カヌー犬ブックス


レシピ(西洋料理) (全26件)

「イベットジローの家庭料理」

著者: イベット・ジロー
出版社: 主婦の友社
サイズ: 18×18cm(ハードカバー)
発行年: 1972年12版
価格: 1000円
状態: C+/カバーシミ、イタミ、ビニールカバーなし
▼ 本の紹介 ▼
シャンソン歌手のイベット・ジローが、フランスでも美味の土地として知られているペリゴール地方とブルターニュ地方生まれの2人の祖母から教わった本場のフランス家庭料理を紹介
【目次より】
■肉料理:「プロバンス風牛肉料理」「ニース風子牛肉の煮込み」「ロレーヌ風豚料理」「詰め物入り鶏のまる煮」「ウサギのラム酒煮」■魚料理:「貝とえびの前菜/プロバンス風たい料理」「マルセイユ風たら料理:」「プティット・ブイヤベース・ジロー」「モン・サン・ミッシェル風揚げ魚」■野菜料理:「ニース風ラタトゥイユ:」「じゃがいもとハムのグラタン」「玉ねぎのクルスタード/セロリのスフレ―」■フランスの生活の中から:「いっしょにお茶を」「王様の日のお菓子/ドラジェ」「ビュッシュ・ド・ノエル」‥‥など


「フランスふだんのおそうざい」

著者: 大森由紀子
出版社: 柴田書店
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年3刷
価格: 1000円 [Sold Out]
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
簡単に手に入る材料で手軽に出来る/街角のビストロやブラッスリーで味わえるそんなフランスの「いつもの味」「故郷の味」を、簡単に手に入る材料で手軽に出来るレシピを紹介。

 →このほかに「大森由紀子」の本があるか調べてみる
【目次より】
「手軽に焼いて(牛肉のソテー黒こしょう風味/牛肉のグリルとベアルネーズソース‥‥など)」「煮ものは気楽に(ブランケット・ド・ヴォライユ/鶏肉のマレンゴ風‥‥など)」「ゆったり前菜(ウッフ・アン・ムーレット/卵のフロランティーヌ風‥‥など)」「しゃれた一品(クスクス/ミトネ・オー・レ‥‥など)」「てまなしデザート(フロマージュ・ブランとマロンクリーム/ヨーグルトのレアチーズケーキ風‥‥など)」‥‥など


「フランスの常備菜―前菜、主菜、デザートの手軽な作りおきレシピ」

著者: 大森由紀子
出版社: 角川マガジンズ
サイズ: 25×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年初版
価格: 1000円 [Sold Out]
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
学習院大学フランス文学科卒業後、パリのル・コルドン・ブルー、リッツ・エスコフィエ料理学校などで料理、菓子を学んだ著者がオイルマリネやピクルス、コンポートなど、フランス伝統の保存食=コンセルヴを紹介。フランスでも毎日食べられているような家庭料理を中心に、身近な材料を使って、簡単に作れる“おうちフレンチ”のレシピ集。

 →このほかに「大森由紀子」の本があるか調べてみる


「フランス地方のおそうざい―かんたんレシピと地方のワイン」

著者: 大森由紀子
出版社: 柴田書店
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年2刷
価格: 1100円 [Sold Out]
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
フランスの地方でふだんにつくられてきた、フォン(だし汁)などをほとんど使わずに素材の持ち味を生かしたおそうざい約60品を紹介。

 →このほかに「大森由紀子」の本があるか調べてみる
【目次より】
「フランス地方の地図」「おそうざいがよりおいしくなる地方のお話」「おそうざいレシピとワイン」「時間差で楽しむフランス料理」「ワインは身近で気軽な存在」「ブルターニュ、ノルマンディ、北フランス」「イル・ド・フランス」「南西部 バスク」‥‥など


「家庭でできるイタリア料理」

著者: 婦人之友編集部
出版社: 婦人之友社
サイズ: 21×15cm(ハードカバー)
発行年: 1974年初版
価格: 1500円
状態: B-
▼ 本の紹介 ▼
1970年代初め、若者の間でスパゲッティやピザが人気になってきたことを受けて、イタリアのシェフから教わったイタリアの料理を紹介。スパゲッティやピザだけでなく、ソースやスープ、肉料理や野菜料理、魚料理、ごはんもの、サラダ、お菓子までイタリアの料理のレシピを写真とともに幅広く掲載している


「村上信夫の西洋料理―本場の味を出す秘訣」

著者: 村上信夫
出版社: 経済界
サイズ: 新書判(ソフトカバー)
発行年: 1979年18刷
価格: 800円 [Sold Out]
状態: B-
▼ 本の紹介 ▼
帝国ホテルの料理長を26年間務め、NHKの「きょうの料理」の講師としてフランス料理を家庭に広めた著者が、本場の西洋料理を家庭でおいしく作る「秘訣」をまとめた本。ごまかしのきかない基本料理のつくり方からさじ加減一つで失敗してしまう味の微妙なものまで、料理人が作り出す味のコツを紹介しています。各メニューでポイントとなる部分がまとめてあったり、専門家の秘密などのコーナーなど、テキストが多いですが、わかりやすくまとめてあります。
【目次より】
「肉料理の秘訣」「魚料理の秘訣」「野菜料理の秘訣」「卵料理の秘訣」「ご飯料理の秘訣」「スープの秘訣」「ソースの秘訣」「サラダの秘訣」「サンドイッチの秘訣」「デザートの秘訣」‥‥など


「パトリス・ジュリアンの手軽に作れるおしゃれフレンチ―ビストロごはん」

著者: パトリス・ジュリアン
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 25×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 600円 [Sold Out]
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
フランス家庭料理、毎日の「ビストロごはん」を紹介する。

 →このほかに「パトリス・ジュリアン」の本があるか調べてみる
【目次より】
「基本のだし&ソース(昆布とシイタケのだし/緑の野菜のテリーヌ・サラダ風/チキンブイヨン/オニオンスープ‥‥など)」「メインディッシュ(ポークジンジャー&トロトロカリカリポテト/チキンのフリカッセ‥‥など)」「おつまみ・サラダ・サイドディッシュ(アサリのマリニエール/エビの春雨唐揚げ‥‥など)」「デザート・おやつ(リンゴの焼き餃子/甘酒クレープwithイチゴのコンポート)‥‥など」‥‥など


「パリの晩ごはん」

著者: 安田知子
出版社: 平凡社
サイズ: 21×16cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 800円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
2005年よりパリ在住のライター・写真家が、パリに住む、年齢も、職業も、生活スタイルも異なるさまざまな人たち17組の食卓と1軒のレストランを取材した晩ごはんを紹介した本。レストランなどでのかしこまった食事ではなく、パリに住む人たちが普通にいつも食べている家庭料理が紹介されています
【目次より】
「今日のお昼ごはんはおふくろの味、フルコース」「穏やかな週末、家族でテーブルを囲む」「お惣菜屋さんの食卓、休日はゆっくりと楽しむ」「パリ16区、エレガントなお昼ごはん」「友人との晩ごはん、まずはアペリティフから」「オムレツのあとは甘くほろ苦いデセールを」「今夜はニースの晩ごはん。こだわりのファルシを」「一日のはじまりはシンプルなサラダから」「作家×ダンサーの食卓、メインは新鮮なフルーツ」‥‥など


「キッシュ―パリっ子のお気に入り」

著者: 渡辺早苗
出版社: 雄鶏社
サイズ: 26×21cm(ソフトカバー)
発行年: 1995年2版
価格: 600円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「キッシュを知っていますか?キッシュは、フランスロレーヌ地方発祥の、卵・生クリーム・牛乳・チーズなどの入った甘くないタルトです。タルトの生地の作り方さえ覚えてしまえばフィリング(中に入れる詰め物)を工夫するだけでバリエーションが広がっていく手作りに最適のメニューです」(カバー裏紹介文より)


「西洋料理のこつ シェフからあなたへ」

著者: 柴田卓三
出版社: 婦人之友社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1984年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
日比谷「松本樓」シェフが「経済性」「科学性」「合理性」を取り入れた西洋料理のコツ、レシピを紹介する。
【目次より】
「オードブル」「ソース」「スープ」「魚貝料理」「牛肉料理」「豚肉料理」「とり肉料理」「挽肉料理」「ラム・レバー料理」「卵料理」「カレー・米・麺料理」「野菜料理」‥‥など


「オードブル」

著者: 飯田深雪
出版社: 婦人画報社
サイズ: 26×19cm(ハードカバー)
発行年: 1982年9版
価格: 1200円
状態: B/函イタミあり
▼ 本の紹介 ▼
食事につく前に食欲をうながすために出される前菜=オードブルのレシピを、すぐにできるものからパーティのためのものまで紹介する。
【目次より】
「生ハムとメロンのオードブル」「カナッペ」「芝えびソテー」「こはだのマリネ」「うずら卵のさんご作り」「かにのシャンティー」「バルケット・ド・レータンス」「かきのモルネー焼き」「コクテール・ミート・パイ」‥‥など

 →このほかに「飯田深雪」の本があるか調べてみる


「家庭料理全書 西洋料理」

著者: 辻勲
出版社: 婦人画報社
サイズ: 27×19cm(ハードカバー)
発行年: 1966年34版
価格: 1200円
状態: B/少しイタミあり
▼ 本の紹介 ▼
日本割烹学校の在学生、新入生のための「基礎となる西洋料理」をまとめたもので、むずかしいものはさけ、毎日、毎日、家庭で食べる伝統的な家庭料理に必要なものを中心にしている。

 →このほかに「辻勲」の本があるか調べてみる


「パトリス・ジュリアンの男の料理 30分でできるフレンチ」

著者: パトリス・ジュリアン
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2000年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
あなたとあなたの部屋を訪れる彼女のために、パトリス・ジュリアンが36のレシピを写真をたくさん使ってわかりやすく紹介。調理法やプロの料理人がするみたいな盛りつけ方、テーブルセッティング、部屋の雰囲気づくりにいたるまで、順番に説明する。」(紹介文より)

 →このほかに「パトリス・ジュリアン」の本があるか調べてみる
【目次より】
「なすとカッテージチーズのグリルサンドイッチ」「シーフードと野菜の欧風炒め」「えびのコンフィにんにく風味」「ミント風味のグリーンピーススープ」「メロンと生ハムのポルト風味」「ジャパニーズ・ピクニック」「ベランダ・バーベキュー」‥‥など


「ママンの味、マミーのおやつ」

著者: 大森由紀子
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
27歳で渡仏。パリの「ル・コルドン・ブルー」にて料理、菓子を学び、その後も毎年、フランス地方を巡るツアーを企画し、アルザス、ブルターニュ、プロヴァンス、バスクなどフランスをほぼ一周するという著者が、フランス料理やお菓子にまつわる興味深い話を織り込みながら、フランス滞在中の珍体験をつづる。「下町の匂いと高級住宅地のデザート」「パティシエに求められるもの」「パリで料理教室が大流行って…」「フレンチレストラン、デビューの顛末」「フランス全土、マカロンの旅」「ショコラ賛歌」「コルシカのヤギと羊のチーズのお菓子」「手でちぎっちゃったガトー・バスク」‥‥など

 →このほかに「大森由紀子」の本があるか調べてみる


「スパイス料理」

著者: ルイーズ・スティール(訳:豊岡真美)
出版社: CBSソニー出版
サイズ: 28×14cm
発行年: 1988年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「スパイスの効いた料理は、だれにでも喜ばれます。香りや刺激には無限に近い、バラエティがあります。マイルドなものから強烈なものに至るまで、誰でも楽しめる料理を一冊にまとめました。」(カバー裏紹介文より)


「オードブル」

著者: ジューン・バッジェン(訳:浜田すみ子)
出版社: CBSソニー出版
サイズ: 28×14cm(ソフトカバー)
発行年: 1988初版
価格: 700円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「簡単に作れるオードヴルばかりを集めました。特別な料理には、オードヴルがあって完全と言えるでしょう。少し豪華な気分になりたいときには、本書を開いてオードヴルを一品作ってみませんか。作り方の手順をわかりやすくカラー写真で紹介する本書は、他に類をみないユニークなものです」(紹介文より)


「フランス料理おいしさのエッセンス―季節を奏でる48の皿」

著者: 緑川広親
出版社: 柴田書店
サイズ: 26×21cm(ハードカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 2000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
京王プラザホテルのメインダイニング「アンブローシア」で実際に評判の高かった料理を中心に、「味の12カ月」として月替わりで48品紹介。健康、そして美食。時代のキーワードをキャッチしたシンプルなフランス料理の数々を1品につき4ページを使い、迫力ある料理写真と作り方で構成


「ケーク・サレ―フランスで覚えたお惣菜ケーキ」

著者: 八田真樹
出版社: 文化出版局
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ケーク・サレとは、フランス生まれの甘くないお惣菜のケーキ。生地のベースは、卵とチーズ。バターや砂糖は使わず、軽やかに仕上げます。野菜、肉、魚‥‥など具をお好みの具をいれることでさまざまなバリエーションを楽しむことができます。
【目次より】
「卵ベースのケーク・サレ(基本のケーキ・生ハム×カラーパプリカ×玉ねぎ」「ウィンナーソーセージ×キャベツ×粒マスタード」「ウィンナーソーセージ×ヘーゼルナッツ×レーズン‥‥など)」「バターベースのケーク・サレ(基本のケーキ・ウィンナーソーセージ×玉ねぎ」「ハム×コーン×カレー」「スモークサーモン×ドライトマト×アーモンドスライス‥‥など)」「甘い具を入れたケーク・サレ(甘納豆×粉チーズ」「さつまいも×ごま」「オレンジピール×グラン・マルニエ)」‥‥など


「フランスのおもてなし14のスタイル」

著者: パトリス・ジュリアン
出版社: 文化出版局
サイズ: 28×21cm
発行年: 1997年4刷
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
四角と丸の二つのシンプルなテーブルを使って、14のスタイルのおもてなしと、それにふさわしい料理をコースメニューで紹介。「日常生活をアートする」、「恋人とブランチ」、「ブルターニュ地方のように」、「クリエイティブ、ナチュラル、エレガンス」、「プロヴァンスの夏の日」、「ビストロで一緒に」、「エレガンスとファンタジー」、「農家の一夜」、「エスニック色の夕べ」、」、「食卓の世界、キッチンの世界」・・・・など


「フレンチシンプルレシピ」

著者: 川上文代
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年2刷
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「こんなに簡単なのに、本物の味がするのには、訳がある! トマトの詰め物オーブン焼き、チーズのはちみつがけ、野菜と卵のピクルス、ニース風サラダ、牛肉の赤ワイン煮など、著者の人柄が伝わる温かいレシピ満載」(紹介文より)


「スープ」

著者: ローナ・ローズ(訳:中川紀代子)
出版社: ソニーマガジンズ
サイズ: 28×14cm(ソフトカバー)
発行年: 1995年5刷
価格: 700円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「スープはメニューのなかでもっとも種類が多く、いろいろな楽しみ方ができます。肉、野菜、シーフード、卵、豆といった素材の幅広さだけでなく、その組み合わせや味つけも、実にさまざまなバリエーションがあります。また、スターターや軽いスナックとしてだけでなく、ちょっとボリュームを加えたスープは、それだけで立派な食事にもなります。本書では、110種類以上のスープを、手順をおってわかりやすく紹介します。冬の食卓に欠くことのできない温かい一品から、夏に最適な冷たいスープまで、世界各国のオリジナル・スープをとりあげました」(カバー裏紹介文より)


「旬を楽しむ ラ・クチーナ・エスプレッサ―五感でつくるスピード・クッキング」

著者: 小西雅子、上南昭子
出版社: 生活情報センター
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
クチーナは“料理”、エスプレッサは“早い”という意味。旬の素材を手早く調理して美味しく食べるって言ったって、どうしたらいいのか?単なるスピード料理ではなく安易に加工品には頼らず「段取り」よく、「旬の食材」を「コンロをフルに活用」して「さっと」短時間で調理するレシピを人数やシーンに合わせて紹介。あとはゆっくり家族との食事を楽しみ趣味や自分の時間を持つことができます


「ナチュラル・ホールフード・クックブック―ロンドン・ニールズヤード・ベーカリー」

著者: ニールズヤードベーカリー
出版社: モーリスカンパニー
サイズ: 26×19cm
発行年: 1997年初版
価格: 2000円
状態: B/背ヤケ
▼ 本の紹介 ▼
健康志向のレストランメニュー。有機栽培・無農薬・無添加・無漂白の食品。料理・菓子・パンの200のレシピを具体的に健康に関連づけ、さらに食素材350の栄養学的な解説をつけて紹介する


「わが家で作るイタリア料理―前菜からデザートまで基本レシピ75」

著者: ヘリーン・シーゲル(訳:川勝里美)
出版社: 白水社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1996年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「大好きなイタリア料理、でも自分で作るのはちょっと……、レストランの味にせまる自信がないと考えているあなたに待望の本がついに登場。目からウロコのイタリア料理の基本の極意が、前菜からデザートにいたる豊富なレシピとともに満載。この一冊でイタリア料理はあなたのもの」(紹介文より)


「ラ・ベットラの定番スパゲティ」

著者: 落合務
出版社: 幻冬舎
サイズ: 24×17cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
銀座の人気イタリアンレストラン「ラ・ベットラ」のパスタメニューをすべてスパゲティに応用したスパゲティレシピ47品と、お湯が沸く間にさっと作れる前菜レシピ12品を紹介。
【目次より】
「にんにくと赤唐辛子」「しいたけと春菊」「モッツァレラ+パルミジャーノ」「ナポリ風トマトソース」「揚げなすのせ」「ジェノバ風ペースト」「カルボナーラ」「カレー粉と海老とマッシュルーム」‥‥など


「パスタ―イタリアを食べる本」

著者: 西川治、木村浩子
出版社: 日本ヴォーグ社
サイズ: 21×19cm(ソフトカバー)
発行年: 1991年初版
価格: 600円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
「祝福された者の祝福された食物―イタリアのパスタ」「パスタのゆで方のお勉強しよう」「メニューをじっくり見よう」「ベーシックなパスタ」「トマトソースのパスタ」「香草、野菜のパスタ」「海の幸のパスタ」「新しいパスタ」‥‥など

 →このほかに「西川治」の本があるか調べてみる


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る