雑貨の本 (全84件)

「いいものほしいもの」

著者:  秋岡芳夫
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1984年初版
価格:  1000円 [Sold Out]
状態・備考:  A

工業デザイナーでもあり、コドモノクニの挿絵、学研の科学と学習の付録のデザインなども手がけた著者が、職人の手によって生まれた国内を中心に、家具や道具、食器や玩具などいいもの・ほししいものを紹介 →表紙を拡大


「超70年代スタイル1964−1999―日本のインテリアの変遷」

著者:  どりーむ編集局スタッフ
出版社:  どりーむ編集局
サイズ:  単行本
発行年:  1999年2刷
価格:  1000円
状態・備考:  B

インテリア雑誌「DREAM(どり〜む)」創刊35周年を記念して発売された本。ミッドセンチュリーの家具から日本のオリジナルの70年代ファッションまで、当時の写真と現代の写真を取り混ぜながら紹介。コモエスタ八重樫さんの自宅の変遷も掲載されている →表紙を拡大


「IT'S A STAMP WORLD!―切手に恋して」

著者:  プチグラパブリッシング
出版社:  プチグラパブリッシング
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「デザイン好き、雑貨好きが忘れてはならない『切手』。その小さな紙片には、世界中の素敵なデザインが詰まっています。その身近な存在に再び気付いた時、あなたも切手が好きになる!」(帯より)
【目次より】
「切手デザインスペシャル対談:やなせたかし×森田基治(郵政公社デザイン室チーフ)」「切手収集の歴史」「世界各国の切手 カテゴリー別紹介!!」「世界のポスト大集合」「郵便にまつわる映画紹介」「注目! あの人の切手コレクション:かわしまよう子(花作家)/島尾伸三(写真家)/下田直子(刺繍作家)/杉浦さやか/東野翠れん/まえをけいこ(絵本作家)/みうらじゅん/町田忍/江口宏志(「ユトレヒト」代表)/木下綾乃(イラストレーター)」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「プチグラパブリッシング」の本があるか調べてみる


「白いもの」

著者:  伊藤まさこ
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2015年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「どうして白いものが好きなんだろう?」という著者の問いに対する答えを探すべく始まった「ほぼ日刊イトイ新聞」の連載をまとめたもの。糸井重里との対談も収録 →表紙を拡大

 →このほかに「伊藤まさこ」の本があるか調べてみる


「私のエプロン図鑑」

著者:  森南海子
出版社:  三五社
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年2刷
価格:  600円
状態・備考:  A

服飾デザイナーである著者が、50年以上にわたり世界各地で集めたエプロンを紹介。いくつかのものについてはその作り方も掲載されています。 →表紙を拡大


「北欧のかわいいデザインたち―日用品をたくさん集めてみました」

著者:  井岡美保、カナカナ
出版社:  ピエブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

スーパーマーケットで売られている日用品、食品、食品のパッケージやさまざまなお店で使われている袋やチラシ、パンフレット、また切手・郵便グッズ、文房具など、北欧の雑貨や日用品のかわいいデザインを500点以上紹介する →表紙を拡大


「東欧のかわいいデザインたち」

著者:  BOOKLUCK
出版社:  ピエ・ブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

チェコとハンガリーの人々が日常生活を営む上で当たり前のように接し、使われてきた日用雑貨や食品のパッケージなど、約1000点のアイテムを掲載。質感と手ざわりのあるたたずまいが魅力的です。 →表紙を拡大


「世界のかわいい紙」

著者:  
出版社:  ピエブックス
サイズ:  21×16cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

海外でみつけたかわいいキャンディの包み紙やお土産でいただいたお菓子の包装紙、エアメールの封筒や海外のステーショナリーなど、ついつい集めてしまいたくなる、日常使いのかわいい紙を紹介 →表紙を拡大


「北欧のかわいい紙雑貨とペーパーデコ・レシピ」

著者:  吉岡直美
出版社:  グラフィック社
サイズ:  18×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2014年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

北欧流ペーパーデコスタイルの実例と紙雑貨とデコレーションの29のレシピ集。キッチンにあるベーキングカップや包装紙、マスキングテープといった身近なもので、ガーランド、モビール、ポンポン、カトラリーケース‥‥などを作ります。 →表紙を拡大


「マニュファクチャーズ」

著者:  岡尾美代子
出版社:  アスペクト
サイズ:  21.5×17.5cm(ハードカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

著者がふだん使っている日用品や家具たちとのとの出会いや日々の思いを、写真とエッセイで紹介。
【目次より】
「パラティッシのお皿」「ダンスクのローストパン」「オール・クラッドのミルクパン」「キルタとティーマ」「AMCOのキッチンツール」「イギリスのパイ皿」「ユニセフのお人形」「クマのぬいぐるみ」「ハウスホールドグッズ、その1」「緑のネットバッグ」「赤い健康サンダル」「エナメルのバケツ」「ブラウンの目覚まし時計」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「岡尾美代子」の本があるか調べてみる


「もの好きの食器棚と愉快な時間」

著者:  堀井和子
出版社:  集英社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「魅かれて買った好きなもの94。大きいガラスボウル、お盆、カップ&ソーサー、パンを盛るカゴ、ほうろうの鍋、紫色のもの、テーブルクロス、買い物カゴ、マフラー、室内履き‥‥」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「デポー39ものがたり」

著者:  天沼寿子
出版社:  主婦の友社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「自由が丘の人気雑貨ショップ「デポー39」がクローズして1年余。カントリーアンティークという言葉を雑貨好きの間に広めたカリスマ的存在のこのお店の始まりから終わりまで‥‥。デポー39の中心人物、天沼寿子の書き下ろしエッセイ」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「天沼寿子」の本があるか調べてみる


「もののお買物」

著者:  大橋歩
出版社:  サンクチュアリ出版
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

アルネ主宰大橋歩がこだわってえらんだもの43点を紹介するエッセイ。
【目次より】
「三谷龍二さんの木の道具」「小鉢公史さんの調理用木べら」「ドイツナイフです」「漆塗りの箸」「買い足せる皿は正しい」「村上躍さんの急須」「下にもう1枚皿を敷いて、水切り皿として使ってね」「辻和美さんのガラスの器」「朝シャンプーを『アヴェダ』のにしたわけ」「私のぜいたくなお買物」‥‥など →表紙を拡大 →このほかに「大橋歩」の本があるか調べてみる


「かわいくておいしい」

著者:  渡辺有子、伊藤まさこ
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

ご近所住まいで友達同士というスタイリストの伊藤まさこと料理家の渡辺有子が“おいしくてかわいいい”ものを紹介した「おいしくてかわいい」で続く第二弾。「かわいくておいしい」「イケアのかわいくておいしいもの」「レトロでかわいい」「小さくてかわいい、大きくてもかわいい」「かわいくておいしいを探しに―京都」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「渡辺有子」の本があるか調べてみる
 →このほかに「伊藤まさこ」の本があるか調べてみる


「しあわせの受け皿―暮らしに器とシンプル雑貨」

著者:  石村由起子
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「器、椅子、布、いろいろ…新しくても、古くても、高くても、安くても…雑貨ショップ「くるみの木」オーナー石村由起子さんが選んだモノ、そしてモノのある暮らしにはたくさんのしあわせが詰まっています。ちょっとのぞいてみませんか。」(帯より)「私のキッチンまわりから(クロス/ちっちゃな器、おっきな器/木の器‥‥など)」「暮らしまわり、少し(かご/シンプルファニチャー/椅子‥‥など)」「巡りめぐって古いもの(ブリキたち/土ものの鉢/そば猪口‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「石村由起子」の本があるか調べてみる


「小さな幸せみつけた」

著者:  石村由起子
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  26×18cmソフト
発行年:  2007年2刷
価格:  700円
状態・備考:  A

奈良の人気カフェ「くるみの木」のオーナーである著者が、その暮らしぶりや、実際に使っている雑貨紹介する。「ささやかですが、大切なこと」「モノと暮らしの間に流れること」「元気のもとは、うちごはんにあり」「秋篠の森で今はじまったこと」「ほほえみを呼ぶ、甘いもん」「日々を離れ、旅で思うこと」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「石村由起子」の本があるか調べてみる


「切手の歴史」

著者:  岡田芳朗
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

 →表紙を拡大


「福助さん」

著者:  荒俣宏
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1993年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー薄汚れあり

「福を招くラッキー・ゴッド〈福助さん〉のすべて。人形の由来、伝説、尨大なコレクション……福助さんと仲良くなるための福助学入門。」(紹介文より)
【目次より】
「福助の由来」「福助五つの謎」「福助家の謎」「伏見人形と博多人形」「福助のポーズの謎」「商標の福助」「日本三大福助おひろめ!」「ここにも福助さんが」「ちょっとおかしな福助さん」「裏を見れば」「小物・マッチ・引札」‥‥など →表紙を拡大


「Le Bol―カフェオレボウル」

著者:  山本ゆりこ
出版社:  六耀社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

著者がパリの蚤の市で集めたカフェオレボウルの中から選りすぐりの150点を紹介。ボウルの絵柄の豊富さや形の可愛らしさを色ごとに分け、それぞれに著者の思い入れや特徴、そしてプロヴァンスやブルターニュといったフランスの各地方でのボウルにまつわる話などを加える。
【目次より】
「4色のボウルたち」「地方のボウルとスペシャリテ」「ボウルを探して」「ボウルの窯元について」「フランスの朝食のこと」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「山本ゆりこ」の本があるか調べてみる


「西欧のかわいいデザインたち―スペイン・ポルトガルのセンスのよい日用品」

著者:  井岡美保、カナカナ
出版社:  ピエブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「ヨーロッパの西側に位置するドイツ、オランダ、ベルギーの日用品の数々を紹介。酪農大国の乳製品や卵のパッケージはもちろん、スーパーにあふれるグッズ、街で見かける紙モノ類、郵便グッズ、ショップ袋などがたくさん!また、時代を経ても愛くるしいデザインのアンティークものや、旅心をくすぐる街の風景写真など、西欧の魅力がいっぱいにつまった1冊」(紹介文より)→表紙を拡大