カヌー犬ブックス


レシピ(全般) (全140件)

「私のおもてなし料理」

著者: ホルトハウス房子
出版社: 文化出版局
サイズ: 26×19cm
発行年: 1975年4刷
価格: 3000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
アメリカ人の技術者と結婚後、台湾やタイなどの海外生活を送り、料理の腕を磨き、雑誌「ミセス」でリビングの記事を執筆したり、鎌倉に洋菓子店「ハウス・オブ・フレーバーズ」をオープンさせた著者が、イースター・感謝祭・クリスマスなどの外国の祝日、また、春夏秋冬と季節に応じた、おもてなし料理が紹介。装幀:仲條正義 


「ラブおばさんのお嫁さんクッキング」

著者: 城戸崎愛
出版社: 鎌倉書房
サイズ: 19×26cm(ハードカバー)
発行年: 1984年13刷
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ラブおばさんこと城戸崎愛先生が、お嫁さんになるまでにぜひ覚えておいて欲しいという料理を写真とともにやさしく紹介。
【目次より】
「オムレツを焼いてみませんか?」「こんなモーニングメニューはいかが?」「野菜サラダは親友です」「ふっくらごはんを炊けますか」「おしゃれなごはんたち」「だし巻きたまごは日本のオムレツ」「菜飯でパーティを」「豚カツ、串カツ、カキフライ‥‥フライをマスターする」「お刺身と素敵につきあう法」「ほんとうのハンブルグステーキ」「肉おでんは日本のポトフです」「ドイツのおばあちゃん風ロールキャベツ」‥‥など


「ライス料理・めん料理」

著者:
出版社: 婦人生活社
サイズ: 18×18cm(ハードカバー)
発行年: 1973年初版
価格: 600円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
今田美奈子、江上トミ、河野貞子、門間和子といった料理家がおもてなしのご飯から季節の炊き込みご飯、洋風ご飯、中華風ご飯、丼もの、おにぎり、おはぎなどのご飯のレシピとうどんやそば中華めんなどの麺料理のレシピを紹介。 


「久司道夫のマクロビオティック四季のレシピ」

著者: 久司道夫
出版社: 東洋経済
サイズ: 26×19cm
発行年: 2004年初版
価格: 900円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
トム・クルーズ、マドンナなど、米国で300万人以上が指導を受け実践している事療法の世界的カリスマによる春夏秋冬の朝昼晩メニュー」のほか、「素材別アラカルト」「マクロ用ソース&ドレッシングの作り方」「砂糖・乳製品・卵を使わないスイーツ」「マクロ料理の基本」など、究極の「健康・美容・美味」レシピ 


「デイリーフード」

著者: 長尾智子
出版社: 文化出版局
サイズ: 26×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「野菜のつぶし方や火の通し方など料理のツボを切り口に、毎日のおかず〜デザートの長尾流裏技を紹介。ほんの小さなヒントが料理上手の近道。しっかり作って、一日の最後においしい一口を。」(紹介文より)
【目次より】
「ミジョテ 弱火で煮込む」「野菜のつぶし方」「酸っぱいはおいしい」「火の通し方あれこれ」「チリとマスタードの効用」「ときどきロースト、ときどきグリル」「クミンとエルブ・ド・プロヴァンス」「デザート」‥‥など 


「スープの本」

著者: 南風食堂
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 26×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年2刷
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「いい匂いがして、土の、自然の、素材のいのちがその中に溶け込んでいるのがわかる。スプーンを口に運ぶころには、ちょっと顔が笑ってしまう―スープの幸せを届けてくれる、40のレシピと物語。それは、料理ユニット『南風食堂』の、スープをめぐる旅」(紹介文より)
【目次より】
「大地―素材の味をまるごと楽しむポタージュ」「雨―雨の日のヌードルスープ」「芽が出る―野菜、ハーブが主役のスープ」「芽が育つ、種ができる―豆、穀物が主役のスープ」「木と花―根菜が主役のスープ」「太陽と花とはちみつ―おもてなし感のあるスープ」「山と牧場―お肉や野菜を煮込んだスープ」「港町―いろんな港町を思わせるスープ」「家―南風食堂の定番スープ」 


「ケンタロウの島ごはん」

著者: ケンタロウ
出版社: アスコム
サイズ: 26×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ラフテーや5種類のチャンプルー、タイ風つくね、生春巻き、揚げ春巻き、揚げ鶏のスイートチリソース、沖縄てんぷら、切干大根のパパイヤ風サラダ、ヒラヤーチ、ゴーヤのおひたし、、タコライス、鶏肉バジルのっけご飯、ナシゴレン、シンガポールチキンライス、タイカレーやフォー、パイナップルケーキ、サーターアンダギー、ちんすこう風クッキー‥‥など、沖縄をはじめとしたの島料理レシピを紹介する 


「とびっきりの、どんぶり」

著者: 小林ケンタロウ
出版社: 文化出版局
サイズ: 18×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年12刷
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
肉も野菜もたっぷりのボリューム丼から小どんぶり、基本の丼ものまで52点のどんぶりものと付合せの小鉢と汁のレシピを紹介。 


「マクロビオティックのスープ」

著者: 奥津典子
出版社: アスペクト
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
吉祥寺の人気マクロビオティックスクールorganic baseの主任講師でる著者が、ほっとリラックスしたいとき。朝、食欲がないとき。夜遅くに食べるとき。胃を休めたいとき。体調を立て直したいとき‥‥など、簡単でおいしく、心にもからだにもやさしい野菜たっぷりのスープを紹介
【目次より】
「野菜だけでスープが美味しくなる7つの話」「元気な素材を選ぶには」「皮も端も、可能な限り丸ごと使う」「野菜だけで出汁をとる」「食感や香りでバリエーションを」「調味料の選び方、使い方」「やさしい火加減」「陰陽のバランスをととのえる朝SOUP 朝スープのコツ」「もやしたっぷりのパスタ入り味噌汁」「白菜の塩もみサラダ」「スクランブル豆腐」「甘酒とりんごの葛湯」「梅醤麦茶スープ」「暑い季節の朝の味噌汁」「寒い季節の朝の味噌汁」「スープを美味しくする調味料」‥‥など


「ホルトハウス房子の世界でいちばんおいしいカレー」

著者: ホルトハウス房子
出版社: PHP研究所
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2015年初版
価格: 900円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
16種類のカレーと32種類のカレー料理レシピとエッセイを掲載。1976年に刊行されたベストセラー「カレーの秘伝」を再編集、改題し復刊した本で、時代に合わせたレシピの変更や新たな写真を収録。 


「加藤美由紀の小さい子どもがよろこぶメニュー―何度も作ってあげたいおかず」

著者: 加藤美由紀
出版社: 文化出版局
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
男の子を出産してから約7年、日々成長する子どもと、家庭料理にくつろぎを求める夫に好評だった料理を紹介。食べたら名前も味も覚えてくれて、「また作って」と言われる料理でありながら、なるべく手早く、身近な食材と調味料で作れるレシピを紹介する 


「高山なおみの料理」

著者: 高山なおみ
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 26×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2005年2刷
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「味を見ておいしいと感じたら、それが料理の作り方。あなたの体が知っていた料理の作り方。手、舌、鼻、耳、目、五感をフルに使って自分の「おいしい」を見つけてゆく高山流のレシピ集。」(紹介文より)
【目次より】
「すり鉢であたる(モンゴルだれ/スイートチリソース/ごまみそマヨネーズ‥‥など)」「粉をねる(丸パン/プレーン食パン/アイスボックスクッキー‥‥など)」「鍋でコトコト煮る(鶏ガラスープ/塩豚/黒豆のゆで方‥‥など)」‥‥など 


「常備菜」

著者: 飛田和緒
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2014年24刷
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
時間がある時に少しまとめて作ってストックしておけば、夕食や朝食はもちろんお弁当にも使える常備菜を紹介。紹介されているレシピも肉や魚のおかず、野菜のおかず、乾物や卵を使ったものまでバラエティ豊かです。 


「ごはんですよ」

著者: なかしましほ
出版社: 文藝春秋
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2015年4刷
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
お菓子の工房foodmood(フードムード)のなかしましほによる初のごはんレシピ集。手に入りやすい材料で手間をかけずに、でもおいしいごはんのレシピを紹介。 


「まあるいごはん」

著者: こぐれひでこ
出版社: 流行通信社
サイズ: A4版
発行年: 1987年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
気のおけない仲良しと楽しく一夜を過ごすための、そして簡単でおいしくておしゃれな料理を、すてきな絵日記形式で紹介。「スーパー・エクストラ・エクスプレス・ディナー」「寒い日のプチ・ディナー」「ヘルス・コンシャス・ディナー」「大人のランチ・バスケット」「7色パレットのディナー」・・・・など 


「わいんのある12ケ月」

著者: 高橋雅子
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 25×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2010年初版
価格: 700円 [Sold Out]
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ワインが大好きという著者が、旬の食材を使って、思い立ったらパッと作れるもの、気どらず、お箸でいただけるもの、みんなでわいわい楽しくつまめるもの、お子さんだって一緒においしく食べられるもの‥‥などワインに合うメニューを紹介する。 


「ロイヤルホテルの家庭料理」

著者: 暮しの手帖社版
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 26×19cm
発行年: 1986年3刷
価格: 1700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ロイヤルホテルの料理長が季節、費用のことなどを考えながら、家庭でもできる本格的なホテルの料理をプロセスの写真も添えつつ、作り方を丁寧に解説する。「暮らしの手帖」3世紀2号から37号までに掲載されたものをまとめた本。「アスパラガスのクリームソース」「ロールキャベツ」「ポークソテー」「チキンライス」「イタリアンサラダ」「ひらめのオリーブ焼き」「いちごのムース」「カスタードプディング」「フルーツスープ」・・・・など 


「のんびり作るおいしい料理」

著者: 高山なおみ
出版社: レタスブック
サイズ: 26×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年8刷
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
エスニックと和食のレシピ。「春野菜と豆の蒸し煮」「春キャベツのおひたし」「そら豆の春巻き」「プラムソーダ」「ゴーヤのオムレツ」「食欲みその卵のっけご飯」「みょうがのおむすび」「れんこんとえびのゆで餃子」「洋風おでん」「半熟煮卵」・・・・など 


「ラブおばさんの子供料理教室」

著者: 城戸崎愛
出版社: 鎌倉書房
サイズ: 26×19cm(ハードカバー)
発行年: 1988年4刷
価格: 800円 [Sold Out]
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
東京會舘・パリコルドンブルーで料理を学び、NHK「きょうの料理」や料理本を出版している著者が、材料、準備、手順が写真で見やすく、わかりやすく解説した子供のためのレシピ集。
【目次より】
「みんながすきなごちそう(ベーコンエッグ/フルーツサラダ/ハンバーガー/はるまき‥‥など)」「春におすすめのごちそう(ちらしずし/さくらんぼのボンボン/サンドウィッチ‥‥など)」「夏におすすめのごちそう(ひやし中華/プディングプラムソースぞえ/アイスクリーム‥‥など)」‥‥など 


「セカイのきんぴら」

著者: 飯島奈美
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
お酒も飲めるしごはんもすすみメインのおかずをひきたてる「きんぴら」の本。アジア・アフリカからヨーロッパ・アメリカ、そしてちろん日本と、世界中のさまざまな家庭で受け継がれたレシピを各国のひとに教わり紹介するきんぴらをさがす旅のエッセイ


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る