イギリス・アメリカ文学(タ行) (全9件)

「ワップショット家の人びと」

著者:  ジョン・チーヴァー(訳:菊池光)
出版社:  角川書店
サイズ:  単行本
発行年:  1972年初版
価格:  1500円 [Sold Out]
状態・備考:  B/カバー少しイタミあり

ジョン・チーヴァーが45歳の時に刊行した初の長編小説。セント・ボトルフスというマサチューセッツ州の架空の田舎町を舞台として、おんぼろ蒸気船の船長であるリアンダー・ワップショットをリーダー格として三代にわたった描かれる、ときにロマンティックで、ときに哀しいヒューマン・コメディ→表紙を拡大


「ナット・ターナーの告白」

著者:  ウィリアム・スタイロン(訳:大橋吉之輔)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1970年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

1831年にヴァージニア州でおこった32歳の黒人教師ナット・ターナーの奴隷制に対する反乱という実際にあった史実を素材にした作品 →表紙を拡大

 →このほかに「ウィリアム・スタイロン」の本があるか調べてみる


「顔のない博物館」

著者:  フィリップ.K.ディック(訳:仁賀克雄)
出版社:  北宋社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1983年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

フィリップ.K.ディックの初期の作品を収録した短篇集
【収録作品】
「パパそっくり」「フォスター、お前は死んでいるところだぞ」「ドアの向うで」「ハンギング・ストレンジャー」「消耗品」「根気のよい蛙」「よいカモ」「干渉者」「廃品博物館」「萎びたリンゴ」「小人の王」→表紙を拡大


「橋の上の天使」

著者:  ジョン・チーヴァー(訳:川本三郎)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本
発行年:  1992年 初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

マンハッタンのアパート、避暑地のサマーハウス、緑に囲まれた郊外の住宅・・・・など郊外住宅地で暮らす一見幸福そうな人々を、淡々とではあるけれど誇張、歪曲して描くことで、郊外生活者の深い疎外感や孤独、憂鬱を浮き彫りにしています→表紙を拡大


「ゴーストと旅すれば」

著者:  ジム・ダッジ(訳:日暮雅通)
出版社:  ベネッセ
サイズ:  単行本
発行年:  1991年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

1950年生まれの詩人であり哲学者で詩集も数冊刊行している作者の第一作目。ロックンロールとジャズとビートニク、そしてドラッグ小説が好きな人におすすめ →表紙を拡大


「アメリカン・ストーリーズ」

著者:  カルヴィン・トリリン(訳:田村義進)
出版社:  早川書房
サイズ:  単行本
発行年:  1993年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

アメリカでよく知られた人物、無名の市民の非業の死、作者の友人の暮らしぶりなど、実話をベースにした短編集。雑誌「ニューヨーカー」に連載されていた作品を一冊にまとめた本。「アウトドア・ライフ」「ふたりの変わり者」「ゴールドバーグの帰郷」「面倒なことになった」ほか →表紙を拡大


「マウントオリーヴ」

著者:  ロレンス・ダレル(訳:高松雄一)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本
発行年:  1970年新装版初版
価格:  1500円
状態・備考:  B

「ジェスティーヌ」「バルタザール」「マウントオリーヴ」「クレア」からなるアレキサンドリア四重奏の第三部。「死の予感に震え奈落の淵をみせる親しい風景と人々。若きマウントオリーヴをとりまく、権力、陰謀、微笑、時の流れ、苦い恋・・・・本格派小説の華麗なる展開!」(帯より)「政治的陰謀の渦巻く現代の状況を華麗な物語の手法で描き、スリル溢れる白眉の展開部」(紹介文より) →表紙を拡大


「ブルースの本」

著者:  サミュエル・チャーターズ(訳:小林宏明)
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本
発行年:  1991年3刷
価格:  1000円
状態・備考:  B

「アメリカの中のもうひとつのアメリカ。黒人社会の文化・伝統をうけつぐ、豊潤で躍動的で表現力に富むことば。それがブルースだ。ビッグ・ジョー・ウィリアムズ、ライトニン・ホプキンズなど、12人の代表的なブルースマンのうたう唄、語る言葉からブルースの国に住むひとびとの姿がはっきりと見えてくる」(カバー裏紹介文より)


「セルビアの白鷲」

著者:  ロレンス・ダレル(訳:山崎勉)
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本
発行年:  1977年6刷
価格:  700円
状態・備考:  B/小口にしみあり

スターリンの決裂直前の旧ユーゴスラビアを舞台とし、ゲリラと政府軍の間で暗躍する英国スパイの冒険物語