デザイン、写真集、画集など (全57件)

「GROOVISIONS (GAS BOOK 01)」

著者:  GROOVISIONS
出版社:  デザインエクスチェンジ
サイズ:  29×23cm(ハードカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、映像からファイン・アートの領域までデザインチーム「groovisions」が手掛けた作品を収録。 →表紙を拡大


「ELISABETH ARKHIPOFF & LAURENT FETIS (GAS BOOK 12)」

著者:  ELISABETH ARKHIPOFF & LAURENT FETIS
出版社:  デザインエクスチェンジ
サイズ:  29×23cm(ハードカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

パリを拠点に活動するエリザベス・アーキポフとローラン・フェティスの共同作品集。「TAHITI80」のアートワークや、ロマン・コッポラの映画「CQ」のグラフィックなどそれぞれの作品に加え、二人で本作品集のためにコラボレートした新作も収録。 →表紙を拡大


「旅日和」

著者:  山本祐布子
出版社:  COTO
サイズ:  25×22cm(ハードカバー)
発行年:  2003年
価格:  1000円
状態・備考:  A

インテリアや人物、花などを切り絵とテキストでつづった大人へ贈る旅の絵本 →表紙を拡大


「続々 ダカフェ日記」

著者:  森友治
出版社:  集英社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2013年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

家族の日常の中にある、幸せで楽しい瞬間を父親が撮影し、ユーモアのきいた短文で綴る大人気写真ブログ『ダカフェ日記』。その写真集化の第3弾。今作は2009年1月から2012年4月までの日記を収録。 →表紙を拡大

 →このほかに「森友治」の本があるか調べてみる


「Mexicoガイコツ祭り」

著者:  緒川たまき
出版社:  ピエ・ブックス
サイズ:  18×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

メキシコの11月1,2日は「死者の日」。祭壇や墓地はガイコツで飾りたてられ、人々は楽しくお酒を飲み、おいしいものを食べ、唄い、踊って、明るく死者をまつります。緒川たまきが撮ったガイコツ祭り写真集。 →表紙を拡大


「SUN‐AD at work」

著者:  宣伝会議
出版社:  宣伝会議
サイズ:  23×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  2500円
状態・備考:  B

サントリーの宣伝部が独立し1975年の創立以来、サントリーやソニー、西武など、多数の大手国内企業の広告を手がけ、また仲畑貴志や葛西薫、東條忠義など、広告・CM業界で活躍する人材を多く輩出しているサン・アドのアーカイヴ。 →表紙を拡大


「蜷川実花展 地上の花、天上の色」

著者:  蜷川実花
出版社:  朝日新聞社
サイズ:  28×22cm(ハードカバー)
発行年:  2008年
価格:  1200円
状態・備考:  A

2008年から2009年にかけてに東京オペラシティアートギャラリーや岩手県立美術館、西宮市大谷記念美術館などで開催された蜷川実花の展覧会の図録。「花」「旅」「金魚」「人物」などをテーマにした代表作や、美大在学中のセルフポートレイトなど初期の作品、そして最新作までを収録。 →表紙を拡大


「まよなか midnight」

著者:  冬野さほ
出版社:  ブルースインターアクションズ
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

party、little tree、おじいさんの家へ行く、ともだち、など『NHKラジオ基礎英語』『CUTiE comic』等に掲載された作品を集めた作品集。 →表紙を拡大


「MAGIC!―illustration book,ICHIO Otsuka's」

著者:  大塚いちお
出版社:  誠文堂新光社
サイズ:  22×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

企業の広告やパッケージなどのイラスト、アートディレクション、キャラクターデザインなど幅秘匿活躍する大塚いちおの作品集。これまで手掛けた仕事やオリジナル作品を、原画を中心に本人の思考(ことば)やラフスケッチなども掲載。 →表紙を拡大


「鈴木信太郎展」

著者:  そごう美術館
出版社:  
サイズ:  25×24cm(ソフトカバー)
発行年:  1986年
価格:  800円
状態・備考:  A

西荻窪のこけし屋や学芸大学のマッターホーン、長崎銘菓のクルスなどのイラストでも知られる鈴木信太郎の展覧会の図版。1986年にそごう美術館で行われた際のもの。 →表紙を拡大


「ジャパニーズ・ウーマン―林静一画集」

著者:  林静一
出版社:  サンリオ
サイズ:  27×21cm(ハードカバー)
発行年:  1981年初版
価格:  2000円
状態・備考:  A

小梅ちゃんやはっぴいえんどのゆでめんジャケで有名な林静一による女性をテーマにした画集 →表紙を拡大


「KUNTZEL + DEYGAS (GAS BOOK)」

著者:  KUNTZEL+DEYGAS
出版社:  ビー・エヌ・エヌ新社
サイズ:  29×23cm(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

パリの有名セレクトショップ、「colette」のキャラクターで知られるCaperino & Peperoneの生みの親であるKuntzel + Deygasの作品集。 →表紙を拡大


「poemgraphy ほほえみ」

著者:  沼田元気
出版社:  ブルースインターアクションズ
サイズ:  26×19(ハードカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

沼田元氣氏が今まで試みてきた「ポエムグラフィ(散文詩+写真)」のベスト版。浅野忠信、清水ゆみ、英玲奈、美香・クレア、福田明子、安藤盟、瑠根子、成松阿留奈、鈴木さらさ‥‥などをモデルにした薔薇色の少女時間の文芸絵本 →表紙を拡大

 →このほかに「沼田元氣」の本があるか調べてみる


「続 ガクの冒険」

著者:  佐藤秀明
出版社:  20×18cm(ソフトカバー)
サイズ:  本の雑誌社
発行年:  1994年初版
価格:  500円
状態・備考:  B

ユーコンの旅のあと、鹿児島で優雅な生活をおくっていた年齢も十歳を越えたガクの最後になるかもしれないアラスカのノアタック川での旅を写真と文でつづる。 →表紙を拡大


「父の時代私の時代―わがエディトリアルデザイン史」

著者:  堀内誠一
出版社:  日本エディタースクール出版部
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

商業美術家、多田北烏の弟子だったという図案家の父親のアトリエでの話から、戦後、カメラメーカーのPR誌「ロッコール」のデザインを担当した時代や「アンアン」などの雑誌のエディトリアルデザインを担当した時代、そして絵本についてなど自身のことをつづったエッセイ →表紙を拡大


「花森安治集 衣裳・きもの篇」

著者:  花森安治
出版社:  JRC
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2012年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

戦後まもなく「婦人公論」「装苑」「美貌」などの雑誌に掲載されたスタイルブック、そして服や帽子や靴、ベルト、バッグ、アクセサリーなど服装についてのコラム・対談で構成。 →表紙を拡大

 →このほかに「花森安治」の本があるか調べてみる


「おとぎの国、ロシアのかわいい本」

著者:  小我野明子
出版社:  ピエブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

ロシア民芸に精通し、奈良でロシア雑貨店を営んでいる著者が、ノスタルジックでであたたかい、ロシア絵本を紹介。ロシア絵本コレクションを民話、詩、動物が活躍するお話/寓話、ロシアの作家、外国の作家のおはなし、勉強や遊びの本、マルシャーク作品に分類されている。 →表紙を拡大


「廃墟遊戯」

著者:  小林伸一郎
出版社:  メディアファクトリー
サイズ:  25×24cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  1500円
状態・備考:  A

日本列島縦断廃墟探訪。北海道から沖縄まで、10年間かけて日本列島を縦断し、廃墟探訪・取材した写真集。撮影地63カ所の廃墟の写真102点を収録。 →表紙を拡大


「ムンカッチ展 図録」

著者:  
出版社:  
サイズ:  29×24cm(ソフトカバー)
発行年:  1994年
価格:  1500円
状態・備考:  B

1994年に東京・小田急美術館で開催された「マーティン・ムンカッチ展」公式展覧会カタログ・日本語版。 →表紙を拡大


「17 9 ’97―Seventeenth September ninety‐seven」

著者:  蜷川実花
出版社:  メタローグ
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

蜷川実花の第一写真集。 →表紙を拡大