レシピ(全般) (全124件)

「ロイヤルホテルの家庭料理」

著者:  暮しの手帖社版
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  26×19cm
発行年:  1986年3刷
価格:  1700円
状態・備考:  A

ロイヤルホテルの料理長が季節、費用のことなどを考えながら、家庭でもできる本格的なホテルの料理をプロセスの写真も添えつつ、作り方を丁寧に解説する。「暮らしの手帖」3世紀2号から37号までに掲載されたものをまとめた本。「アスパラガスのクリームソース」「ロールキャベツ」「ポークソテー」「チキンライス」「イタリアンサラダ」「ひらめのオリーブ焼き」「いちごのムース」「カスタードプディング」「フルーツスープ」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「のんびり作るおいしい料理」

著者:  高山なおみ
出版社:  レタスブック
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年8刷
価格:  800円
状態・備考:  A

エスニックと和食のレシピ。「春野菜と豆の蒸し煮」「春キャベツのおひたし」「そら豆の春巻き」「プラムソーダ」「ゴーヤのオムレツ」「食欲みその卵のっけご飯」「みょうがのおむすび」「れんこんとえびのゆで餃子」「洋風おでん」「半熟煮卵」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「ラブおばさんの子供料理教室」

著者:  城戸崎愛
出版社:  鎌倉書房
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1988年4刷
価格:  800円
状態・備考:  B

東京會舘・パリコルドンブルーで料理を学び、NHK「きょうの料理」や料理本を出版している著者が、材料、準備、手順が写真で見やすく、わかりやすく解説した子供のためのレシピ集。
【目次より】
「みんながすきなごちそう(ベーコンエッグ/フルーツサラダ/ハンバーガー/はるまき‥‥など)」「春におすすめのごちそう(ちらしずし/さくらんぼのボンボン/サンドウィッチ‥‥など)」「夏におすすめのごちそう(ひやし中華/プディングプラムソースぞえ/アイスクリーム‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「城戸崎愛」の本があるか調べてみる


「セカイのきんぴら」

著者:  飯島奈美
出版社:  朝日新聞出版
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

お酒も飲めるしごはんもすすみメインのおかずをひきたてる「きんぴら」の本。アジア・アフリカからヨーロッパ・アメリカ、そしてちろん日本と、世界中のさまざまな家庭で受け継がれたレシピを各国のひとに教わり紹介するきんぴらをさがす旅のエッセイ→表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「厳選。だし、調味料を究める。」

著者:  文化出版局編
出版社:  文化出版局
サイズ:  25×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

辰巳芳子、ホルトハウス房子、野崎洋光‥‥など、味に厳しい料理人たちがすすめる、だし素材、そして塩、醤油、みそ、みりん、酢などの調味料、油の厳選品とそれらが最大限生きる料理のレシピを紹介する。 →表紙を拡大


「彼女のこんだて帖」

著者:  角田光代
出版社:  ベターホーム出版局
サイズ:  21×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

角田光代が小説中に描いた料理のレシピを再現して、小説と合わせて掲載した本。無骨な男が亡き妻を想いながら作る豚柳川、働きながらひとり子育てをした母が思わず涙したかぼちゃの宝蒸し、恋の痛手をなぐさめたラムのハーブ焼き‥‥など、短編15編を収録。表紙:魚喃キリコ →表紙を拡大

 →このほかに「角田光代」の本があるか調べてみる


「ミアズブレッドのサンドイッチのつくり方―あなたのサンドイッチが変わる58のヒント!」

著者:  森田三和
出版社:  マーブルトロン
サイズ:  19×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

奈良のパン屋「ミアズブレッド」で特に人気の野菜たっぷりのオリジナルサンドイッチを、日替わりの膨大なレシピから58レシピ紹介する。
【目次より】
「野菜いっぱいのベジタブルサンド」「お腹がすいたときのボリュームサンド」「手軽でおいしいシンプルサンド」「カラダにやさしいヘルシーサンド」「あつあつで食べたいホットサンド」「おやつにピッタリ!スイーツサンド」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「森田三和」の本があるか調べてみる


「野田琺瑯のレシピ 琺瑯容器+冷蔵庫で、無駄なく、手早く、おいしく。」

著者:  野田善子
出版社:  文藝春秋
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2015年4刷
価格:  800円
状態・備考:  A

創業80年の老舗琺瑯メーカー、野田琺瑯に嫁いで45年になる著者が、家業と家事・育児を両立する中で、自社製品を使って、琺瑯製品を効果的に用いて作ったというレシピと琺瑯容器利用術を紹介する。 →表紙を拡大


「野菜だより」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマ・スタジオ
サイズ:  25×20cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年6刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

野菜をさわって表情を見る。匂いを嗅いで、生でかじってみる。18種類の野菜をメインに、葉っぱからしっぽまでを上手に使った簡単だけどおいしい、素朴だけど力強い79のレシピ集 →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

「「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美がおくる、ほんとうにおいしい22のレシピ。エッセイ:重松清、谷川俊太郎、よしもとばなな、糸井重里」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「おうちのスープ―21人が自分のために作ったレシピ63」

著者:  
出版社:  アスコム
サイズ:  28×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年
価格:  500円
状態・備考:  A

レストランの味じゃなくて、おうちで作るあったかスープを、おいしい料理が大得意な21人が紹介。いがらしろみ、今田愛、ケンタロウ、こぐれひでこ、高山なおみ、根本きこ、パトリス・ジュリアン、ハギワラトシコ、平野由希子、福田里香・・・・ほか→表紙を拡大


「世界の鍋―いつもと違うごちそうレシピ厳選29」

著者:  服部直美
出版社:  情報センター出版局
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

旅好き、食べ好きが高じて世界の家庭料理研究をワイフワークとする著者が、日本ではあまり知られていない世界中の鍋料理を、その国ならではの食事情や文化とともに紹介。世界29エリアの鍋レシピ、迫力の鍋カタログ、鍋にまつわる旅日記など、世界の鍋にあらゆる角度から迫る。 →表紙を拡大


「穀物ごはん」

著者:  たなかれいこ
出版社:  雄鶏社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年2版
価格:  600円
状態・備考:  A

いまや立派な健康食品となった玄米をはじめ、比較的入手しやすいものを中心に、あわ、ひえなどの簡単で、おいしい食べ方を紹介。「玄米」「五分づき米」「赤米」「餅黍」「蕎麦」「量る」「洗う」「圧力鍋で炊く」「炊飯器で炊く」「混ぜごはん」「丼」「カレー」「穀物ごはんの一菜」‥‥など →表紙を拡大


「いのちをいつくしむ新家庭料理」

著者:  辰巳芳子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年2版
価格:  800円
状態・備考:  A

「昔ながらの家庭料理の知恵と無駄をはぶいた料理方法で、親しみやすく作りやすいレシピを紹介。スープから始まって、野菜、魚、肉と素材別に構成。『食の危機』を家庭料理から立て直す、辰巳料理のコツ集大成」(説明文より)「スープ―スープ日乗―生きてゆきやすい暮らしのために」「野菜―野菜を上手に扱えればすべての料理ができます」「魚―魚とのスローなつきあい方を自然が教えてくれました」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「あなたのために―いのちを支えるスープ」

著者:  辰巳芳子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  2005年23刷
価格:  1500円
状態・備考:  A

おつゆもの、スープの作り方を個々別々レシピとしてではなく、法則的解説で調理ができるよう、自身の介護体験と和洋の料理研究の果てに築き上げたスープ、汁物のすべてを、懇切丁寧に解説する。「煎汁」「すまし汁」「みそ風味の汁」「ポタージュ・クレール」「ポタージュ・リエ」「玉ねぎ、日本ねぎのスープ」「ポトフ」「刻み野菜のスープ」「魚介のスープ」「豆のスープ」「冷たいスープ」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ」

著者:  グランド ハイアット 東京、ダヴィッド・ブラン
出版社:  パルコ
サイズ:  25×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

グランド ハイアット 東京で提供されているパン、卵料理、サイドディッシュサラダ、スープ、デザート、ドリンクから人気メニューを60種セレクトし、そのレシピを紹介する。 →表紙を拡大


「記憶のスパイス」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

写真:齋藤圭吾「ある晴れた日、洗濯物を干しながら私はまた旅に出た。からだの底に沈んだ記憶がひと粒のかくし味。全日空機内誌「翼の王国」に連載されたエッセイ「記憶のスパイス」が書き下ろしを加え一冊になりました。」(帯より)
【目次より】
「蜂蜜の泡」「クスコの赤いスープ―ペルー」「スコールとするめ―ベトナム」「長屋のお弁当―インドネシア・ロンボク島」「フーゴ―ペルー」「おじいと黒砂糖―沖縄」「おやじさんのお粥―フィリピン」「列車の指定席―韓国」「卵サンドと夕陽―インド」「風邪っぴきのラーメン―ネパール」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「ヨーガンレールの社員食堂 野菜でつくる一皿料理」

著者:  佐藤雅子、高橋みどり
出版社:  PHP研究所
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

体によいものを、おいしく食べたいというヨーガン・レールのわがままから生まれた社員食堂のオーガニックの野菜を中心にしたメニューを紹介
【目次より】
「オーブンで焼く料理の入った一皿」「蒸す料理の入った一皿」「煮る料理の入った一皿」「沖縄食材の入った一皿」「乾物の入った一皿」「ごはん」「和える料理の入った一皿」「炒める料理の入った一皿」「カレーの入った一皿」「展示会の大皿料理」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「BROWN RICE CAFEの玄米・大豆・野菜のレシピ」

著者:  ブラウンライス・カフェ
出版社:  インフォレスト
サイズ:  23×16cm
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

玄米の炊き方から野菜をふんだんに使ったメニュー、スイーツまで表参道にある自然食カフェ「BROWN RICE CAFE」のオリジナルメニューを紹介。
【目次より】
「玄米と小豆玄米」「厚揚げサラダ」「レンズ豆と押麦のクスクスサラダ」「冬瓜のトマトあんかけ」「よもぎ玄米粥セット」「野菜のせいろ蒸しセット」「ポレンタのフルーツタルト」「玄米甘酒タルト」「ベジジュース」‥‥など →表紙を拡大


「LIFE2―なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美がおくるレシピの第二弾。アンケートをもとに「ほんとうにみんなが食べたいもの」を選んで収録したほか、巻頭に、「必要な調味料」とならび「必要な道具」をまとめるなど、第1巻をさらにパワーアップ。映画監督の西川美和、小説家の村松友視、写真家の石川直樹、タレントの清水ミチコによる「食」のエッセイのエッセイも収録しています→表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる