カヌー犬ブックス

カヌー犬ブックスは、食べものや飲みもの、暮らしに関するエッセイやレシピ、紀行文などの旅の本、手芸やハンドメイドといった趣味の本などを取り扱っているオンラインの古本屋です。

※本の題名と著者名のみの検索となります。また複数ワードの検索はできません。


What's New

新着本[2020.7.6]
  • 「グルテンフリーのパンとスープ マクロビだからカンタン。」−上原まり子−800円
  • 「月森紀子のナチュラルスイーツ」−月森紀子−700円
  • 「ベーグルマジック―べーグルサンドウィッチの本」−ウォーラー・マーティン&ちづ子−600円
  • 「フレーバーウォーター―野菜、果物、ハーブで作る」−福田里香−600円
  • 「世界一やさしいパン作りの本」−大原照子−700円

    新着本[2020.7.4]
  • 「こわくない夢―原マスミ作品集」−原マスミ−1300円
  • 「ドミトリーともきんす」−高野文子−700円
  • 「クレーの絵本」−パウル・クレー、谷川俊太郎−600円
  • 「マジカル・ミステリアス・マッシュルーム・ツアー」−飯沢耕太郎−900円
  • 「POLAROID LIFE―ポラロイド・ライフ」−モノグラム−700円


    新着本[2020.7.2]
  • 「こだま酒場紀行」−大竹聡−700円
  • 「お酒とつまみと友達と」−こぐれひでこ−700円
  • 「カクテルはいかが?」−行正り香−700円
  • 「わたしの紅茶生活―おいしい楽しい12ヶ月のティータイムズ」−山田詩子−700円
  • 「はじめてのコーヒー」−庄野雄治・堀内隆志−500円

    新着本[2020.6.30]
  • 「忍び草」−川崎長太郎−1000円
  • 「春鳥」−里見とん−1000円
  • 「積雪」−瀧井孝作−800円
  • 「私の美の世界」−森茉莉−900円
  • 「記憶の繪」−森茉莉−800円


  • カヌー犬ブックス日々の雑記

  • ソール・ライター展とホンマタカシ展(2020.3.7)
  • 2020年2月に読んだ本(2020.3.3)
  • 2020年1月に読んだ本(2020.2.6)
  • 古本の楽しみ方at SPBSギャラリー(2020.1.20)
  • 「動きの中の思索―カール・ゲルストナー」展@ギンザ・グラフィック・ギャラリー(2020.1.7)
  • 【読書メモ】「わたくしのビートルズ」(小西康陽)(2020.1.3)

  • facebookページ

    カヌー犬ブックスのfacebookページでも更新情報を掲載しています。
    →カヌー犬ブックスfacebookページ

    Twitter

  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る