カヌー犬ブックス


音楽・映画の本 (全61件)

「亀渕昭信のロックンロール伝〜ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした」

著者: 亀渕昭信
出版社: ヤマハミュージックメディア
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 1500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ラジオ番組「オールナイトニッポン」の人気DJにしてニッポン放送元代表取締役社長が、自伝風に洋楽ポップス史、50〜60年代カルチャーについてつづった本 


「ビートルズ&アップルマテリアル With ブリティッシュビート二クス」

著者: 和久井光司
出版社: 音楽出版社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2002年初版
価格: 1400円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
バットフィンガーから、モンティ・パイソンまで、ビートルズを中心とする人脈を網羅した、ビートルズ&アップル・レーベルのカタログ 


「MUSICAANOSSA 9×46 DISC GUIDE」

著者: MUSICAANOSSA
出版社: アスペクト
サイズ: 21×17cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
池田正典、伊藤陽一郎、黒田マナブ、小西康陽、小林径、松田岳二など、46人のDJ、ライター、アーティストが、ムジカノッサ(ポルトガル語で“僕達の音楽”)をキーワードに、自分の大好きなマイブーム盤を紹介。 


「モッズ・ビート・ディスク・ガイド」

著者:
出版社: シンコーミュージック
サイズ: 26×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2000年
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
60年代のソウル、ビートバンド、ジャズから、レアグルーブ、ネオモッズ、90年代のアシッドジャズまでモッズが愛した曲をコンセプトしたディスクガイド 


「ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム 写真集+映画ブックレット」

著者:
出版社: アルタミラミュージック
サイズ: 29×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2004年
価格: 1200円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
映画「ザ・ゴールデン・カップスワンモアタイム」の写真集・映画ブックレット。フォトグラフ集、ヒストリー&ディスコグラフィ、コラム、メンバーによる座談会等を収録。 


「ノスタルジックTVグラフ―愛と青春の60&70年代キャラクター・ブック」

著者:
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 24×18cm(ソフトカバー)
発行年: 1992年3刷
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
悪魔くんや怪獣ブースカ、仮面の忍者赤影、藤枝梅安、探偵物語といった日本の作品から、ナポレオンソロ、バットマン、超人ハルクなど外国作品まで、1960年代から1970年代にかけて流行ったテレビ番組などのキャラクターを紹介 


「フィルム・ノワールの光と影」

著者: 遠山純生編
出版社: エスクァイアマガジンジャパン
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 1999年初版
価格: 1500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「ゴダール、トリュフォーがあこがれ、スコセッシ、ヴェンダース、さらにはタランティーノ、コーエン兄弟にまで影響を及ぼした「フィルム・ノワール」とは何なのか?“闇の映画”「フィルム・ノワール」の秘密を解き明かす。」(紹介文より)
【目次より】
「フィルム・ノワール注解」「どのような過去から逃れて?―B級フィルム・ノワール注解」「フィルム・ノワールのいくつかの視覚的主題」「フィルム・ノワール・ポスター集」「フィルム・ノワールの俳優たち」「論考 60年代以後のフィルム・ノワール」「フィルム・ノワール代表作品解説」‥‥など 


「地獄の映画館」

著者: 小林信彦
出版社: 集英社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1982年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「幅広いジャンルのエッセイやコラムを手がけ、小説家としても著名な小林信彦のエッセイ集。『地獄の読書録』、『地獄の観光船』に続く三部作の映画編。人気連載『はみ出し映画天国』、『上段から〈絶望ギャグ〉まで』、『恋愛映画への正体』等を収録」(紹介文より) 


「話は映画で始まった part2 女編」

著者: 高平哲郎
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 1984年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「仕事、友情、恋、夢、子育て―― さまざまな分野で活躍する12人の女たちが、ほんのり酔いながら語る、とっておきの話! 倍賞美津子、竹下景子、矢野顕子、木の実ナナ、桃井かおりなど、やさしく、激しく、楽しく、いまを生きる女たちの魅力を満載。」(紹介文より) 


「GOOD TIME MUSIC」

著者: 鈴木カツ
出版社: VIVID BOOKS
サイズ: 17×11cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 2000円
状態: B/背ヤケ
▼ 本の紹介 ▼
「グッドタイムな名盤を405枚紹介。ソフトロック、AOR、宅録、ボサノヴァ、ハワイアン、アメリカンノスタルジア、カントリーフォークスウィング、ネオジャイブ&ジャンプ、USA、アコースティック、グッドタイム、ドリームタイム、沖縄音楽などを、ジャケット写真付きで徹底紹介」(紹介文より) 


「BACK TO BASICS 70年代ソウル」

著者: ソウルロマンチカ
出版社: 学陽書房
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年3刷
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「70年代のソウルを「現在のポップ・ミュージックの基本」という側面から考え、その期間に活躍したアーティストやアルバムを紹介。ジャズ・ファンクやブルー・アイド・ソウルも入ったソウル・ガイド」(紹介文より)
【目次より】
「FUNK」「MOTOWN(Invictus・Hot Wax)」「CHICAGO」「PHILADELPHIA」「VOCAL GROUPS」「SOLO SINGERS」「SOUTHERN DEEP SOUL」「JAZZ,BLUES’N SOUL」「BLUE‐EYED SOUL」「ライヴ・アルバム12選」‥‥など 


「ネクスト・ジェネレーション―ロック&ポップ・ディスクガイド1980‐1998」

著者: 伊藤英嗣
出版社: ブルースインターアクションズ
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「1980年から1998年前半にかけてファースト・アルバムを発表した外国人アーティストの作品を紹介。コーネリアスの小山田圭吾や少年ナイフの山野直子らのインタビューも収録」(紹介文より) 


「PoP 90’s(3)レゲエ・ディスクガイド」

著者: 石井“EC”志津男
出版社: 音楽之友社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「ライターやDJらレゲエ愛好者達35人による紹介をもとにした、思い込みの603アルバムのガイド。レゲエ誕生から現在までの名盤を、アーティストのアルファベット順に紹介」(紹介文より)
【目次より】
「ジャマイカン・ミュージックの変遷」「ディスク・ガイド」「レゲエ人名辞典」「35人の筆者による個人別セレクション」‥‥など 


「PoP 90s(5)ビート トゥ ポップ」

著者: 和久井光司
出版社: 音楽之友社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 1997年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「精神の自由化と50年代に生まれた新しい感覚、ビート・ジェネレーション。60年代のポップの変革。そしてパンクな文学、ドラッギーな映画たち。豪華執筆陣が、ポップの40年を駆け足で解説する。」(紹介文より)
【目次より】
「ビート・ジェネレーション登場―精神の自由化と50年代に生まれた“新しい感覚”」「“ポップ”の変革―メイン・カルチャーの常識を覆した“60年代流”」「ビートニクからサイケデリックへ―ヒッピー・ムーヴメントは何を変革し、何を喪失したか?」「フロム・ビート・トゥ・ポップの世界地図―世界に浸透していったサイコ・デリシャス」「クローズ・アップされた個、カルトな集団―個性的なアイデンティティーの表出」「パンクな文学、ドラッギーな映画―潜在的なビートを発散する知的なアナーキストたち」「ブランク・ジェネレーションからオルタナティヴへ―受け継がれるビート感覚」‥‥など 


「ケンケンと愉快な仲間たち」

著者: 高桑慎一郎
出版社: イーハトーヴ出版
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1995年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「ハンナ・バーベラ・アニメ初の書籍化。超話題のキャラクター、ケンケンの全貌が今初めて明かされる。ケンケンの名付け親・高桑慎一郎が満を持してペンをとった、懐かしいのに新しいキャラクターのオン・パレード。チキチキマシン猛レースをはじめとして、電子超人Uバード、スカイキッド ブラック魔王、原始家族、などなどハンナ・バーベラ作品勢揃い」(紹介文より) 


「珈琲と雑貨と音楽と―鎌倉のカフェから“好き”をかたちに」

著者: 堀内隆志
出版社: NHK出版
サイズ: 21×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのマスターによる、店のこと、人、もの、音楽との出会いの話」(帯より)
【目次より】
「店を始めたときの話」「鎌倉のこと」「コーヒー豆のこと」「doisへの道のり」「グッズのこと」「カポエイラシューズのこと」「claroを始めたわけ」「ブラジル音楽のこと」「domingoのこと」‥‥など 


「なんとなくクリティック<1>」

著者: なんとなく、クリティック編集部
出版社: なんとなく、クリティック編集部
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2013年
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
「はじめに “サブカル”の終わりと“批評”の始まり」「山本精一ロングインタビュー―山本精一の世界」「山本精一×小山田圭吾―未知なる音楽への誘い」「山本精一、ひとりの大音楽家/佐々木敦」「浅野いにお『おやすみプンプン』クロスレビュー―おやすみプンプン、どうでしょう?」「漫画日誌/泉信行」「瀬田なつき×染谷将太―映画放談」「映画日記/粉川哲夫」「鶴見済インタビュー―資本主義ではない何処かへ」「ライブ日記/なんのこっちゃい西山。」‥‥など 


「なんとなくクリティック<2>」

著者: なんとなく、クリティック編集部
出版社: なんとなく、クリティック編集部
サイズ: 17×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2014年
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
「シンガーソングライターの時代(前野健太インタビュー/前野健太と2013)」「榎本俊二×西島大介/東京から遠く離れて!」「映画日記(粉川哲夫、くれい響、北小路隆志)」「赤田祐一×森山裕之/「クイック・ジャパン」から考える」「なんのこっちゃい西山。×九龍ジョー/いま聴きたい“うた”」「映画日記(森直人、相田冬二、高橋諭治)」‥‥など 


「映画狂人日記」

著者: 蓮實重彦
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 2000年初版
価格: 1200円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「東京大学総長襲名後、はじめての映画論集!これは、’90年代を中心に今日までに到る、寸暇を惜しんで映画館に出かけ、映画祭を仕掛け、映画とかかわり、映画を擁護し続けてきた、映画に魂を売り渡した男の、赤裸々なドキュメンタリー」(紹介文より) 


「日本映画の21世紀がはじまる―2001‐2005スーパーレビュー」

著者: 阿部嘉昭
出版社: キネマ旬報社
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 1200円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ホラー、カルト、女の子映画、ドキュメンタリー‥‥など、2000年代になってあふれはじめたさまざまな可能性に満ちた映画を、サブカル+文学+音楽+美術+民俗学・精神分析・犯罪史など、隣接するメディア状況もとらえながら紹介する。 


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る