カヌー犬ブックス


イギリス・アメリカ文学(カ行) (全18件)

「ケンブリッジ・クインテット」

著者: ジョン・L・キャスティ(訳:藤原正彦・美子)
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
発行年: 1998年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
1949年、イギリスのケンブリッジに、知の巨人たち5人が集まった。物理学者C・P・スノウ、哲学者ヴィトゲンシュタイン、遺伝学者ホールデイン、ノーベル物理学賞のシュレーディンガー、数学者チューリング。彼らはディナーを共にしながら、人工知能の可能性について、白熱する議論を闘わせた。小説の未来を切り拓くスリリングな知の小説


「あの素晴らしき七年」

著者: エトガル・ケレット(訳:秋元孝文)
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 2016年初版
価格: 900円 [Sold Out]
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
「初めての息子の誕生から、ホロコーストを生き延びた父の死まで。七年の万感を綴る、自伝的エッセイ集。戦闘の続くテルアビブに生まれ、たくさんの笑いを運んできた幼い息子。常に希望に満ちあふれ、がん宣告に「理想的な状況だ」と勢い込んだ父。現代イスラエルに生きる一家に訪れた激動の日々を、深い悲嘆と類い稀なユーモア、静かな祈りを込めて綴った36篇。世界中で人気を集める掌篇作家による、家族と人生をめぐるエッセイ集。」(紹介文より)


「麻薬書簡」

著者: ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ(訳:諏訪優、飯田隆昭)
出版社: 思潮社
サイズ: 単行本
発行年: 1966年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
1963年、作家として知られるようになった頃のバロウズ作品。バロウズとギンズバーグ、麻薬に魅入られた二人の間に交わされた手紙。麻薬と売春、酒と窃盗、むせかえるような景色に彩られた南アメリカ、身を売る少年・・・・

 →このほかに「ウィリアム・バロウズ」の本があるか調べてみる


「我が町、ぼくを呼ぶ声」

著者: ウィリアム・ゴールディング(訳:井出弘之)
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
発行年: 1980年初版
価格: 800円
状態: B+
▼ 本の紹介 ▼
「蝿の王」で知られ、1983年にはノーベル文学賞を受賞した著者の1967年の作品。イギリスの田舎町の人々の生態を具体的に明確な輪郭をもって描き、そこを脱出した主人公が、遠く離れてもその町のモラルから逃れられないという苦悩を描く


「壜の中の手記」

著者: ジェラルド・カーシュ(訳:西崎憲)
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2002年初版
価格: 800円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
「ビアスの失踪という米文学史上最大のミステリを題材に不気味なファンタジーを創造、エドガー賞に輝いた「壜の中の手記」、無人島で発見された奇怪な白骨に秘められた哀しくも恐ろしい愛の物語「豚の島の女王」など途方もない奇想とねじれたユーモアに満ちた語り/騙りの天才カーシュの異色短篇集。」


「野球引込線」

著者: W.P.キンセラ(訳:永井淳)
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
発行年: 1992年初版
価格: 600円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
「アイオワ野球連盟」や「シューレス・ジョー」で有名なキンセラの野球ものだけを集めた短編集


「この世の果ての家」

著者: マイケル・カミンガム(訳:飛田野裕子)
出版社: 角川書店
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1991年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「幼くして何かを失い、孤独を抱えて育ったボビーとジョナサン。二人は出会い、親友となる。結ばれた強い絆は、互いの家族を癒し、そして傷つけ、時と共にみな離れ離れになっていく。時を経て再会した二人は、年上の女性クレアを交えて共同生活を始める。新たに築かれた奇妙な絆―だが、幸福とはほど遠い。そんななか、三人に子供が生まれる。かけがえのない家族の日々が、ようやく、彼らに訪れようとしていた…。かつてない繊細で詩的な描写と圧倒的なストーリーテリングで、その才能を高く評価されたマイケル・カニンガム・十四ヶ国で翻訳された、代表的傑作。」(紹介文より)


「宮殿泥棒」

著者: イーサン・ケイニン(訳:柴田元幸)
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1997年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
努力家タイプの謹厳実直な中年会計士、天才的な兄と比較される凡庸な弟、かつては劣等生でいまや産業界の大立者になった元教え子に翻弄される老いた高校教師・・・・。普段あまり脚光をあびることのない優等生たちのほろ苦人生を、親身にやさしく、絶妙な筆運びで描いた珠玉の中篇集


「もつれっ話」

著者: ルイス・キャロル(訳:柳瀬尚紀)
出版社: れんが書房
サイズ: 単行本
発行年: 1978年4刷
価格: 700円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「高名な童話作家、ルイス・キャロルは、一方でオックスフォード大学の講師に弱冠23才で就任するほどの数学者でもあった。そのキャロルが、数学者としての一面をいかんなく発揮したのが本書である。奇抜で楽しく数頓狂なキャロルランドの住人たちを次つぎに登場させ、もつれにもつれた数学的パズルを仕掛ける。このもつれ目を解くべく集った迷答、珍答、怪答の数々。さて正解は?読者の知性を刺激するハイセンスな、コント・パズルの本」


「馬を愛した男」

著者: テス・ギャラガー(訳:黒田絵美子)
出版社: 中央公論社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1990年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
カーヴァーと晩年をともに過ごした妻であり、詩人でもある著者の処女小説集。平凡な日常を生きる人々の、心の奥に潜る痛みと弱さを、抑えた筆致で描いた12篇を収録


「七月の寒い朝」

著者: ロン・コビック(訳:白城八郎)
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
発行年: 1977年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「アメリカのベトナムでの負けいくさがかくも正確に、なまなましく、壮絶にかかれたことは、これまでになかった。戦友を殺し、幼児を殺し、みずからも傷ついた若い海兵隊員。こうした若ものたちの痛烈な経験と意識が、いまアメリカを変えつつある」(帯より)「7月4日に生まれて」というタイトルでオリヴァー・ストーン監督によって1989年に映画化された作品


「アメリカ大逃走」

著者: ジョー・コットンウッド(訳:三谷貞一郎)
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1981年初版
価格: 1200円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「ぼく、ウィリー・クルーソー。アメリカ大陸に漂着したロビンソン・クルーソーだ。警官殺しの濡れ衣をきせられて、北緯40度線を突破する旅に出る――大都市の裏通りに、ロッキー山脈の廃鉱に、ひそかに根をはって生きる『ポテト』に出会うために。このぼくらの時代のロビンソン・クルーソーの冒険こそ、『イージー・ライダー』の次にきたアメリカの青春だ。(中略)ケルアックの『路上』の伝統を、いま、ここに生き生きとよみがえらせて、著者コットンウッドはアメリカで最も注目される作家の一人となった。主人公ウィリーとともに、ほんとうのアメリカの姿を発見させてくれるだろう」(カバー裏紹介文より)


「カメレオンのための音楽」

著者: トルーマン・カポーティ(訳:野坂昭如)
出版社: 早川書房
サイズ: 単行本
発行年: 1983年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
現実にあった残虐な連続殺人事件と刑事の絶望的な戦いを描く中篇「手彫りの柩」、表題作「カメレオンのための音楽」などの短篇、マリリン・モンローについてのスケッチといわれる「うつくしい子供」などを収録した本


「犬は吠えるII 詩神の声聞こゆ」

著者: トルーマン・カポーティ(訳:小田島雄志)
出版社: 早川書房
サイズ: 単行本
発行年: 1988年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「「冷血」以前に書かれた新たな文学ジャンルへの試み。ノンフィクション・ノヴェルの先駆となった標題作ほか、全3編で構成するルポタージュ集」(帯より)


「犬は吠えるI ローカル・カラー/観察記録」

著者: トルーマン・カポーティ(訳:小田島雄志)
出版社: 早川書房
サイズ: 単行本
発行年: 1988年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「遊星のようにさまよい、いつも遠くを見つめていた。文壇登場以来三十年間に世界中で出会った様々な人、場所、もの−天才作家の珠玉の散文集」(帯より)


「真夏の航海」

著者: トルーマン・カポーティ(訳:安西水丸)
出版社: ランダムハウス講談社
サイズ: 単行本
発行年: 2006年初版
価格: 500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
2004年11月「冷血」の成功で富を手にしたカポーティが、ブルックリンにある古いアパートを引き払った際、残していった荷物のなかから発見された幻のデビュー作。59丁目を右に曲がり、車は横滑りにクイーンズボロー橋を暴走した。橋の下では船のサイレンがむなしく響いていた‥‥。グレディ17歳。ニューヨークを無軌道に疾走する危険なラブ・ストーリー


「岸辺の踊子たち」

著者: ウィリアム・メルヴィン・ケリー(訳:浜本武雄)
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
発行年: 1973年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
1964年に発表された短編集。作者の幼児体験を元にしたものから老人や貧しい人々を通じて奴隷制自体の「民族の記憶」を追求したものなど、各作品に幾人かの共通した登場人物を配置させることでその世界観を描いています


「地下街の人びと」

著者: ジャック・ケラワック(訳:古沢安二郎)
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
発行年: 1990年8刷
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ぼくは美しい黒人マードゥに夢中だ。最初にぼくらが寝たのは、チャーリー・パーカーを聴いたシスコの暑い夜で、それから二カ月、ぼくらは毎晩、酒やドラッグやセックスに酩酊していた・・・・。「路上」「禅ヒッピー」に続いて1958年に発表された作品


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る