レシピ(全般) (全139件)

「台所のオーケストラ」

著者:  高峰秀子
出版社:  潮出版社
サイズ:  単行本
発行年:  1987年51刷
価格:  500円
状態・備考:  A

「ふきの葉の炒り煮」「あさりの昆布焼き」「イカのオイスターソース炒め」「ガーリック・トースト」「あさりの白ワイン蒸し」「でんがくの味噌」・・・・など130の素材のレシピ集 →表紙を拡大

 →このほかに「高峰秀子」の本があるか調べてみる


「じゃがいも料理」

著者:  高山なおみ
出版社:  集英社
サイズ:  23×19cm(ハードカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

フランスのじゃがいも島で味わったレシピをはじめ、シンプルで、どこか懐かしい36のじゃがいも料理を紹介。じゃがいも旅のエッセイも収録。「生ソーセージとじゃがいも炒め」「いわしのグリル、ゆでじゃが添え」「ホットチーズじゃがいも」「じゃがいもと丸にんにくのオイル焼き」「じゃがいものミモレットチーズのせ」「たらとじゃがいものグラタン」「じゃがいもとオイルサーディンのガレット」「じゃがいもと青のりのかき揚げ」「梅にんにくポテト」‥‥など →表紙を拡大


「日々の食卓」

著者:  長尾智子
出版社:  Gakken
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

だしの代わりにもなる干ししいたけや桜えび、海の風味を加える海苔やひじき、頼りになる切り干し大根や豆類、穀類にいろんなものと相性のいい素直な野菜など、乾物、穀類、根菜、果菜を主役にした自然体の食卓レシピを紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「VEGE BOOK3 Eat Your Vegetables!」

著者:  カフェエイト
出版社:  リトルモア
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「カフェエイトのヴィーガン和食。東京を代表するヴィーガン(完全菜食)カフェのレシピ集、第3弾。朝食のマフィンから、午後のデザート、そしてパーティ・メニューまで。目にも身体にも嬉しいヴィーガン・デザートのレシピが満載。ケーキ、クッキー、チョコレート、タルト、ドーナツ、マドレーヌ、プディング、ゼリー、アイスクリームなど、38種類のレシピを紹介する。 →表紙を拡大


「土曜日のごちそう―ふたりでつくるデミグラスソースとホワイトソースのハッピーレシピ」

著者:  パトリス・ジュリアン、脇雅世
出版社:  アーティストハウスパブリッシャーズ
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

仕事がお休みの週末、ゆっくり休んでいたいけれど、たまにはクッキングで楽しんでみてはいかが?と言っても凝ったものではなく、市販のデミグラスソースとホワイトソースにひと手間加えるだけで手軽にいつもと違う「ごちそう」になります。
【目次より】
「のんびり朝のブレックファースト」「ひとてまデリシャス・ランチ」「ふたりでゆったりディナー」「ホームパーティをひらこう」「お酒といっしょにくつろぎタイム」「ウィークデイが楽になる週末のつくりおき。」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「パトリス・ジュリアン」の本があるか調べてみる


「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる[レシピ版]」

著者:  石井好子
出版社:  扶桑社
サイズ:  20×21cm
発行年:  2004年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

1963年に暮しの手帖社から出版された随筆「パリの空の下オムレツのにおいは流れる」に出てくる料理のレシピを紹介。留学時の写真やこぼれ話なども掲載。「フランス風オムレツ」「スタッフ・ド・トマト」「タラトォイユ」「ドイツ風ポタージュ」「ポトフ」「クロックムッシュ」「洋風炊き込みご飯」「ブイヤベース」など →表紙を拡大

 →このほかに「石井好子」の本があるか調べてみる


「おさらのしたく」

著者:  松長絵菜
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  1100円 [Sold Out]
状態・備考:  A

いつもとちょっとちがう特別な日のための料理とお菓子を紹介。雑誌「装苑」に連載していたものを1冊にまとめたもの。「白いんげん豆のスープ」「3色のサラダ」「オニオングラタンスープ」「ツナのサンドウィッチ」「スモークサーモンのサンドウィッチ」「ハムとチーズのサンドウィッチ」「ポトフ」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「松長絵菜」の本があるか調べてみる


「私のおもてなし料理」

著者:  ホルトハウス房子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm
発行年:  1975年4刷
価格:  3000円
状態・備考:  A

アメリカ人の技術者と結婚後、台湾やタイなどの海外生活を送り、料理の腕を磨き、雑誌「ミセス」でリビングの記事を執筆したり、鎌倉に洋菓子店「ハウス・オブ・フレーバーズ」をオープンさせた著者が、イースター・感謝祭・クリスマスなどの外国の祝日、また、春夏秋冬と季節に応じた、おもてなし料理が紹介。装幀:仲條正義 →表紙を拡大

 →このほかに「ホルトハウス房子」の本があるか調べてみる


「ラブおばさんのお嫁さんクッキング」

著者:  城戸崎愛
出版社:  鎌倉書房
サイズ:  19×26cm(ハードカバー)
発行年:  1984年13刷
価格:  700円
状態・備考:  A

ラブおばさんこと城戸崎愛先生が、お嫁さんになるまでにぜひ覚えておいて欲しいという料理を写真とともにやさしく紹介。
【目次より】
「オムレツを焼いてみませんか?」「こんなモーニングメニューはいかが?」「野菜サラダは親友です」「ふっくらごはんを炊けますか」「おしゃれなごはんたち」「だし巻きたまごは日本のオムレツ」「菜飯でパーティを」「豚カツ、串カツ、カキフライ‥‥フライをマスターする」「お刺身と素敵につきあう法」「ほんとうのハンブルグステーキ」「肉おでんは日本のポトフです」「ドイツのおばあちゃん風ロールキャベツ」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「城戸崎愛」の本があるか調べてみる


「ライス料理・めん料理」

著者:  
出版社:  婦人生活社
サイズ:  18×18cm(ハードカバー)
発行年:  1973年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

今田美奈子、江上トミ、河野貞子、門間和子といった料理家がおもてなしのご飯から季節の炊き込みご飯、洋風ご飯、中華風ご飯、丼もの、おにぎり、おはぎなどのご飯のレシピとうどんやそば中華めんなどの麺料理のレシピを紹介。 →表紙を拡大


「久司道夫のマクロビオティック四季のレシピ」

著者:  久司道夫
出版社:  東洋経済
サイズ:  26×19cm
発行年:  2004年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

トム・クルーズ、マドンナなど、米国で300万人以上が指導を受け実践している事療法の世界的カリスマによる春夏秋冬の朝昼晩メニュー」のほか、「素材別アラカルト」「マクロ用ソース&ドレッシングの作り方」「砂糖・乳製品・卵を使わないスイーツ」「マクロ料理の基本」など、究極の「健康・美容・美味」レシピ →表紙を拡大


「デイリーフード」

著者:  長尾智子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「野菜のつぶし方や火の通し方など料理のツボを切り口に、毎日のおかず〜デザートの長尾流裏技を紹介。ほんの小さなヒントが料理上手の近道。しっかり作って、一日の最後においしい一口を。」(紹介文より)
【目次より】
「ミジョテ 弱火で煮込む」「野菜のつぶし方」「酸っぱいはおいしい」「火の通し方あれこれ」「チリとマスタードの効用」「ときどきロースト、ときどきグリル」「クミンとエルブ・ド・プロヴァンス」「デザート」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「スープの本」

著者:  南風食堂
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年2刷
価格:  700円
状態・備考:  A

「いい匂いがして、土の、自然の、素材のいのちがその中に溶け込んでいるのがわかる。スプーンを口に運ぶころには、ちょっと顔が笑ってしまう―スープの幸せを届けてくれる、40のレシピと物語。それは、料理ユニット『南風食堂』の、スープをめぐる旅」(紹介文より)
【目次より】
「大地―素材の味をまるごと楽しむポタージュ」「雨―雨の日のヌードルスープ」「芽が出る―野菜、ハーブが主役のスープ」「芽が育つ、種ができる―豆、穀物が主役のスープ」「木と花―根菜が主役のスープ」「太陽と花とはちみつ―おもてなし感のあるスープ」「山と牧場―お肉や野菜を煮込んだスープ」「港町―いろんな港町を思わせるスープ」「家―南風食堂の定番スープ」 →表紙を拡大


「ケンタロウの島ごはん」

著者:  ケンタロウ
出版社:  アスコム
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

ラフテーや5種類のチャンプルー、タイ風つくね、生春巻き、揚げ春巻き、揚げ鶏のスイートチリソース、沖縄てんぷら、切干大根のパパイヤ風サラダ、ヒラヤーチ、ゴーヤのおひたし、、タコライス、鶏肉バジルのっけご飯、ナシゴレン、シンガポールチキンライス、タイカレーやフォー、パイナップルケーキ、サーターアンダギー、ちんすこう風クッキー‥‥など、沖縄をはじめとしたの島料理レシピを紹介する →表紙を拡大

 →このほかに「ケンタロウ」の本があるか調べてみる


「とびっきりの、どんぶり」

著者:  小林ケンタロウ
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年12刷
価格:  500円
状態・備考:  A

肉も野菜もたっぷりのボリューム丼から小どんぶり、基本の丼ものまで52点のどんぶりものと付合せの小鉢と汁のレシピを紹介。 →表紙を拡大

 →このほかに「ケンタロウ」の本があるか調べてみる


「マクロビオティックのスープ」

著者:  奥津典子
出版社:  アスペクト
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

吉祥寺の人気マクロビオティックスクールorganic baseの主任講師でる著者が、ほっとリラックスしたいとき。朝、食欲がないとき。夜遅くに食べるとき。胃を休めたいとき。体調を立て直したいとき‥‥など、簡単でおいしく、心にもからだにもやさしい野菜たっぷりのスープを紹介
【目次より】
「野菜だけでスープが美味しくなる7つの話」「元気な素材を選ぶには」「皮も端も、可能な限り丸ごと使う」「野菜だけで出汁をとる」「食感や香りでバリエーションを」「調味料の選び方、使い方」「やさしい火加減」「陰陽のバランスをととのえる朝SOUP 朝スープのコツ」「もやしたっぷりのパスタ入り味噌汁」「白菜の塩もみサラダ」「スクランブル豆腐」「甘酒とりんごの葛湯」「梅醤麦茶スープ」「暑い季節の朝の味噌汁」「寒い季節の朝の味噌汁」「スープを美味しくする調味料」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「奥津典子」の本があるか調べてみる


「加藤美由紀の小さい子どもがよろこぶメニュー―何度も作ってあげたいおかず」

著者:  加藤美由紀
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

男の子を出産してから約7年、日々成長する子どもと、家庭料理にくつろぎを求める夫に好評だった料理を紹介。食べたら名前も味も覚えてくれて、「また作って」と言われる料理でありながら、なるべく手早く、身近な食材と調味料で作れるレシピを紹介する →表紙を拡大

 →このほかに「加藤美由紀」の本があるか調べてみる


「高山なおみの料理」

著者:  高山なおみ
出版社:  メディアファクトリー
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年2刷
価格:  800円
状態・備考:  B

「味を見ておいしいと感じたら、それが料理の作り方。あなたの体が知っていた料理の作り方。手、舌、鼻、耳、目、五感をフルに使って自分の「おいしい」を見つけてゆく高山流のレシピ集。」(紹介文より)
【目次より】
「すり鉢であたる(モンゴルだれ/スイートチリソース/ごまみそマヨネーズ‥‥など)」「粉をねる(丸パン/プレーン食パン/アイスボックスクッキー‥‥など)」「鍋でコトコト煮る(鶏ガラスープ/塩豚/黒豆のゆで方‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「ごはんですよ」

著者:  なかしましほ
出版社:  文藝春秋
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2015年4刷
価格:  600円
状態・備考:  A

お菓子の工房foodmood(フードムード)のなかしましほによる初のごはんレシピ集。手に入りやすい材料で手間をかけずに、でもおいしいごはんのレシピを紹介。 →表紙を拡大

 →このほかに「なかしましほ」の本があるか調べてみる


「まあるいごはん」

著者:  こぐれひでこ
出版社:  流行通信社
サイズ:  A4版
発行年:  1987年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

気のおけない仲良しと楽しく一夜を過ごすための、そして簡単でおいしくておしゃれな料理を、すてきな絵日記形式で紹介。「スーパー・エクストラ・エクスプレス・ディナー」「寒い日のプチ・ディナー」「ヘルス・コンシャス・ディナー」「大人のランチ・バスケット」「7色パレットのディナー」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「こぐれひでこ」の本があるか調べてみる