イギリス・アメリカ文学(ハ行) (全42件)

「ブラウン・バニー」

著者:  ヴィンセント・ギャロ(訳:清野栄一)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「ニューハンプシャーからカリフォルニアへ。失った恋人の面影を追いながらアメリカ横断の旅に出たバイクレーサーの物語。究極のロード・ノヴェル。ヴィンセント・ギャロ原作、脚本・監督・主演の同名映画のノヴェライズ」(帯より) →表紙を拡大


「黒い天使たち」

著者:  ブルース.J.フリードマン(訳:浅倉久志)
出版社:  早川書房
サイズ:  単行本
発行年:  1972年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

ニューヨーク生まれのユダヤ系作家で、ヤンキー実存主義ともアメリカ不条理小説ともいわれるブラックユーモア派の短編を16編収録。「黒い天使たち」「投資家」「いろごと師」「計画変更」「面接試験」「ボクシングの終わった夜」「顔が見たい」‥‥など →表紙を拡大


「初恋、その他の悲しみ」

著者:  ハロルド・ブロドキー(訳:森田義信)
出版社:  東京書籍
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1991年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

「アメリカ文学界に決定的衝撃を与え、この一冊によって現在までブロドキーを巨匠と呼ばせる名著中の名著。美しい姉への憧れと、少年の揺れ動く心を静謐な筆致で描いた表題作他、アメリカ青春文学に永遠の輝きを放つ一冊、ついに登場。」(帯より) →表紙を拡大


「王」

著者:  ドナルド・バーセルミ(訳:柳瀬尚紀)
出版社:  白水社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

「第2次世界大戦のさなか、アーサー王と王妃グィネヴィア、円卓の騎士ラーンスロットらが疾駆し、ナチがパリを占領してヒトラーがナポレオンの墓を訪れ、エズラ・パウンドがローマから反ユダヤの宣伝放送する!? アメリカ小説の鬼才が最期に遺した、奇想天外な英雄騎士道物語。コミカルな木版画多数」(紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「ドナルド・バーセルミ」の本があるか調べてみる


「レモンケーキの独特なさびしさ」

著者:  エイミー・ベンダー(訳:管啓次郎)
出版社:  角川書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2016年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

9歳の誕生日に食べるとそれを作った人の感情がたちまちわかる能力を得たローズ、母の秘密に気づき、父の無関心さを知り、兄が世界から遠ざかってゆくような危うさを感じながら。やがて兄の失踪をきっかけに、ローズは自分の忌々しい才能の秘密を知ることになる‥‥ →表紙を拡大


「アメリカの息子のノート」

著者:  ジェームズ・ボールドウィン(訳:佐藤秀樹)
出版社:  せりか書房
サイズ:  単行本
発行年:  1970年改訂版3版
価格:  1000円
状態・備考:  B

1948年から1955年に書けてボールドウィンが雑誌などに発表した評論や覚え書き風のエッセイを収録。「ニグロであることの意味」を追求した一人の黒人の宿命と不正に対する戦いの軌跡 →表紙を拡大

 →このほかに「ジェームズ・ボールドウィン」の本があるか調べてみる


「器官切除」

著者:  マイケル・ブラムライン(訳:山形浩生)
出版社:  白水社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1994年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「レーガン氏の全身をゲバラやビコ医師が解体し、第三世界に資源として供給する手術レポートの表題作をはじめ、マッドな外科医作家が『人間』にまつわる妄想を軽やかに切除するグロテスクな短編集。」(帯より) →表紙を拡大


「犠牲者」

著者:  ソール・ベロー(訳:大橋吉之輔、後藤昭次)
出版社:  白水社
サイズ:  単行本
発行年:  1966年
価格:  700円
状態・備考:  B

業界紙の編集者で生活も安定しているが、ユダヤ人であるという自意識からいつまた不運がおとづれ不幸になるのではないかと被害妄想的になっている主人公にそれを増幅させるような事件が起きる →表紙を拡大

 →このほかに「ソール・ベロー」の本があるか調べてみる


「元気で大きいアメリカの赤ちゃん」

著者:  ジュディ・バドニッツ(訳:岸本佐知子)
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2015年初版
価格:  1300円
状態・備考:  A

「現実を縦横無尽に侵食する奔放な想像力、そして絢爛たる色彩世界にひびく黒い笑い。現代アメリカのダークな肖像を痛烈に描出した傑作中編群からスラップスティックな面白さがたまらない短編の数々まで、12作品を収録」(紹介文より) →表紙を拡大


「塵よりよみがえり」

著者:  レイ・ブラッドベリ(訳:中村融)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2002年2刷
価格:  700円
状態・備考:  A

「小高い丘に建つ一軒の屋敷。住む者は、ミイラのおばあちゃん、心を自由に飛ばす魔女セシー、鏡に映らない夫婦、たったひとりの人間の子ティモシー。いまここで、魔力をもつ一族の集会がはじまる。そして、何かが変わる日もまた近い…ファンタジーの巨匠が五十五年の歳月をかけて完成させた、とても特別な物語」(紹介文より) →表紙を拡大


「とうに夜半を過ぎて」

著者:  レイ・ブラッドベリ(訳:小笠原豊樹)
出版社:  集英社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1978年3版
価格:  800円
状態・備考:  B

「SFの詩人が描く幻想と怪夢の世界‥‥レイ・ブラッドベリの最新作品集!どんな時を、どんな題材を扱う場合でも、この作家は「グロテスクとアラベスク」を生み出さずにいられない。ほとんどすべての作品の底を流れているのはナイーブな魂のおののきとでもいうような感触であり、手法的には一定のサスペンションと恐怖や怪異の発見ないし出現という恐怖小説の定石が、いろいろの変奏を伴って繰り返される。美と恐怖が分離してしまわぬ前の柔軟な心にとっては、ブラッドベリの作品群は依然として良質の楽しみであり経験である」(帯より) →表紙を拡大


「パリ・イエスタディ」

著者:  ジャネット・フラナー(訳:宮脇俊文)
出版社:  白水社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1997年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「ジョセフィン・ベーカーが歌い、チャールズ・リンドバーグが舞い降りたパリ! チャールストンのリズムが流れ、ヘミングウェイが飲み明かしたパリ! アメリカの女性ジャーナリストが『ニューヨーカー』誌に送り続けたパリ便り」 →表紙を拡大


「大いなる不満」

著者:  セス・フリード(訳:藤井光)
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2014年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

古代人のミイラに出会った科学者たちが、ミイラに影響され態度や行動が変わっていく様子を描いた作品をはじめ、死者続出するにもかかわらずなぜか毎年開催され、そしてなぜか多くの住民が参加するというピクニックについての作品など、不思議な設定の中で不可解、不条理、そしてどこかグロテスクな物語が展開されていく短編集 →表紙を拡大


「東京スケッチブック」

著者:  ピート・ハミル(訳:高見浩)
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1991年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「巡り合いとすれ違いをくり返す日米の恋人同士の話『雨に打たれて』、日本文化の虜になり、吉祥寺に40年も暮す“ガイジン”の話『吉祥寺綺譚』、伝説的なビッグスターへのインタビューを任された新米雑誌記者の緊張と気後れを扱った「有紀子のためのブルース」など、爽やかでチャーミングな短編13編を収録する。大都市TOKYOを舞台に、生粋のニューヨーカーが描く大人の愛の物語」 →表紙を拡大

 →このほかに「ピート・ハミル」の本があるか調べてみる


「裸のランチ」

著者:  ウィリアム・バロウズ(訳:鮎川信夫)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1999年17刷
価格:  700円
状態・備考:  A

W.バロウズの代表作であり、ビートニク文学の中でも最高峰作品。麻薬中毒により、現実と妄想の区別が曖昧な超現実的イメージが、実験的な手法によって描かれる →表紙を拡大


「サムラー氏の惑星」

著者:  ソール・ベロー(訳:橋本福夫)
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1974年初版
価格:  2000円
状態・備考:  A

「ナチの迫害で失明した片眼に今世紀の狂気の傷痕を宿す老サムラーの目撃する地球。ある日、サムラー氏はバスの中でこのうえもなく優美な身なりの黒人掏摸を目撃する。警察に通報しても一向に取り上げてくれない。逆にその男から無言で男性を指し示され、脅迫される。この事件に象徴される現在に満溢する狂気に鋭く衝迫する長編」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「ソール・ベロー」の本があるか調べてみる


「芝生の復讐」

著者:  リチャード・ブローティガン(訳:藤本和子)
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

「雨に濡れそぼつ子ども時代の記憶と、カリフォルニアの陽光。その明暗のはざまに浮かびあがる、メランコリアの王国。密造酒をつくる堂々たち祖母、燃やされる梨の木、哀しい迷子の仔犬、ネグリジェを着た熊、失われた恋と墓のようなコーヒー、西瓜を食べる美しい娘たち…。囁きながら流れてゆく清冽な小川のような62の物語」 →表紙を拡大

 →このほかに「ブローティガン」の本があるか調べてみる


「ロンメル進軍―リチャード・ブローティガン詩集」

著者:  リチャード・ブローティガン(訳:高橋源一郎)
出版社:  思潮社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1991年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

1970年に出版され詩集から76篇(オリジナルは85篇)を訳出 →表紙を拡大

 →このほかに「ブローティガン」の本があるか調べてみる


「私たちがやったこと」

著者:  レベッカ・ブラウン(訳:柴田元幸)
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  単行本
発行年:  2002年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「『安全のために、私たちはあなたの目をつぶして私の耳の中を焼くことに合意した』幻想的な愛の小説集。全七篇を収録したレベッカ・ブラウンの最高傑作」 →表紙を拡大


「マンハッタンを歩く」

著者:  ピート・ハミル(訳:雨沢泰)
出版社:  集英社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

ブルックリン橋、バッテリー・パーク、トリニティ教会、タイムズ・スクエア‥‥などを歩き歴史に思いをはせ、それらにまつわるエピソードを交えながら、つづった自伝的エッセイ →表紙を拡大