カヌー犬ブックス


レシピ(酒の肴、おつまみ) (全10件)

「酒のさかな」

著者: 高橋みどり
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 14×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「秋なら「めざしごま衣揚げ」に「和風コールスロー」、冬なら「ぶり大根」…著者がお酒の師匠として、ずっと本にしたかった幻の名店『にぼし』おかみ船田キミヱさんの肴が一冊に。敷居は決して高くありません。ささっと切ったりあえたりして、気のきいた器にちょっと盛れば出来上がり。材料も手順も少なくて、ついついお酒が進んでしまう98品。お酒のしめにぴったりなレシピも載っています。」(紹介文より) 


「バーの主人がこっそり教える味なつまみ」

著者: 間口一就
出版社: 柴田書店
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2013年7版
価格: 900円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
銀座のバー「ロックフィッシュ」の店主でありバーテンダーである著者が「酒に合う」ということを念頭においてつくった選りすぐりのおつまみ170品を紹介。バーカウンター内(手狭な厨房や台所)でつくれる切るだけ、混ぜるだけ、火にかけるだけの手軽なものからちょっとひと手間かけたものまで、家でのお酒がすすみます。
【目次より】
「自家漬けなおしオリーブ」「のり玉」「ラディッシュわさび」「つまみミントとパクチー」「クレソンとキウイのサラダ」「けずりパルミ」「明太子シェーブル」「たらこのルイベ」「花わさび 塩うにバターソース」「ブロッコリーとチーマー油」「トマトと金柑のサラダ 練乳かけ」「たこと葱の酢のもの」「明太ぶぶあられ」「プルーンジャムと甘辛せんべい」「スモークサーモンバター」「トマトとミントのポン酢マリネ」「焼きエビチリ」「みょうがとオクラの白和え」「桜芽キャベツ」「味付け海苔」「あられみそ」「干しとり貝のあぶり焼き豆あじのエスカペッシュ」「牡蛎とにんにくのオイル煮」「まっくろ芽キャベツ」「焼きたくあん」‥‥など 


「ドカンと、うまいつまみ」

著者: 小林ケンタロウ
出版社: 文化出版局
サイズ: 18×21cm(ソフトカバー)
発行年: 1999年3刷
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「飲むときもしっかりおいしいものが食べたい人のために。手軽でおいしく、おしゃれで豪快なおつまみ集。簡単ピクルス、牛たたきのわさびバター、ピリ辛豆腐、豚キムチ‥‥など、定番もおさえながらも伸びやかな発想で料理を楽しむレシピを展開」(紹介文より)
【目次より】
「とりあえずの一皿」「パリパリかりかり」「やっぱり、肉!」「あえるだけ、のせるだけ、かけるだけ」「定番もおさえる」「キャベツさえあれば」「豆腐はえらい」「スパイシー、スパイシー」「フライパン片手にそのとき気分で」「締めくくりは、ご飯」‥‥など 


「CHEESE BOOK チーズのある生活」

著者:
出版社: 雪印乳業
サイズ: 25×19cm(ハードカバー)
発行年: 1983年
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「チーズの在る風景(池波正太郎)」「チーズをそのまま(ワインとチーズ、洋風おつまみ・・・・など)」「肉&チーズ(豚フィレ肉とチーズのベーコン巻きソテー、鶏肉のチーズはさみ焼き・・・・など)」「卵&チーズ(オープンオムレツ、ほうれん草のキッシュ・・・・など)」「野菜&チーズ(キャベツとチーズのサラダ、大根とチーズのサラダ・・・・など)」「パン&チーズ」「麺&チーズ」「米&チーズ」 ほか 


「あてによし」

著者: 猪本典子
出版社: 文藝春秋
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 900円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「酒呑みレシピ184品。牛カツ、鯛の子煮、フォアグラ、たらこスモーク、ひじきとしじみ煮、トマトの煮びたし、花山椒の佃煮、リエット、きすフライとタルタルソース、セロリのきんぴら、はんぺん木の芽田楽、生だこのカルパッチョ‥‥今宵の酒のあてによし」(帯より) 


「シャンパン・ワインでおうちビストロ」

著者: 大森由紀子
出版社: 河出書房新社
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2007年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
普段の食事で手に届くお手ごろなワインと合うおつまみのレシピを、すぐにできる前菜から二皿目、メインディッシュ、スイーツまで44紹介。「このワインにはこの料理」がわかる早見表も掲載。
【目次より】
「パパッと作れるクイックメニュー(エビのタパス/カナッペ・プロヴァンサル‥‥など)」「2 これさえあれば!(アスパラガスのサヴァイヨン・ソース/温かい野菜のスクランブル・エッグソース‥‥など)」「3 いよいよ主役の出番!(魚のムニエル、ケッパーソース/カジキマグロと野菜のカレー風味‥‥など)」「4 ちょこっと欲しい!スイーツ(お麩のマンディアン/とうもろこしのガレット)」‥‥など


「酒は肴 うまいつまみ―和・中・韓・伊、4人の名人による極上つまみ」

著者: 新井欣三、ソウ甲連、河田吉功、山田宏巳
出版社: 大海社
サイズ: 26×19cm(ハードカバー)
発行年: 1997年初版
価格: 1200円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
青山・リストランテヒロの山田宏巳、渋谷・文琳の河田吉功、花朗料理教室のチョ・カムヨン、麻布十番・はじめの荒井欣三。伊・中・韓・和、4人の名シェフによるおいしいおつまみのレシピを65品紹介「イタリアの肴(スペアリブのとうもろこしソース/真鯛のカルパッチョ‥‥など)」「中国の肴(北京風長焼きぎょうざ/大根の冷製上湯煮‥‥など)」「韓国の肴(韓国風豚しゃぶ/牛肉のしょう油煮‥‥など)」「和の肴(ナスのピリカラ炒め煮/こんにゃくとレバーの炒め煮‥‥など)」‥‥など 


「続・料理長がこっそり教える酒の肴」

著者: 柴田書店編
出版社: 柴田書店
サイズ: 26×18cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年初版
価格: 700円
状態: B/カバー裏側薄いシミあり
▼ 本の紹介 ▼
和・洋・中華の料理人がジャンルに問わずとっておきの酒の肴の作り方を紹介するシリーズの第二弾。今回は柳原雅彦、野崎洋光、山本正明、木下和彦、村上久朗、浅野正己‥‥など15人の料理人が酒の肴93品と酒席の締めの必須アイテム・デザート17品の作り方を紹介 


「うちのおつまみすぐ、おいしい。」

著者: 春山みどり
出版社: レタスクラブ
サイズ: 26×21cm
発行年: 2001年初版
価格: 800円
状態: B/カバー少しイタミあり
▼ 本の紹介 ▼
「仕事のあとはもちろん、気のおけない友人と過ごしたいときにも、うちで飲むのがいちばん。身近にあるものを生かして、手早さと工夫が決め手の新おつまみレシピを紹介」 


「おつまみ 材料別」

著者: 中川紀子
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 26×19cm
発行年: 1972年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
著者が料理更新をつとめた昭和40年から4年間、フジテレビで放送された「料理の窓」などで紹介された料理をまとめたもの。「肉類・肉加工物(ローストビーフ、牛肉の薬味焼き、鶏手羽先の宝揚げ、マトンのぶどう酒焼き‥‥など)」「魚介類・魚加工類(あじのたたみ、いかのあえもの、いわしのみそ包み、キスのフライ‥‥など)」「野菜類・野菜加工類」「卵・チーズ」「豆腐類・海草」「すし・パン」「つけもの」「鍋もの」「おつまみの基礎」‥‥など 


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る