レシピ(全般) (全136件)

「可愛い女へ 料理の絵本」

著者:  入江麻木、城戸崎愛
出版社:  鎌倉書房
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  1983年初版
価格:  2500円
状態・備考:  B

小公女、ピノキオ、赤毛のアン、ガリバー旅行記、若草物語、家なき子、ラプンツェル、ドンキホーテ‥‥などの、物語に出てくる料理を、入江麻木、小川忠彦、城戸崎愛といった料理家が再現。物語と料理のエピソードも紹介されているのであわせて楽しめます →表紙を拡大

 →このほかに「城戸崎愛」の本があるか調べてみる


「ごはん屋さんの野菜いっぱい和みレシピ」

著者:  米原陽子
出版社:  コモンズ
サイズ:  21×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

品川区大井町のごはん屋「木もれび」の店長が、野菜を中心にかんたんに作れて、かつおいしくボリュームもあるレシピを紹介。カロリー表示や食を考えるコラムも掲載されています →表紙を拡大


「うちの冷蔵庫」

著者:  飛田和緒
出版社:  メディアファクトリー
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

保存食や作りおき、冷凍保存といったの話から、電気代や掃除の話まで冷蔵庫の中身からはじまる暮らしのエッセイ。雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載された内容に加え、エッセイに登場する季節の料理を写真とレシピで紹介、また書き下ろしエッセイ、季節のカレンダーを収録 →表紙を拡大

 →このほかに「飛田和緒」の本があるか調べてみる


「モモカフェレシピブック」

著者:  金子純子
出版社:  女子栄養大学出版部
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

おいしいものに囲まれた架空のカフェ、モモカフェの毎日を写真と文章でつづった本。スープやキッシュ、クッキーなど43のレシピのほかにエプロン、帽子、バッグの作り方なども収録→表紙を拡大

 →このほかに「金子純子」の本があるか調べてみる


「上野万梨子の1、2、3レシピ」

著者:  上野万梨子
出版社:  講談社
サイズ:  25×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

フレンチにと和の食材や調味料使用したり、あり合わせやデパチカなどの材料を使うなど、日本とフランスのいいところを料理でミックスしたレシピ集。えびのフリットしば漬けのせ、クルディテの赤みそディップ、チキンのスパイシーマリネ・ソテーそばサラダ添え、干物のアイヨリ、ルッコラの一口ご飯、ミモレットご飯、黒豆のティータイム、白あん&ブルーチーズのクレープ など →表紙を拡大

 →このほかに「上野万梨子」の本があるか調べてみる


「野菜料理の365日―しばにさんちの食卓」

著者:  宮本しばに
出版社:  旭屋出版
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2012年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

長野の山奥で暮らす著者が創り出したおいしい野菜料理のレシピ集。スープから始まり、麺料理、カレー、パスタ、鍋料理、中華料理‥‥など世界の料理を紹介 →表紙を拡大


「野菜のごちそうしばにさんちの食卓2」

著者:  宮本しばに
出版社:  旭屋出版
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「野菜料理の365日―しばにさんちの食卓」に続く野菜料理を紹介するレシピ集の第2弾。「味噌・醤油味」「スパイス・香辛料味」「塩分・オイル味」「チーズ・乳製品味」‥‥と、調味別に、野菜の存在を活かしたおいしい野菜料理を紹介。 →表紙を拡大


「セルフ・ヒーリング・クッキング」

著者:  天野朋子
出版社:  学陽書房
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

昔から日本人の暮らしを支えてきてくれた生命力ある穀物や野菜、豆、海草、また、味噌や醤油などの伝統調味料といった身近な食材を組み合わせて、それぞれの調理のコツやヒーリングのためのポイント、続けていくためのヒントや忙しい毎日に心強い使いまわし術と元気を引き出すおすすめのレシピを紹介する。 →表紙を拡大


「日々の食卓」

著者:  長尾智子
出版社:  Gakken
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

だしの代わりにもなる干ししいたけや桜えび、海の風味を加える海苔やひじき、頼りになる切り干し大根や豆類、穀類にいろんなものと相性のいい素直な野菜など、乾物、穀類、根菜、果菜を主役にした自然体の食卓レシピを紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「遅めの和ごはんと夜ふかしおやつ」

著者:  根本きこ
出版社:  アスコム
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

お酒と一緒におつまみが食べたい、ちょっと甘いものが欲しい‥‥など、夜中に小腹がすいた時にささっと作ることができる低カロリーで胃にやさしいもの、お酒にもごはんにも合うおかず、手早く作れる料理をレシピを77紹介。
【目次より】
「じゃこのだし巻き卵」「鯛のカルパッチョ温泉卵のせ」「ひじきのバルサミコ風味」「ゆかりごはん+しじみのみそ汁」「玄米ごはん(梅干し)+さつまいもとかぼちゃのみそ汁」「マグロの漬け」「かつおのたたき」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「記憶のスパイス」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

写真:齋藤圭吾「ある晴れた日、洗濯物を干しながら私はまた旅に出た。からだの底に沈んだ記憶がひと粒のかくし味。全日空機内誌「翼の王国」に連載されたエッセイ「記憶のスパイス」が書き下ろしを加え一冊になりました。」(帯より)
【目次より】
「蜂蜜の泡」「クスコの赤いスープ―ペルー」「スコールとするめ―ベトナム」「長屋のお弁当―インドネシア・ロンボク島」「フーゴ―ペルー」「おじいと黒砂糖―沖縄」「おやじさんのお粥―フィリピン」「列車の指定席―韓国」「卵サンドと夕陽―インド」「風邪っぴきのラーメン―ネパール」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「うちの玄米ごはん」

著者:  高山なおみ
出版社:  NHK出版
サイズ:  27.5×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

ご主人の生活習慣病がきっかけで、毎日食べるようになったという玄米。玄米ご飯+肉や魚のメインのおかず+野菜たっぷりサブおかずで構成された高山家のレシピを紹介。「玄米ご飯に合うメインのおかず」「野菜たっぷりのサブおかず」「常備菜とそのアレンジ」「炊き込みご飯」「白いご飯で作るレシピ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「VEGE BOOK Eat Your Vegetables!」

著者:  カフェエイト
出版社:  リトルモア
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「東京を代表するヴィーガン(純菜食主義)カフェ、カフェエイト初の本。ヴィーガンという考え方とライフスタイル、そして簡単でおいしいヴィーガンレシピが満載。これは、新しくポジティヴな暮らしのガイドブックです」(帯より)「ヴィーガンとは?」「ここがカフェエイトです」「ヴィーガンカフェストーリー」「ヴィーガンに関するいろいろなこと」「レシピ」「ちゃんと野菜を食べなさい!」‥‥など→表紙を拡大


「まいにち玄米ごはん」

著者:  前田さやか
出版社:  アスペクト
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

玄米の基本の炊き方から、季節に合わせたメニューや炊くのに失敗した時の復活レシピ、おもてなしにも使えるメニューまで、健康や美容面からも注目を集める、玄米生活が簡単にはじめられ、そして続けれる方法を紹介 →表紙を拡大


「Sun day and Brunch 日曜日のやさいレシピ」

著者:  堀井和子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  18×16cm
発行年:  1997年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

生き生きしている野菜や季節の果物を主役にして、楽しくおいしく食べるメニューブック。「オリーブ」に掲載されていたレシピをまとめたもの。「ラディッシュ&自家製バター」「生マッシュルームとパルメザンチーズのサラダ」「バジルと松の実ライスのトマト詰め」「鴨とクルミのサンドイッチ」「ルッコラのピッツァ」「仔羊のピタパンサンドイッチ」「ヨーグルトのフロマージュ風」「いちじくのジャム」「洋梨のベル・エレーヌ風」‥‥など →表紙を拡大


「こぐれひでこの味はどーかな?おいしい画帳2」

著者:  こぐれひでこ
出版社:  東京書籍
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「読売新聞」に連載された食エッセイをまとめたもの。こぐれひでこが四季折々の食材を使って和・洋・アジアと多岐にわたったレシピを紹介する
【目次より】
「和的料理(感動の菜めし再び/喜びひとしおギンナンごはん/南蛮漬け お母さんの味‥‥など)」「洋的料理(色も味わうブイヤベース/塩加減絶妙、スペインのエビ/ポルトガルの感動再び‥‥など)」「東洋的料理(雲白肉 絶妙な三位一体/半なま、シャリシャリ何これ?/手作りギョーザ 上等な味‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「こぐれひでこ」の本があるか調べてみる


「CHEESE BOOK チーズのある生活」

著者:  
出版社:  雪印乳業
サイズ:  25×19cm(ハードカバー)
発行年:  1983年
価格:  800円
状態・備考:  A

「チーズの在る風景(池波正太郎)」「チーズをそのまま(ワインとチーズ、洋風おつまみ・・・・など)」「肉&チーズ(豚フィレ肉とチーズのベーコン巻きソテー、鶏肉のチーズはさみ焼き・・・・など)」「卵&チーズ(オープンオムレツ、ほうれん草のキッシュ・・・・など)」「野菜&チーズ(キャベツとチーズのサラダ、大根とチーズのサラダ・・・・など)」「パン&チーズ」「麺&チーズ」「米&チーズ」 ほか →表紙を拡大


「おいしいものはガラスびんに入っている」

著者:  
出版社:  アスコム
サイズ:  28×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

辰巳芳子、平野由希子、枝元なほみ、渡辺有子、高山なおみ、脇雅世・・・・といった食のプロ15人がそれぞれお気に入りの瓶詰めを、そしてびんに入ったおいしいものとそれを使ったレシピを紹介。ラベルのはずし方、びんの再利用なども掲載 →表紙を拡大


「スチームフード」

著者:  長尾智子+福田里香
出版社:  柴田書店
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年2刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

“スチームフード”とは、著者2人が提唱する新しい料理カテゴリー。従来の蒸し料理とはちがい、蒸気を充満させて蒸すという、ただひとつのルールがあるだけの楽しく、大した心構えなんてなしにひょいとつくってしまえるもの。前菜からデザートまですべて蒸してつくってしまう70余品のレシピ集。
【目次より】
「湯気に親しむ(蒸し豆腐、枝豆の塩よごし‥‥など)」「手間隙をたのしむ(花盛り、吹寄せ蒸しずし‥‥など)」「粉生地蒸しもの(花びら紙、花巻、草巻、木の実巻‥‥など)」「湯気でお菓子を作る(モアレ饅頭、黒砂糖と豆乳のマーラーカオ‥‥など)ほか→表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる
 →このほかに「福田里香」の本があるか調べてみる


「私の手料理」

著者:  瀬戸口しおり
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  21×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  700円
状態・備考:  B/カバーイタミあり

「大盛りに盛り付けられたおかず、手づくり味噌や自家製梅干し‥‥伝説のレストラン『Kuu Kuu』元スタッフ・瀬戸口しおりさんの料理には、『お母さんの味』に通じるあたたかさがあります。いつものおかずから、あの高山なおみさんとも食べた『Kuu Kuu』のまかないまで、大盤振る舞いの79レシピです」(紹介文より)→表紙を拡大

→このほかに「瀬戸口しおり」の本があるか調べてみる