ハンドメイド (全7件)

「おまめの豆本づくり」

著者:  柴田尚美
出版社:  白泉社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「おまめ」というニックネームの豆本作家が、豆折本・豆洋本、和綴じ豆本、豆巻物、豆箱や豆帙など「和もの」の豆本、14種類の作り方を順を追ってオールカラーの写真で説明する。また著者の豆本との出合いや豆本講座での話なども収録 →表紙を拡大


「北欧のかわいい紙雑貨とペーパーデコ・レシピ」

著者:  吉岡直美
出版社:  グラフィック社
サイズ:  18×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2014年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

北欧流ペーパーデコスタイルの実例と紙雑貨とデコレーションの29のレシピ集。キッチンにあるベーキングカップや包装紙、マスキングテープといった身近なもので、ガーランド、モビール、ポンポン、カトラリーケース‥‥などを作ります。 →表紙を拡大


「手しごとを結ぶ庭」

著者:  稲垣早苗
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  19×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「陶磁器・木工・染織・ガラスなどの工芸を扱うギャラリーや展覧会を手がけてきた二十年。それは、さまざまな作家との出会いや交流を通してその素顔に触れ、ディレクターとしての自らの成長の軌跡でもあった。そして見つけた、新たな道―。陶磁器―榎本稔、和紙―中村功、こぎん刺し―内山順子、竹大工―稲垣尚友、漆―赤木明登、ジュエリー―世良順、木―三谷龍三、亜麻布―斉藤田鶴子、革―相馬紳二郎、陶磁器―萩原千春、織物―吉野綾、穴窯陶器―中村純也、理詠、ガラス―加護園、陶器―大野七実」(帯より) →表紙を拡大


「リトルプレスの楽しみ」

著者:  柳沢小実
出版社:  ピエブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー少しスレあり

さまざまな分野で活躍するアーティストや団体、カフェ、ショップを運営する人たちなどが、暮らし、旅、エトセトラ、誌上ギャラリー、アート、展覧会のカタログといった自由なテーマで、企画から制作、販売までをすべて手作りで制作する小冊子=「リトルプレス」。そんなリトルプレスを刷り部数が少なく、ネット販売や限られた店舗にしか置かれていないものを中心に約40掲載→表紙を拡大

 →このほかに「柳沢小実」の本があるか調べてみる


「リトルプレスの楽しみ、のつづき―もっと見たい。作り方、楽しみ方。」

著者:  柳沢小実
出版社:  ピエブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「本屋さんやカフェで見かけるちいさな本、リトルプレス。企画から制作、販売までをひとりで、または数名のスタッフで行うことで自由な本作りが実現した。ますます広がりをみせる奥深いリトルプレスの世界を紹介する。」(紹介文より)→表紙を拡大

 →このほかに「柳沢小実」の本があるか調べてみる


「自分で作る小さな本」

著者:  田中淑恵
出版社:  文化出版局
サイズ:  22×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  800円 [Sold Out]
状態・備考:  A

お気に入りの紙、思い出のある布、アクセサリーなど身近な素材を使ったてのひらサイズの小さな本の作り方を基本的な作業をプロセス写真で丁寧に紹介。紙や本の基礎知識やノートや文庫本を装丁なども収録する。
【目次より】
「リボン結びのギフトブック」「生まれ変わるノートブック」「お気に入りの文庫本をハードカバーに」「花ひらく春の豆本」「星のまたたく夏の豆本」「落葉散る秋の豆本」「雪華舞う冬の豆本」「外国の切手を使って」「写真集絵本スケッチブック」‥‥など →表紙を拡大


「自分で作る小さな本」

著者:  田中淑恵
出版社:  文化出版局
サイズ:  22×19cm
発行年:  2002年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

お気に入りの紙、思い出のある布、アクセサリーなど身近な素材を使ったてのひらサイズの小さな本の作り方を基本的な作業をプロセス写真で丁寧に紹介。紙や本の基礎知識やノートや文庫本を装丁なども収録する。「リボン結びのギフトブック」「生まれ変わるノートブック」「お気に入りの文庫本をハードカバーに」「花ひらく春の豆本」「星のまたたく夏の豆本」「落葉散る秋の豆本」「雪華舞う冬の豆本」「外国の切手を使って」「写真集絵本スケッチブック」‥‥など →表紙を拡大