カヌー犬ブックス


音楽・映画の本 (全75件)

「珍盤亭娯楽師匠のレコード大喜利」

著者: 和ラダイスガラージ
出版社: 東京キララ社
サイズ: 17×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2016年初版
価格: 1200円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
「『和ラダイスガラージ』DJ陣の中でもっとも『和』を重んずる珍盤亭娯楽師匠によるフロアを狂喜乱舞させるレコードガイド。『音頭』に『演歌』に『祭り唄』‥‥。ダンスミュージックの概念を大きく変える『和ラ本』第2弾!!」(紹介文より)


「テクノイズ・マテリアリズム」

著者: 佐々木敦
出版社: 青土社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 1000円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
若い世代に絶大な人気を誇る音楽、テクノ。テクノの起源にさかのぼり、初期の電子音楽から、大友良英の変遷やデレク・ベイリーのフリー・インプロヴィゼーション、ジョン・ケージの「4分33秒」などを通じて「テクノ」や「音響」について語る。何人かで1分とか2分とか時間を決めてそのときに聞こえるものをすべて書き出してみて、お互いに読み上げてみるというサウンドエデュケーションなども興味深い


「テルミン―エーテル音楽と20世紀ロシアを生きた男」

著者: 竹内正実
出版社: 岳陽舎
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2000年初版
価格: 1200円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
1920年シンセサイザーのルーツとも言われる、接触しないで演奏する楽器がロシアで生まれた。えも言われぬ調べを奏でるこの楽器の発明者、レフ・テルミンの数奇な運命を辿る


「ユリイカ1989年12月臨時増刊 総特集ヌーヴェル・ヴァーグ30年」

著者:
出版社: 青土社
サイズ: 22×14cm(ソフトカバー)
発行年: 1989年
価格: 1200円
状態: B+
▼ 本の紹介 ▼
トリュフォー・ゴダール・ロメール・シャブロル・リヴェットなどのヌーヴェル・ヴァーの映画批評から、J.L.ゴダール・大島渚・C.ミレール・J.ドワイヨンらへのインタビュー作家論などを収録したユリイカ増刊のヌーヴェル・ヴァーグ特集


「20世紀号ただいま出発 久保田二郎 BRUTUS BOOKS」

著者: 久保田二郎
出版社: マガジンハウス
サイズ: 28×21cm(ソフトカバー)
発行年: 1977年
価格: 1200円
状態: B-/波打ち
▼ 本の紹介 ▼
マガジンハウス、ブルータスブックス第1号。ジャズ評論家でエッセイストの久保田二郎が、1920〜30年代アメリカについての幅広い話題について案内するビジュアルブック。
【目次より】
「プリンストン大学に残るF.S.フィッツジェラルドの足跡」「30年代ギャング・ファッションの源はハリウッドだった」「旧作・名作、深夜劇場のスーパー脇役たちに花束を」「ジャズ史に輝くオースチン高校の健気な少年たち」「ハリウッド音楽の重鎮、ジョニーグリーン」「金メダルのサーフライダー、デユーク・カハナモク」「ディズニーの片腕W・キンボールは男の夢の代行者」「ペン・ホテルはビッグバンドの故郷だった」「リッチな香り、華麗な響き、都会派作曲家コール・ポーター」‥‥など


「ジャズの本」

著者: ラングストン・ヒューズ(訳:木島始)
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1977年18刷
価格: 600円
状態: B+
▼ 本の紹介 ▼
黒人音楽の始まりからビー・バップまでのジャズの歴史をヒューズならではの時点から解説した本。ブルースについての記述もあり。イラストが素敵です


「女子とニューヨーク」

著者: 山崎まどか
出版社: メディア総合研究所
サイズ: 19×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2012年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「SEX AND THE CITY」「プラダを着た悪魔」「ゴシップ・ガール」「恋は邪魔者」‥‥といった映画やドラマ、さまざまなゴシップ、ヴォーグとハーパース・バザーのライバル関係などからニューヨークの女性文化の歴史をたどった本


「猫とミュージシャン」

著者: 文:佐々木美夏、写真:三浦麻旅子
出版社: スペースシャワーネットワーク
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 700円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
ミュージシャンに愛された猫たちのアルバム。それぞれの音楽家たちの幼少からの猫遍歴、猫体験、いま飼っている猫との出会い、猫が音楽生活にどのように役立っているのか、名前の由来、日々どんな風に慰められているのか‥‥などについて語っている。
【目次より】
「フミ(POLYSICS)―かまちはなんでも知っている」「河野丈洋(GOING UNDER GROUND)―眺めのいい部屋の箱入り娘」「福岡晃子(チャットモンチー)―子供ができたらこんな感じ?」「黒沢秀樹―You've got friends and cats」「エマニュエル小湊―キノコホテルの従業猫」「杉真理―迷子や捨て子の駆け込み寺」「うつみようこ―女3人の共同生活」「浅田信一―人生のパートナー」「菜花知美(detroit7)―ロックンロール・キャッツ」「牧野元(ザ・カスタネッツ)―僕の同居猫だったマルさんについて」「ワタナベイビー―僕のグリ&クロ」「遠藤賢司―猫が住めなくなったら人間もおしまい」‥‥など


「ドファララ門」

著者: 山下洋輔
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2015年2刷
価格: 1000円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
エッセイストとしての文才も発揮しているジャズピアニスト・山下洋輔による、自らの音楽的ルーツを求めて、明治・大正・昭和・平成と時空間も国境もを自在に駆け巡る奇想の自伝。祖父は司法大臣、大伯父は感化院創設者、音楽学校に憧れ毎日ピアノを練習する明治45年生まれの女性だった母とドファララ門で再会し自らのルーツが次第に明らかになっていく‥‥
【目次より】
「次男洋輔、戦時下に誕生」「三歳児、空襲と疎開を体験する」「『洋輔はもうピアノに触っていた』」「初恋、代田橋に散る」「菊代、夢路を歩く」「新天地で、菊代弾く」「『これをやりなさい』と、母菊代」「坂道の果てで」「小山家創世記」「三味線女房」‥‥など


「たましいの場所」

著者: 早川義夫
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2011年5刷
価格: 800円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
1960年代後半にロックバンド、ジャックスのメンバーとして活動した後、1972年に町の本屋の主人として暮らしていた著者が、20数年後、歌手として再出発した後に発表したエッセイ集。


「ポップス黄金時代 1955〜1964―ロックン・ロール誕生からリバプール・サウンド登場まで」

著者:
出版社: シンコーミュージック
サイズ: 25×19cm(ソフトカバー)
発行年: 1987年初版
価格: 1500円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
当時日本で唯一のポップス専門誌であった「ミュージック・ライフ」の10年間の記事をほぼ順を追って再生したもの。


「「タワレコ女子ジャズ部」のお料理レシピみたいな音楽案内」

著者: タワレコ女子ジャズ部
出版社: 駒草出版
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 700円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
「タワレコ女子ジャズ部」が“食事と音楽"をテーマに、「DEAN&DELUCA」の料理レシピとコラボした音楽案内。毎日の忙しい朝から、ちょっと一息入れたいランチやブランチ、ふだんのディナーから特別な日まで、リラックスした気持ちで、気分がぐっと上がる音楽を紹介する。


「ハワイ音楽パラダイス―虹のアロハ・スピリット」

著者: 山内雄喜、サンディー
出版社: 北沢図書出版
サイズ: 19×13cm(ソフトカバー)
発行年: 1997年初版
価格: 700円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
ハワイの音楽とこころを知り尽くした二人が語り明かした対談集。ハワイの音楽の歴史や楽器、踊り、バンドなど、音楽の世界を幅広く紹介。ハワイ音楽のCDガイド付き。
【目次より】
「ハワイとその音楽(中村とうよう)」「前口上―メネフネは生きている」「楽器の話」「踊りの話」「人・音楽の話」「アラニの人生論」「サンディーのこころ」「終わりの口上」


「ソフトロック A to Z」

著者: VANDA
出版社: 音楽之友社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年4刷
価格: 800円 [Sold Out]
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
主に1966年以降1975年頃までのメロディとハーモニーが中心の心地良いポップ・ミュージック、ソフト・ロックのガイドブック。197アーティストのバイオグラフィーとアルバムを紹介


「地平線の相談」

著者: 細野晴臣・星野源
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 2017年3刷
価格: 700円
状態: A+
▼ 本の紹介 ▼
2007年から『TV Bros.』で連載中の大人気対談「地平線の相談」がついに書籍化。1981年生まれの星野源さんが音楽の師と仰ぐ、1947年生まれの大先輩・細野晴臣さんに、日常のゆる~い困り事から、仕事の心配、最近の心もよう、ダイエット問題、男女関係の深い悩み事まで人生相談。


「GODARD MUSE―perfect style of Godard's World」

著者: マーブルブックス
出版社: マーブルトロン
サイズ: 22×17cm(ソフトカバー)
発行年: 2013年初版
価格: 1000円
状態: B+
▼ 本の紹介 ▼
映画界の巨匠・ゴダールに才能を見出され愛されたヌーヴェルヴァーグを彩った女優たちを集めた本。アンナ・カリーナ、ブリジット・バルドー、ジーン・セバーグ、シャンタル・ゴヤ、アンヌ・ヴィアゼムスキー‥‥など、時代を超えたミューズたちの魅力を「勝手にしやがれ」「小さな兵隊」「女は女である」「女と男のいる舗道」「軽蔑」‥‥といったゴダール映画とともに紹介する。


「ザ・ビーチ・ボーイズコンプリート〈2001〉」

著者: VANDA
出版社: シンコーミュージック
サイズ: 25×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 1600円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
デビューから40年、初期のみならず近年の世界的な再評価も著しい「ペットサウンズ」、そして各自のソロ活動に至るまで写真を満載したビーチ・ボーイズのコンプリートブック。97年刊に新たなデータを加えた最新版。


「ウィリアム・クラインのミスター・フリーダム」

著者: Q.U.I.
出版社: 光琳社
サイズ: 22×18cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年初版
価格: 1200円
状態: A-
▼ 本の紹介 ▼
1968年の5月に完成したウィリアム・クラインの映画『ミスター・フリーダム』は、ポップでスラプスティックな政治風刺劇。余りの過激さに各国で議論を巻き起こした全貌を写真・インタビュー等で解明する


「ジャケガイノススメ―Beautiful Covers」

著者: 土橋一夫&高瀬康一編
出版社: 毎日コミュニケーションズ
サイズ: 20×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
思わずジャケ買いしてしまいそうな美しいジャケットで、なおかつジャズ、ソフトロック、ボサノバ、イージーリスニング、映画音楽など内容もおすすめのオリジナル・アナログ盤をオール・カラーで紹介するディスクガイドブック。松尾清憲、杉真理、サエキけんぞう、鴨宮諒、渚十吾、黒沢秀樹(L⇔R)、片岡知子、長門芳郎、牧村憲一、金沢寿和、大江田信、森勉、鷲尾剛、土橋一夫、高瀬康一といった執筆陣による自身のジャケ買い体験を綴ったコラム「ジャケガイトワタシ」も掲載


「Weird movies a go! go!(Number:01)」

著者: プチグラパブリッシング編
出版社: プチグラパブリッシング
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「ロリータ」「軽蔑」「ジュテーム・モア・ノン・プリュ」など、20世紀の映画が造ってきたロリータたちとその世界を特集

→このほかに「プチグラパブリッシング」の本があるか調べてみる


「Weird movies a go! go!(Number:02)」

著者: プチグラパブリッシング編
出版社: プチグラパブリッシング
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 1999年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ソフィスティケイテッド・コメディ大特集。お洒落で都会的、シニカルでポップなラヴ&セックス・コメディをまとめて紹介。アメリカ黄金期のスクリュー・ボール・コメディからブラック・ユーモア溢れるブリティッシュ・コメディ、ヌーヴェル・ヴァーグ期のフレンチ・コメディ‥‥など

→このほかに「プチグラパブリッシング」の本があるか調べてみる


「Weird movies a go! go!(Number:03)」

著者: プチグラパブリッシング編
出版社: プチグラパブリッシング
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
アメリカから東欧、西欧、アジア、日本にいたるまで世界中のあらゆるアニメーション作品・作案を網羅

→このほかに「プチグラパブリッシング」の本があるか調べてみる


「珈琲と雑貨と音楽と―鎌倉のカフェから“好き”をかたちに」

著者: 堀内隆志
出版社: NHK出版
サイズ: 21×13cm
発行年: 2006年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのマスターによる、店のこと、人、もの、音楽との出会いの話」(帯より)
【目次より】
「店を始めたときの話」「鎌倉のこと」「コーヒー豆のこと」「doisへの道のり」「グッズのこと」「カポエイラシューズのこと」「claroを始めたわけ」「ブラジル音楽のこと」「domingoのこと」‥‥など

→このほかに「堀内隆志」の本があるか調べてみる


「ポップ中毒者の手記(約10年分)」

著者: 川勝正幸
出版社: DAI-X出版
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年4刷
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ホッパーを同志と日本へ呼び、デビュー前のスチャダラパーを小泉のFMで押し、ヴィアンの幻の映画を発掘し、ゲンスブール&バーキンのライヴ・ヴィデオを配給。好きだけじゃ終わらない。病が高じて、「火中の栗を拾う(新明解参照)」エディターが書いた初のポップカルチャーコラム集。


「ディモンシュ 日曜のコーヒー的なシアワセ」

著者: 堀内隆志 ほか
出版社: アスペクト
サイズ: 17×12cm(ソフトカバー)
発行年: 2000年初版
価格: 700円
状態: B/表紙少しイタミあり
▼ 本の紹介 ▼
1994年に開店した鎌倉のカフェ、カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ。その店長が友人や知り合いたちと、1995年2月から不定期に発行していたフリーペーパー「ディモンシュ」をまとめた本。小柳帝、長門芳郎、田中和之、岡尾美代子、根本きこ、常盤響、川勝正幸 ほか

→このほかに「堀内隆志」の本があるか調べてみる


「メッセージ・フロム・チェコアート」

著者: 小宮義宏
出版社: アーティストハウスパブリッシャーズ
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
パヴェル・コヴェツキー、ミハエラ・パヴラートヴァー、ヨゼフ・ラダ、ミロスラフ・シュチェーネク、ヨゼフ・チャペック‥‥など、美術監督ごとにチェコアニメーション作品をカラー写真も交えて紹介。また絵本や陶器、人形劇など、チェコの多彩な文化をアーティストからのメッセージとともに紹介。


「アートアニメーションの素晴らしき世界」

著者:
出版社: エスクアイア・マガジン・ジャパン
サイズ: 26×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2002年3刷
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
人形、粘土など三次元の事物を使用したものや、その他の特異な方法で製作されたアートアニメーションの歩みや代表的な製作者の紹介、活躍中の現役アーティストたちなどへのインタビューを収録。
【目次より】
「インタヴュー(浅野忠信、佐伯日菜子、しまおまほ、塚本晋也、市川実和子‥‥など)」「アンケート(優香、やまだないと)」「活躍中の現役アーティストたち(川本喜八郎、峰岸裕和、野村辰寿‥‥など)」「川本喜八郎が語る『不射之射』の撮影秘話」「アート・アニメーションの歩み」「アレクサンドル・アレクセーエフ」「ラウル・セルヴェ」「ユーリー・ノルシュテイン」「中国人形アニメーションの歴史」「痛烈な風刺と深い感情、キャラクターとストーリーの絶妙な混淆」「―イタリア・アニメーションの代表格ブルーノ・ボゼットと私 和田収」「民営化以後の新作が待たれるチェコ・アニメ界の異端児」「日用品を使った奇想天外なアイディア群」「現代英国を代表する、クレイ・アニメの多彩な才能と作品の宝庫」「チェコアニメの新しい波 小宮義宏」「ヤン・シュヴァンクマイエルとの対話」「ブラザーズ・クエイとの対話」「ルネ・ラルーとの対話」「となりのハヤオ ルネ・ラルー」‥‥など


「天国にいちばん近い悲しみ」

著者: 安井かずみ
出版社: 新書館
サイズ: 17×17cm(ソフトカバー)
発行年: 1971年5刷
価格: 3500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
新書館フォアレディースシリーズの1冊。安井かずみによるエッセイや散文、詩や宇野亜喜良のカットなどを収録


「レコード買いに」

著者: 落合恵
出版社: ミルブックス
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2008年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
イラストレーターである著者が「ネオアコ」と称される音楽をイラストレーション、エッセイ、レコードレビューと、様々な角度から描いた作品集。


「風花空心」

著者: 東野翠れん、湯川潮音
出版社: リトルモア
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 600円 [Sold Out]
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
日々の小さな出来事を東野翠れんがポラロイドにおさめ、その写真に湯川潮音が言葉をつづった本


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る