レシピ(全般) (全140件)

「仕込みもの」

著者:  辰巳芳子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  2014年2刷
価格:  1700円
状態・備考:  A

梅仕事からはじまり、漬ける、干す、煮る、しめる、発酵させるなどの保存食の作り方から、容器や保存法を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「あなたのために―いのちを支えるスープ」

著者:  辰巳芳子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  2005年23刷
価格:  1500円
状態・備考:  A

おつゆもの、スープの作り方を個々別々レシピとしてではなく、法則的解説で調理ができるよう、自身の介護体験と和洋の料理研究の果てに築き上げたスープ、汁物のすべてを、懇切丁寧に解説する。「煎汁」「すまし汁」「みそ風味の汁」「ポタージュ・クレール」「ポタージュ・リエ」「玉ねぎ、日本ねぎのスープ」「ポトフ」「刻み野菜のスープ」「魚介のスープ」「豆のスープ」「冷たいスープ」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる[レシピ版]」

著者:  石井好子
出版社:  扶桑社
サイズ:  20×21cm
発行年:  2004年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

1963年に暮しの手帖社から出版された随筆「パリの空の下オムレツのにおいは流れる」に出てくる料理のレシピを紹介。留学時の写真やこぼれ話なども掲載。「フランス風オムレツ」「スタッフ・ド・トマト」「タラトォイユ」「ドイツ風ポタージュ」「ポトフ」「クロックムッシュ」「洋風炊き込みご飯」「ブイヤベース」など →表紙を拡大

 →このほかに「石井好子」の本があるか調べてみる


「GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ」

著者:  グランド ハイアット 東京、ダヴィッド・ブラン
出版社:  パルコ
サイズ:  25×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

グランド ハイアット 東京で提供されているパン、卵料理、サイドディッシュサラダ、スープ、デザート、ドリンクから人気メニューを60種セレクトし、そのレシピを紹介する。 →表紙を拡大


「別冊Arne 家で食べるごはんが一番 アルネのかんたん料理」

著者:  大橋歩
出版社:  イオグラフィック
サイズ:  26×19cm
発行年:  2007年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

Arneに掲載されたレシピをはじめ、その応用料理や、新しいのも加えたもの。「塩にぎりは小さめがおいしい」「それぞれの鍋でそれぞれの炊き方でたいてみました」「春なのであさりごはん」「冬にはかきごはん」「ちくぜん煮さえあれば」「南蛮漬けたれでむしなすをあえる」「卵二個だけの茶わん蒸しです」「バナナクリーム入りクレープ」「あんこ味のいちごアイスクリーム」「りんごジャム」「調味料はこんなの使っている」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「大橋歩」の本があるか調べてみる


「記憶のスパイス」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

写真:齋藤圭吾「ある晴れた日、洗濯物を干しながら私はまた旅に出た。からだの底に沈んだ記憶がひと粒のかくし味。全日空機内誌「翼の王国」に連載されたエッセイ「記憶のスパイス」が書き下ろしを加え一冊になりました。」(帯より)
【目次より】
「蜂蜜の泡」「クスコの赤いスープ―ペルー」「スコールとするめ―ベトナム」「長屋のお弁当―インドネシア・ロンボク島」「フーゴ―ペルー」「おじいと黒砂糖―沖縄」「おやじさんのお粥―フィリピン」「列車の指定席―韓国」「卵サンドと夕陽―インド」「風邪っぴきのラーメン―ネパール」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「ヨーガンレールの社員食堂 野菜でつくる一皿料理」

著者:  佐藤雅子、高橋みどり
出版社:  PHP研究所
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

体によいものを、おいしく食べたいというヨーガン・レールのわがままから生まれた社員食堂のオーガニックの野菜を中心にしたメニューを紹介
【目次より】
「オーブンで焼く料理の入った一皿」「蒸す料理の入った一皿」「煮る料理の入った一皿」「沖縄食材の入った一皿」「乾物の入った一皿」「ごはん」「和える料理の入った一皿」「炒める料理の入った一皿」「カレーの入った一皿」「展示会の大皿料理」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「スープブック―もっとスープがおいしくなる献立付き」

著者:  長尾智子
出版社:  Gakken
サイズ:  26×20cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

素材そのものがだしになるように工夫をすれば、スープストックの力を借りなくても、十分においしいスープができる。トマトスープ、牡蠣のチャウダー、ポトフなど、体に優しく、ほっと気持ちをなごませるスープを主役に、スープをよりおいしく食べるためのメインディッシュとなるスープを25紹介する。
【目次より】
「トマトスープ」「牡蛎のチャウダー」「ポトフ」「にんじんのポタージュ」「セリとレバーのチキンスープ」「ローズマリー風味のコーンスープ」「レンズ豆のカレースープ」「紫玉ねぎとベーコンのスープ」「トムヤンあさりスープ」「苦瓜のジュレ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「BROWN RICE CAFEの玄米・大豆・野菜のレシピ」

著者:  ブラウンライス・カフェ
出版社:  インフォレスト
サイズ:  23×16cm
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

玄米の炊き方から野菜をふんだんに使ったメニュー、スイーツまで表参道にある自然食カフェ「BROWN RICE CAFE」のオリジナルメニューを紹介。
【目次より】
「玄米と小豆玄米」「厚揚げサラダ」「レンズ豆と押麦のクスクスサラダ」「冬瓜のトマトあんかけ」「よもぎ玄米粥セット」「野菜のせいろ蒸しセット」「ポレンタのフルーツタルト」「玄米甘酒タルト」「ベジジュース」‥‥など →表紙を拡大


「白洲次郎・正子の食卓」

著者:  牧山桂子
出版社:  新潮社
サイズ:  21×18cm(ハードカバー)
発行年:  2008年3刷
価格:  1500円 [Sold Out]
状態・備考:  A

春は焼き筍、山椒鍋。夏の朝は軽井沢産の野菜サラダ。秋は松茸の蒸し焼き、鍋、炊き込みごはん。冬の夜にはサムゲタン‥‥など。白州夫妻を満足させた愛娘の手料理100品のレシピを、白州家の食卓でのエピソードとともに紹介 →表紙を拡大


「LIFE2―なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美がおくるレシピの第二弾。アンケートをもとに「ほんとうにみんなが食べたいもの」を選んで収録したほか、巻頭に、「必要な調味料」とならび「必要な道具」をまとめるなど、第1巻をさらにパワーアップ。映画監督の西川美和、小説家の村松友視、写真家の石川直樹、タレントの清水ミチコによる「食」のエッセイのエッセイも収録しています→表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「LIFE3―なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー上部イタミあり

インターネットサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」連載のレシピをまとめたシリーズの第三弾。「いっしょに食べる場にいて、しあわせ」と思えるレシピを紹介。高野文子によるイラストエッセイや立川志の輔や劇団ひとり、恩田陸のエッセイも収録。 →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「おうちでつくる幸せスープ2―スープ専門店ディア.スープのホームレシピ」

著者:  東条真千子
出版社:  インフォレスト
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  750円
状態・備考:  A

スープ専門店ディア・スープによるスープレシピをまとめた本の第2弾。
【目次より】
「トマトと蛤のイタリアンスープ」「赤ピーマンとマッシュポテトのスープ」「にんじんのバゲットグラタンスープ.」「春菊とベーコンの煮びたしスープ」「きぬさやとタコのピリ辛スープ」「ガンボスープ」「白い野菜のヴィシソワーズ」「白菜とマッシュルームのとろとろスープ」「れんこんと松の実のポタージュ」「長いもとカニの根菜スープ」→表紙を拡大


「おかずとご飯の本」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年2刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

著者の家でよく作るものから、「Kuu Kuu」の定番メニューなどご飯がすすむレシピを集めた本
【目次より】
「ご飯がすすむおかずいろいろ(豚肉とピーマンの黒ごまみそ炒め/ラムと野菜のジンギスカン風炒め/スペアリブのフライパンあぶり焼き/ごぼうたっぷりピリ辛照焼きつくね/あんかけロールキャベツ/ひき肉とマッシュポテトのグラタン/豚肉と大豆の田舎風煮込み/塩豚と野菜の白いスープ‥‥など)」「豚かたまり肉で(焼き豚と煮卵の作り方/焼き豚と煮卵の盛り合わせ/ゆで塩豚と香味野菜の盛り合わせ/豚茶漬け/あっさりラーメン/ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)/鍋焼きローストポーク赤ワインソース‥‥など)」「冬は鍋もの(豚バラもやし鍋/鶏団子鍋/湯豆腐/チゲ鍋/おでん‥‥など)」「カレーライスいろいろ(いつものカレー/夏野菜ごろごろカレー/チキンカレー+黄色いご飯/野菜たっぷりタイカレー‥‥など)」「ご飯もの(ひじき煮入り混ぜご飯/豚肉のしぐれ煮ご飯/梅じゃこご飯/塩鮭ご飯/帆立と枝豆ご飯/あさりのフライパンパエリア/‥‥など)」「カンタン麺ものとスナック(かしわ南蛮うどん/韓国風ぶっかけそうめん/ベトナム風ナポリタン/タイ風汁なしラーメン/冷やし中華‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「おいしいつくりおき―つくりおきレシピ34、それを使った料理32」

著者:  渡辺有子
出版社:  東京地図出版
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「時間短縮ではなく、時間の余裕を楽しむのが、つくりおきのよさ。漬け込む、煮込む、焼く、干すなどの下ごしらえで素材をおいしく閉じ込めて、時間のつくったおいしさを味わう「つくりおきレシピ」と、それを使った料理を紹介」(紹介文より)
【目次より】
「焼き野菜のオイル漬け」「キャベツの塩漬け」「キャベツの酢漬け」「焼きトマトソース」「にんじんと大根ときゅうりのなます」「焼きなすのペースト」「みょうがの酢漬け」「新しょうがの酢漬け」「セミドライトマト」「豆のペースト」‥‥など →表紙を拡大


「セカイのきんぴら」

著者:  飯島奈美
出版社:  朝日新聞出版
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  700円 [Sold Out]
状態・備考:  A

お酒も飲めるしごはんもすすみメインのおかずをひきたてる「きんぴら」の本。アジア・アフリカからヨーロッパ・アメリカ、そしてちろん日本と、世界中のさまざまな家庭で受け継がれたレシピを各国のひとに教わり紹介するきんぴらをさがす旅のエッセイ →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「白洲次郎・正子の食卓」

著者:  牧山桂子
出版社:  新潮社
サイズ:  21×18cm(ハードカバー)
発行年:  2008年3刷
価格:  1500円 [Sold Out]
状態・備考:  A

春は焼き筍、山椒鍋。夏の朝は軽井沢産の野菜サラダ。秋は松茸の蒸し焼き、鍋、炊き込みごはん。冬の夜にはサムゲタン‥‥など。白州夫妻を満足させた愛娘の手料理100品のレシピを、白州家の食卓でのエピソードとともに紹介 →表紙を拡大


「暮しの手帖版 おそうざい十二カ月」

著者:  暮しの手帖編集部
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1989年24刷
価格:  1200円 [Sold Out]
状態・備考:  B/シミあり

雑誌「暮しの手帖」に昭和30〜40年代にかけて掲載されたメニューのうち好評だった毎日のおかず201を季節ごとに紹介。
【目次より】
「とうふのオイル焼き」「ひき肉のあられだんご」「わかめの茶碗蒸し」「白身の魚のちり酢あえ」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「暮しの手帖版 おそうざいふう外国料理」

著者:  暮しの手帖編集部
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1972年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/函に汚れあり

フランス料理、イギリス料理、スペイン料理、中国料理など外国料理のなかから、簡単にそして日本人に合うようなもののレシピを165種紹介
【目次より】
「ひらめのボンファム」「味月ハンバーグ」「ストロガノフ」「いかのカツレツ」「クリームたまご」「ジャワふうカレーごはん」「すぶた」「なすのむしもの」「中国ふうたのしみそば」「花しゅうまい」「とうふの変り汁」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「家庭料理全書 中国料理」

著者:  辻勲
出版社:  婦人画報社
サイズ:  27×19cm(ハードカバー)
発行年:  1966年34版
価格:  1200円
状態・備考:  B/少しイタミあり

日本割烹学校の在学生、新入生のための「基礎となる中国料理」をまとめたもので、むずかしいものはさけ、毎日、毎日、家庭で食べる伝統的な家庭料理に必要なものを中心にしている。 →表紙を拡大

 →このほかに「辻勲」の本があるか調べてみる