カヌー犬ブックス


暮らしの本 (全63件)

「本日晴天、お片づけ」

著者: 伊藤まさこ
出版社: 筑摩書房
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2018年初版
価格: 900円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
増えていく洋服や器の収納、冷蔵庫の中の残り物、物置きになっているソファやテーブルの上、財布の中に溜まるレシート、片付かなくて焦ってばかりの日々‥‥人生を楽しく変える、お片づけのあれこれを解決する

 →このほかに「伊藤まさこ」の本があるか調べてみる


「作ること、暮らすこと」

著者: 井山三希子
出版社: 情報産業センター
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2008年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
神奈川県は藤野に窯を構える作陶家である著者が、愛知県の瀬戸窯業訓練校を卒業し、分からないことだらけのまま独立した日々や陶芸についてつづった本。
【目次より】
「藤野の暮らし(青木さんの話/古い家を活かす‥‥など)」「作ること(愛媛1993〜1997/静岡1997〜2000‥‥など)」「食べること(台所/器と食‥‥など)」「選ぶこと(ものを選ぶ/日本の古い器‥‥など)」「出会うこと(出会い/RARI YOSHIOさん‥‥など)」‥‥など


「台所のニホヘト」

著者: 伊藤まさこ
出版社: 新潮社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2013年初版
価格: 600円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
お鍋にごはん、食器棚――うちでいちばん、気持ちいい場所という著者が、台所まわりで実際に行っている家事をご紹介。「イロハ」の次の、毎日の暮らしをバージョンアップさせる鍵が詰まった写真エッセイ

 →このほかに「伊藤まさこ」の本があるか調べてみる
【目次より】
「鍋が好き」「『普通』がいちばん」「春は新もの」「ウォークイン食器棚 ひだりがわ」「ウォークイン食器棚 みぎがわ」「コラム 理想の台所」「おいしいごはんを食べるため」「うちのカレー」「たいせつな料理本」‥‥など


「全生活カタログ」

著者: アーネスト・カレンバック(訳:エコトピアグループ)
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 1983年初版
価格: 2000円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
アーネスト・カレンバックは1975年にユートピア思想の影響や過剰消費へのアンチテーゼが盛り込まれた「エコトピア」というSF小説を出版した作家。この本では「アパート探し」や「借金」、「電子レンジ」「家庭内の危険物」「クルマの維持」といったトピックを五十音順に説明した80年代の“エコトピア”版ライフハック


「すてきなあなたに2」

著者: 暮しの手帖版
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2003年15刷
価格: 800円
状態: A-/函少しイタミあり
▼ 本の紹介 ▼
「暮しの手帖」に掲載された暮らしの中のひと工夫や簡単にできる一皿などを1月から12月に分けて紹介したシリーズの2冊目。
【目次より】
「苺のムース」「ふたつの帽子」「なんでも帖」「雨のパリ祭」「浅草橋のほとり」‥‥など

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「すてきなあなたに3」

著者: 暮しの手帖版
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1994年2刷
価格: 1000円 [Sold Out]
状態: A-/函少しイタミあり
▼ 本の紹介 ▼
「暮しの手帖」に掲載された暮らしの中のひと工夫や簡単にできる一皿などを1月から12月に分けて紹介したシリーズの3冊目。
【目次より】
「春という字」「母のスリッパ」「漁師のサラダ」「眠れない夜」「お月さまのこと」「ぶどうパン」「パリも冬」など

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「独白ニュースレター」

著者: 松浦弥太郎、長尾智子
出版社: DAI-X出版
サイズ: 15×13cm
発行年: 2005年初版
価格: 700円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
「旅先での仕事を終えて、目的もなくジャムを煮る。行き交う車がとぎれるまで、道ばたでページを操る。料理研究家の長尾智子と書籍商・文筆家の松浦弥太郎が春夏秋冬、互いの『一人の時間』を伝え合った往復書簡集」(帯より)

 →このほかに「松浦弥太郎」の本があるか調べてみる
 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「大橋歩の生活術」

著者: 大橋歩
出版社: マガジンハウス
サイズ: 26×21cm
発行年: 2001年初版
価格: 600円
状態: B-/背ヤケ
▼ 本の紹介 ▼
いつもの朝食、お弁当、幸せなソファ、くらしの傍らにあるアート・・・・。大橋歩のセンス溢れる「食」と「生活」を凝縮した1冊。

→このほかに「大橋歩」の本があるか調べてみる
【目次より】
「朝はいつも同じもの」「昼はたいがいお弁当」「おやつが楽しみ」「普通の調味料」「来客のもてなし」「洋食でもてなす」「おいしい食器」「私の仕事場」「犬を飼う」「拾ったうさぎ」「対談:高橋みどり×大橋歩」・・・・など


「ナチュラリスト志願」

著者: ジェラルド・ダリル、リー・ダレル、監修:開高健、(訳:日高俊敏、今泉みね子)
出版社: TBSブリタニカ
サイズ: 25×19cm(ソフトカバー)
発行年: 1991年初版
価格: 1500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
家の庭から野・森・山・川・湖沼・海へと野外探索の旅は広がる。自然を生きる人のための実践行動マニュアル。
【目次より】
「ナチュラリストを志すにあたって」「根拠地(ホーム・グラウンド)でのナチュラリスト」「採草地や低木列でのナチュラリスト」「低木地帯でのナチュラリスト」「草原のナチュラリスト」「森のナチュラリスト(落葉樹林で、針葉樹林で)」「山のナチュラリスト」「水辺のナチュラリスト(池や小川で、沼沢地で)」「海辺のナチュラリスト(砂浜で、岩場で)」「ナチュラリストと未来」「解説 自然を細かく見つめる眼」‥‥など


「英国生活物語」

著者: W.J.リーダー(訳:小林司、山田博久)
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1983年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「19世紀後半、ヴィクトリア朝時代、イギリスは七つの海を支配し、陽の沈むことなき」「繁栄を謳歌した。と同時に、近代社会の諸矛盾を世界ではじめて体験することになる。学校、鉄道、住宅、郵便、移民、病院、スポーツ、娯楽、さまざまな領域で、この時代のイギリスが生みだし、その後の民衆生活の基盤を形作った書物・風俗のなりたちを描き、その背後に流れる自覚されざる時代の精神を浮かびあがらせる。」(カバー裏紹介文より)
【目次より】
「ヴィクトリア朝の英国人」「ジェントルマンとして生まれれば――その生活と職業」「農場主と農民」「都市の誕生――はるか故郷を離れて」「ロンドン生活事情I――最低辺の人びと」「ロンドン生活事情II――豊かな上層労働者階級」「専門職と学校教育――医師、弁護士、機械技師」「中産階級のイギリス」「我々は史上最大の領土を有す――ひとつの時代の終わり」‥‥など


「東京の空の下オムレツのにおいは流れる」

著者: 石井好子
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 18×12.5cm
発行年: 1998年6刷
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」に続くオムレツシリーズの続編

 →このほかに「石井好子」の本があるか調べてみる


「日曜日のアイデア帖―ちょっと昔の暮らしかたで楽しむ十二か月」

著者: 大平一枝
出版社: ワニブックス
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2010年初版
価格: 700円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
味噌や梅などの簡単な手仕事、贈り物の粋な工夫、季節の気配を感じ暮らす方法‥‥など、“ちょっと前の日本の暮らし方”から発見した心がゆたかになるヒントを月毎にイラストとともに紹介する


「ごきげん!ひとり暮らしの本」

著者: 平野恵理子
出版社: 講談社
サイズ: 19×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 500円
状態: B/背ヤケ
▼ 本の紹介 ▼
ひとり暮らし歴16年、平野流、あらゆる場面にお役立ちのひとり暮らし術70を文章とイラストで紹介。

→このほかに「平野恵理子」の本があるか調べてみる
【目次より】
「快適網戸」「テーブルウェアを骨董市で」「トイレにムーンカレンダー」「プロショップをねらえ」「かたくなに布団派」「ひとり用を選ぶな!」「引っ越しノート」・・・・など


「柳の芽」

著者: 森田たま
出版社: 美和書院
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1956年初版
価格: 1000円
状態: B/函イタミありまた経年によるシミなどあり
▼ 本の紹介 ▼
鼻緒や打ち水、浴衣など夏の日の風景など日本の昔ながらの風景をつづった随筆集

→このほかに「森田たま」の本があるか調べてみる


「をんな随筆」

著者: 森田たま
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
発行年: 1962年初版
価格: 1000円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「雪のふる町」「着物への執念」「アイロンのかかった肌着」「着物のいのち」「絹の美しさ」「こぎん」「うら若草」「老年の思ひ」「ひまの忙しさ」「青葉かげ」「装幀」「自画像」「人生の設計」「ピクルス」「女の飲みもの」「パンと経済」「好きなお菓子」「デンマークの“きりたんぽ”」「アンネのかくれ家」「銀座とわたし」新しいたのしみ」「好きな美人」「正しい日本語」‥‥など

→このほかに「森田たま」の本があるか調べてみる


「暮しの文化史」

著者: 高橋邦太郎
出版社: ダヴィッド社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1957年初版
価格: 2000円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
ハンケチ、ネクタイ、手袋、酒、茶、たばこ、おべんとう、すし、皿、新聞、切手、日記‥‥など、日本人の日常生活になくてはならない身のまわりの品々について、そのいわれ、由来、起源を解説したエッセイ集


「エプロンメモ」

著者: 大橋芳子編
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2007年22刷
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
たべもの、着るもの、住まい、おしゃれ、人とのおつきあい、こども、からだなど、家庭の中でのちょっとした思いつきや工夫をメモにした「暮しの手帖」での連載をまとめたもの。春、夏、秋、冬と4つの季節に分けて1159篇を紹介。


「家のある風景」

著者: 清水一
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 1960年初版
価格: 2000円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
大成建設で、ホテルオークラ、ホテルニューオータニなどを手がける一方、随筆家としても活躍した著者が、建築やインテリアをテーマに、暮らしにまつわることをつづったエッセイ


「住まいの四季」

著者: 清水一
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 1956年初版
価格: 2000円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
大成建設で、ホテルオークラ、ホテルニューオータニなどを手がける一方、随筆家としても活躍した著者が、すまいや暮しにまつわることについてつづったエッセイ集


「すばらしき日曜日」

著者: 暮しの手帖社版
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 単行本
発行年: 1993年初版
価格: 800円
状態: B/カバーイタミあり
▼ 本の紹介 ▼
「日曜日のすごし方」というテーマで読者から募集した「暮しの手帖」での連載を1冊にまとめたもの。ちょっと晴れがましいような特別な休日から、ごく当たり前の休日、休日らしい休日のないひとなど、人それぞれ涙あり、笑いあり休日の過ごし方が載っています

→このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「おいしい時間をあの人と」

著者: 伊藤まさこ
出版社: 朝日新聞出版
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 2017年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
矢野顕子、美内すずえ、、黒木華、片桐はいり、是枝裕和、菊池亜希子、穂村弘、阿川佐和子、杉本哲太、依田龍一、串田和美、川内倫子‥‥などいった人たちの対談集。

→このほかに「伊藤まさこ」の本があるか調べてみる


「文明人の生活作法」

著者: 玉村豊男
出版社: 鎌倉書房
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1981年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「こんにち文明国と呼ばれる国に住む文明人のはしくれは、いったいどんな生活作法を心得ておればよいのか、と言うことについて考えた、タメになるようなならないような、役に立つような立たないような、よくわからないけれど、とにかく読んでみると面白いネ」(帯より)

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「ル・ベスベ花物語」

著者: 高橋郁代
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2010年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
東京・青山の花屋さん「ル・ベスベ」の店主が「花職人」になるまでから理想の花屋について、花についての思い、日々の暮らしなどをつづる


「暮らしのヒント集」

著者: 暮しの手帖編集部
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年4刷
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「まいにちの暮らしを美しくする469の工夫とアイデア。ここにならんでいるいくつかのヒントのなかでふと目についた項目を読んでみてください。たぶん、ああそうだったということになるでしょう。しあわせな暮らしとは目に見えない心持ちや、ちょっとした工夫、やさしさ、ていねいさです。人気連載の単行本化!松浦弥太郎編集長による本文収録」(帯より)

→このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「好きな理由」

著者: 高橋みどり
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 21×15cm(ハードカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 600円
状態: B/カバー上部少しイタミ
▼ 本の紹介 ▼
「ここらへんでもう一度私の好きなものを見つめて、好きの基準を知っておこう。そうして自分流の気持ちのいい生活を始めよう。革の鞄、コート、布の耳、朝の過ごし方、高知の一日」

→このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「暮らしを美しくするコツ509」

著者: 暮しの手帖
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 700円 [Sold Out]
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「いつもすっきりと片付いた部屋で暮らすために大切なこと。いつもの料理をさらにおいしくするコツを、和・洋・中のメニュー別に紹介。洗濯前から干し方、そしてアイロンがけまで。上手に洗って、きれいに仕上げる工夫。無理をしないで健康的にやせるために気をつけたいこと、守りたいこと。いつでも安らかに心地よく眠るための、知っておきたい快眠の知識。…『暮しの手帖』よりぬき知識集。編集長・松浦弥太郎による書き下ろしエッセイ収録」(紹介文より)

→このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「てしごとのしおり」

著者: 矢崎順子
出版社: BNN
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2010年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
単なる懐古的な位置づけとしての『和のものづくり』に焦点を当てるのではなく、新しい切り口で伝統的な技術と向き合ってものづくりをしている作家や、職人や作家とともにてしごとの魅力を現代的な視点で伝えているショップを紹介。実際にてしごとを体験できる教室の紹介や、それらを体験したあとに楽しめる下町散歩マップなども併録


「新しいおとな」

著者: 石井桃子
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 2014年3刷
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「よい本を、もっとたくさん。ゆたかな読書体験と「かつら文庫」の実践から生まれた、子ども、読書、絵本、本づくりをめぐる随筆集。」(紹介文より)

→このほかに「石井桃子」の本があるか調べてみる


「みがけば光る」

著者: 石井桃子
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 2013年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
変わりゆく日本という国のこと、ことばについて、友だちのこと、恋愛観、暮らしのあれこれ‥‥明治・大正・昭和・平成を、作家、翻訳家、編集者として子どもの本の世界に生きた石井桃子の随筆集。

→このほかに「石井桃子」の本があるか調べてみる
【目次より】
「きれいな手」「仏頂づらは不道徳」「根無草」「外がわと内がわ」「脳を使わない人」「人間くささ」「みがけば光る」「『文化の日』に考える」「いそがしい世の中」「ある連想」‥‥など


「高山おふとんシネマ」

著者: 高山なおみ
出版社: 幻冬舎
サイズ: 18×14cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
著者が「テレビは寝室の押入れにあり、本を読むのもたいてい布団の中。そこは安心できる日常の場所でもあると同時に、宇宙の果てまでもつながるような不安定で無防備なところでもあり“自分の感じ”を味わえる場所」という布団の中で見て、聴いて、感じた、映画や音楽や本のこと、生や死や大切な人のことをつづる。
【目次より】
「おおみそかのどん兵衛」「スクリーンのむこう側」「ホントウの関係」「ようじんさん」「本の記憶、ことばの記憶」「教わったこと」「山小屋の夏」「思い出したこと」「見上げた青空」「赤いずきん」‥‥など

→このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る