:  21×20cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年3刷
価格:  500円
状態・備考:  A

著者が小さい頃からずっと食べている、メインディッシュから丼物、おやつ、お惣菜‥‥など、小林家の定番メニューを50紹介。ほかにエッセイやプライベート写真も掲載。
【目次より】
「ちびっこの頃、スペシャルだったメニュー」「ずっと大好きな超定番」「誕生日、母の味、父の味‥‥特別なひと皿」「のんびり休日お昼ごはん」「姉とぼくのおやつ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「ケンタロウ」の本があるか調べてみる


「伝言レシピ」

著者:  高橋みどり
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年3刷
価格:  800円
状態・備考:  A

著者が友人や知人から口伝えに教わった、材料も分量も作り方もいっぺんに覚えられる簡単レシピを紹介。雑誌「クウネル」での連載をまとめたもの →表紙を拡大

 →このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「雑穀美食」

著者:  植木もも子
出版社:  講談社
サイズ:  20×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「雑穀のおいしさとパワーをいただきましょう。雑穀は効く!デトックス、美容、メタボ予防、ストレス対策‥‥etc.が期待できる栄養素がいっぱいです。目からウロコの全72レシピ」(帯より) →表紙を拡大


「長尾智子の料理1,2,3」

著者:  長尾智子
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2012年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「料理にまつわる工夫とアイデア、素材を生かしたレシピ、そして自分らしく料理することを教えてくれる、実用料理エッセイ集」(紹介文より)
【目次より】
「鍋に贅沢する」「お酒の不思議」「野菜の行水」「基本食の時代」「料理を始めたばかりの君へ」「困った時の卵頼み」「小一時間のこと」「私の料理はぜんぶ酸っぱい」「ああおもしろい薄焼きパン」「私のお菓子はぜんぶ茶色い」「食卓にオリーブ油」「妄想の小部屋」「いつも塩頼み」「素晴らしき味噌の世界」「びんに詰めるもの」「切るたたき炙るたたき」「夏休みのサンドイッチ」「白に民藝を少し」「お土産は爆弾」「暖かくてちょっと野暮ったい」「スイートシスターズ」「にんにくの仕事 しょうがの仕事」「見知らぬ国の味わい」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「デイリーフード」

著者:  長尾智子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「野菜のつぶし方や火の通し方など料理のツボを切り口に、毎日のおかず〜デザートの長尾流裏技を紹介。ほんの小さなヒントが料理上手の近道。しっかり作って、一日の最後においしい一口を。」(紹介文より)
【目次より】
「ミジョテ 弱火で煮込む」「野菜のつぶし方」「酸っぱいはおいしい」「火の通し方あれこれ」「チリとマスタードの効用」「ときどきロースト、ときどきグリル」「クミンとエルブ・ド・プロヴァンス」「デザート」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「ニュースタンダードディッシュ」

著者:  長尾智子
出版社:  柴田書店
サイズ:  20×20cm(ソフトカバー)
発行年:  1997年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

著者独自のセンスで、いろんな国のおいしいエッセンスをさり気なく取り入れて、ハーブとスパイスを上手にきかせ、食材の組み合わせたシンプルな料理80品を紹介。
【目次より】
「ご飯を炊いてテーブルにつこう」「とにかく野菜が食べたい…というときに」「どんなわがまま気分にもこたえてくれるメインディッシュ」「つかれたらまいったらほっとひと息入れましょう」「食べたいときは・・・・食べる」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「うちの週末ごはん―気分で決める、休みの日のメニュー91」

著者:  根本きこ
出版社:  小学館
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

子どもの頃親しんだ味から大人になってから好きになった味まで、休みの日にゆっくりと味わうにもってこいのメニューを91収録
【目次より】
」「野菜をたっぷりとりたい」「おなかいっぱい食べたい」「ピリリとスパイシーに」「あっさり、さっぱりと」「なんだかカレー気分」「ぬくぬく気分」「チャチャッと麺」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「わたしの作りおきおかず」

著者:  瀬戸口しおり
出版社:  アスペクト
サイズ:  25×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  700円 [Sold Out]
状態・備考:  A

野菜がたっぷりとれるヘルシーなおかず、一品でメインになれるボリュームたっぷりな肉&魚おかず、あると助かる乾物を使ったおかずなど、忙しいときにもナチュラルでおいしいものが食べられる便利な作りおきレシピ集。おかずのもとになる作りおきおかず42レシピとアレンジ110レシピに加え、ひとさじ加えるだけで毎日新鮮においしく食べられる韓国たれ、ベトナムたれなどのたれレシピ12種類を紹介 →表紙を拡大

→このほかに「瀬戸口しおり」の本があるか調べてみる


「今日も食べたいごはん」

著者:  飯島奈美
出版社:  ぴあ
サイズ:  24×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2016年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

食材も工程もシンプルを基本とし、毎日の食事がちょっと楽しく、おいしくなるレシピ集。
【目次より】
「冬においしい大根 丸ごと使い切り」「みんながあつまるときの料理」「定番料理を和風にアレンジする」「昔懐かしい喫茶店メニュー」「春を味わう」「お祝いの料理」「野菜がたくさん食べられるレシピ」「お弁当のおかず」「お父さんが活躍する料理」「ほっとする京風おばんざいを味わう」「デザート」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「LIFE あつまる。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2014年初版
価格:  800円 [Sold Out]
状態・備考:  A

「あつまる」をテーマに、みんなであつまって、みんなでつくって、みんなで食べる。そんなシチュエーションでのレシピを掲載。大皿を使わず、でもかっこよくテーブルをかこむ「フライパン3つの食卓。」や、パンやお肉も登場する「いろんな手巻きずし。」、男性ばかりでおいしい肴をつくる「男のつまみ。」などのシチュエーションや食材をテーマにしたレシピを90以上収録。 →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「ごはんにしよう。―映画「南極料理人」のレシピ」

著者:  飯島奈美、榑谷孝子
出版社:  文化出版局
サイズ:  15×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

映画「かもめ食堂」や「東京タワー」、「めがね」、「のんちゃんのり弁」、「トイレット」、テレビドラマ「深夜食堂」シリーズなどのフードスタイリングを手がけている著者が、伊勢えびフライ、おにぎり&豚汁、すずきのソテー、手作りラーメンなど「南極料理人」に登場した料理の数々のレシピ50品を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「子どもには野菜!はスープがいちばん」

著者:  田辺由布子
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm
発行年:  2007年2刷
価格:  600円
状態・備考:  B/カバー少しイタミあり

スープにすれは、子どもに嫌われがちな野菜も無理なくおいしく、たくさん食べられる。離乳食にもいいポタージュスープから、具だくさんのおかずスープ、、残ったスープで作るアイディアメニューなどのレシピを紹介。「きれいな色のなめらかスープ(にんじんのスープ、ほうれん草のスープ、かぶのスープ、セロリのスープ‥‥など)」「具だくさんのおかずスープ(コーンクリームのさっぱりスープ、ブロッコリーとしめじのスープ、トマトと卵のスープ、オニオングラタンスープ‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大


「わたしの献立日記」

著者:  沢村貞子
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1994年23刷
価格:  600円
状態・備考:  B

日々の食卓が同じにならないようにとつけ始め、22年間で30冊になった献立日記から1冊目と30冊目を収録。忙しくても、ひと手間かけるコツや工夫やすぐに役立ち、読んでも楽しい台所仕事の“虎の巻”を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「沢村貞子」の本があるか調べてみる


「野菜だより」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  25×20cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年6刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

野菜をさわって表情を見る。匂いを嗅いで、生でかじってみる。18種類の野菜をメインに、葉っぱからしっぽまでを上手に使った簡単だけどおいしい、素朴だけど力強い79のレシピ集 →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「晩ごはん、これ作ろう ケンタロウ100レシピ」

著者:  ケンタロウ
出版社:  集英社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

雑誌「LEE」での連載と、そのときどきの特集ページで披露した料理を中心に、100のメニューを厳選し紹介する。誰もが手にできる材料で、簡単でおいしく、しかも気のきいたメニューを提案 →表紙を拡大

 →このほかに「ケンタロウ」の本があるか調べてみる


「ごはん屋さんの野菜いっぱい和みレシピ」

著者:  米原陽子
出版社:  コモンズ
サイズ:  21×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

品川区大井町のごはん屋「木もれび」の店長が、野菜を中心にかんたんに作れて、かつおいしくボリュームもあるレシピを紹介。カロリー表示や食を考えるコラムも掲載されています →表紙を拡大