レシピ(全般) (全132件)

「穀物ごはん」

著者:  たなかれいこ
出版社:  雄鶏社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年2版
価格:  600円
状態・備考:  A

いまや立派な健康食品となった玄米をはじめ、比較的入手しやすいものを中心に、あわ、ひえなどの簡単で、おいしい食べ方を紹介。「玄米」「五分づき米」「赤米」「餅黍」「蕎麦」「量る」「洗う」「圧力鍋で炊く」「炊飯器で炊く」「混ぜごはん」「丼」「カレー」「穀物ごはんの一菜」‥‥など →表紙を拡大


「いのちをいつくしむ新家庭料理」

著者:  辰巳芳子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年2版
価格:  800円
状態・備考:  A

「昔ながらの家庭料理の知恵と無駄をはぶいた料理方法で、親しみやすく作りやすいレシピを紹介。スープから始まって、野菜、魚、肉と素材別に構成。『食の危機』を家庭料理から立て直す、辰巳料理のコツ集大成」(説明文より)「スープ―スープ日乗―生きてゆきやすい暮らしのために」「野菜―野菜を上手に扱えればすべての料理ができます」「魚―魚とのスローなつきあい方を自然が教えてくれました」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「あなたのために―いのちを支えるスープ」

著者:  辰巳芳子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  2005年23刷
価格:  1500円
状態・備考:  A

おつゆもの、スープの作り方を個々別々レシピとしてではなく、法則的解説で調理ができるよう、自身の介護体験と和洋の料理研究の果てに築き上げたスープ、汁物のすべてを、懇切丁寧に解説する。「煎汁」「すまし汁」「みそ風味の汁」「ポタージュ・クレール」「ポタージュ・リエ」「玉ねぎ、日本ねぎのスープ」「ポトフ」「刻み野菜のスープ」「魚介のスープ」「豆のスープ」「冷たいスープ」・・・・など →表紙を拡大

 →このほかに「辰巳芳子」の本があるか調べてみる


「GRAND HYATT TOKYO とっておきの朝食レシピ」

著者:  グランド ハイアット 東京、ダヴィッド・ブラン
出版社:  パルコ
サイズ:  25×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

グランド ハイアット 東京で提供されているパン、卵料理、サイドディッシュサラダ、スープ、デザート、ドリンクから人気メニューを60種セレクトし、そのレシピを紹介する。 →表紙を拡大


「記憶のスパイス」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

写真:齋藤圭吾「ある晴れた日、洗濯物を干しながら私はまた旅に出た。からだの底に沈んだ記憶がひと粒のかくし味。全日空機内誌「翼の王国」に連載されたエッセイ「記憶のスパイス」が書き下ろしを加え一冊になりました。」(帯より)
【目次より】
「蜂蜜の泡」「クスコの赤いスープ―ペルー」「スコールとするめ―ベトナム」「長屋のお弁当―インドネシア・ロンボク島」「フーゴ―ペルー」「おじいと黒砂糖―沖縄」「おやじさんのお粥―フィリピン」「列車の指定席―韓国」「卵サンドと夕陽―インド」「風邪っぴきのラーメン―ネパール」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「ヨーガンレールの社員食堂 野菜でつくる一皿料理」

著者:  佐藤雅子、高橋みどり
出版社:  PHP研究所
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

体によいものを、おいしく食べたいというヨーガン・レールのわがままから生まれた社員食堂のオーガニックの野菜を中心にしたメニューを紹介
【目次より】
「オーブンで焼く料理の入った一皿」「蒸す料理の入った一皿」「煮る料理の入った一皿」「沖縄食材の入った一皿」「乾物の入った一皿」「ごはん」「和える料理の入った一皿」「炒める料理の入った一皿」「カレーの入った一皿」「展示会の大皿料理」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「BROWN RICE CAFEの玄米・大豆・野菜のレシピ」

著者:  ブラウンライス・カフェ
出版社:  インフォレスト
サイズ:  23×16cm
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

玄米の炊き方から野菜をふんだんに使ったメニュー、スイーツまで表参道にある自然食カフェ「BROWN RICE CAFE」のオリジナルメニューを紹介。
【目次より】
「玄米と小豆玄米」「厚揚げサラダ」「レンズ豆と押麦のクスクスサラダ」「冬瓜のトマトあんかけ」「よもぎ玄米粥セット」「野菜のせいろ蒸しセット」「ポレンタのフルーツタルト」「玄米甘酒タルト」「ベジジュース」‥‥など →表紙を拡大


「LIFE2―なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美がおくるレシピの第二弾。アンケートをもとに「ほんとうにみんなが食べたいもの」を選んで収録したほか、巻頭に、「必要な調味料」とならび「必要な道具」をまとめるなど、第1巻をさらにパワーアップ。映画監督の西川美和、小説家の村松友視、写真家の石川直樹、タレントの清水ミチコによる「食」のエッセイのエッセイも収録しています→表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「おかずとご飯の本」

著者:  高山なおみ
出版社:  アノニマスタジオ
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年2刷
価格:  1000円
状態・備考:  A

著者の家でよく作るものから、「Kuu Kuu」の定番メニューなどご飯がすすむレシピを集めた本
【目次より】
「ご飯がすすむおかずいろいろ(豚肉とピーマンの黒ごまみそ炒め/ラムと野菜のジンギスカン風炒め/スペアリブのフライパンあぶり焼き/ごぼうたっぷりピリ辛照焼きつくね/あんかけロールキャベツ/ひき肉とマッシュポテトのグラタン/豚肉と大豆の田舎風煮込み/塩豚と野菜の白いスープ‥‥など)」「豚かたまり肉で(焼き豚と煮卵の作り方/焼き豚と煮卵の盛り合わせ/ゆで塩豚と香味野菜の盛り合わせ/豚茶漬け/あっさりラーメン/ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)/鍋焼きローストポーク赤ワインソース‥‥など)」「冬は鍋もの(豚バラもやし鍋/鶏団子鍋/湯豆腐/チゲ鍋/おでん‥‥など)」「カレーライスいろいろ(いつものカレー/夏野菜ごろごろカレー/チキンカレー+黄色いご飯/野菜たっぷりタイカレー‥‥など)」「ご飯もの(ひじき煮入り混ぜご飯/豚肉のしぐれ煮ご飯/梅じゃこご飯/塩鮭ご飯/帆立と枝豆ご飯/あさりのフライパンパエリア/‥‥など)」「カンタン麺ものとスナック(かしわ南蛮うどん/韓国風ぶっかけそうめん/ベトナム風ナポリタン/タイ風汁なしラーメン/冷やし中華‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「高山なおみ」の本があるか調べてみる


「おいしいつくりおき―つくりおきレシピ34、それを使った料理32」

著者:  渡辺有子
出版社:  東京地図出版
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「時間短縮ではなく、時間の余裕を楽しむのが、つくりおきのよさ。漬け込む、煮込む、焼く、干すなどの下ごしらえで素材をおいしく閉じ込めて、時間のつくったおいしさを味わう「つくりおきレシピ」と、それを使った料理を紹介」(紹介文より)
【目次より】
「焼き野菜のオイル漬け」「キャベツの塩漬け」「キャベツの酢漬け」「焼きトマトソース」「にんじんと大根ときゅうりのなます」「焼きなすのペースト」「みょうがの酢漬け」「新しょうがの酢漬け」「セミドライトマト」「豆のペースト」‥‥など →表紙を拡大


「家庭料理全書 中国料理」

著者:  辻勲
出版社:  婦人画報社
サイズ:  27×19cm(ハードカバー)
発行年:  1966年34版
価格:  1200円
状態・備考:  B/少しイタミあり

日本割烹学校の在学生、新入生のための「基礎となる中国料理」をまとめたもので、むずかしいものはさけ、毎日、毎日、家庭で食べる伝統的な家庭料理に必要なものを中心にしている。 →表紙を拡大

 →このほかに「辻勲」の本があるか調べてみる


「伝言レシピ」

著者:  高橋みどり
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年3刷
価格:  800円
状態・備考:  A

著者が友人や知人から口伝えに教わった、材料も分量も作り方もいっぺんに覚えられる簡単レシピを紹介。雑誌「クウネル」での連載をまとめたもの →表紙を拡大

 →このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「長尾智子の料理1,2,3」

著者:  長尾智子
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2012年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「料理にまつわる工夫とアイデア、素材を生かしたレシピ、そして自分らしく料理することを教えてくれる、実用料理エッセイ集」(紹介文より)
【目次より】
「鍋に贅沢する」「お酒の不思議」「野菜の行水」「基本食の時代」「料理を始めたばかりの君へ」「困った時の卵頼み」「小一時間のこと」「私の料理はぜんぶ酸っぱい」「ああおもしろい薄焼きパン」「私のお菓子はぜんぶ茶色い」「食卓にオリーブ油」「妄想の小部屋」「いつも塩頼み」「素晴らしき味噌の世界」「びんに詰めるもの」「切るたたき炙るたたき」「夏休みのサンドイッチ」「白に民藝を少し」「お土産は爆弾」「暖かくてちょっと野暮ったい」「スイートシスターズ」「にんにくの仕事 しょうがの仕事」「見知らぬ国の味わい」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「ニュースタンダードディッシュ」

著者:  長尾智子
出版社:  柴田書店
サイズ:  20×20cm(ソフトカバー)
発行年:  1997年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

著者独自のセンスで、いろんな国のおいしいエッセンスをさり気なく取り入れて、ハーブとスパイスを上手にきかせ、食材の組み合わせたシンプルな料理80品を紹介。
【目次より】
「ご飯を炊いてテーブルにつこう」「とにかく野菜が食べたい…というときに」「どんなわがまま気分にもこたえてくれるメインディッシュ」「つかれたらまいったらほっとひと息入れましょう」「食べたいときは・・・・食べる」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「うちの週末ごはん―気分で決める、休みの日のメニュー91」

著者:  根本きこ
出版社:  小学館
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

子どもの頃親しんだ味から大人になってから好きになった味まで、休みの日にゆっくりと味わうにもってこいのメニューを91収録
【目次より】
」「野菜をたっぷりとりたい」「おなかいっぱい食べたい」「ピリリとスパイシーに」「あっさり、さっぱりと」「なんだかカレー気分」「ぬくぬく気分」「チャチャッと麺」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「今日も食べたいごはん」

著者:  飯島奈美
出版社:  ぴあ
サイズ:  24×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2016年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

食材も工程もシンプルを基本とし、毎日の食事がちょっと楽しく、おいしくなるレシピ集。
【目次より】
「冬においしい大根 丸ごと使い切り」「みんながあつまるときの料理」「定番料理を和風にアレンジする」「昔懐かしい喫茶店メニュー」「春を味わう」「お祝いの料理」「野菜がたくさん食べられるレシピ」「お弁当のおかず」「お父さんが活躍する料理」「ほっとする京風おばんざいを味わう」「デザート」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「ごはんにしよう。―映画「南極料理人」のレシピ」

著者:  飯島奈美、榑谷孝子
出版社:  文化出版局
サイズ:  15×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

映画「かもめ食堂」や「東京タワー」、「めがね」、「のんちゃんのり弁」、「トイレット」、テレビドラマ「深夜食堂」シリーズなどのフードスタイリングを手がけている著者が、伊勢えびフライ、おにぎり&豚汁、すずきのソテー、手作りラーメンなど「南極料理人」に登場した料理の数々のレシピ50品を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「子どもには野菜!はスープがいちばん」

著者:  田辺由布子
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm
発行年:  2007年2刷
価格:  600円
状態・備考:  B/カバー少しイタミあり

スープにすれは、子どもに嫌われがちな野菜も無理なくおいしく、たくさん食べられる。離乳食にもいいポタージュスープから、具だくさんのおかずスープ、、残ったスープで作るアイディアメニューなどのレシピを紹介。「きれいな色のなめらかスープ(にんじんのスープ、ほうれん草のスープ、かぶのスープ、セロリのスープ‥‥など)」「具だくさんのおかずスープ(コーンクリームのさっぱりスープ、ブロッコリーとしめじのスープ、トマトと卵のスープ、オニオングラタンスープ‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大


「わたしの献立日記」

著者:  沢村貞子
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1994年23刷
価格:  600円
状態・備考:  B

日々の食卓が同じにならないようにとつけ始め、22年間で30冊になった献立日記から1冊目と30冊目を収録。忙しくても、ひと手間かけるコツや工夫やすぐに役立ち、読んでも楽しい台所仕事の“虎の巻”を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「沢村貞子」の本があるか調べてみる


「晩ごはん、これ作ろう ケンタロウ100レシピ」

著者:  ケンタロウ
出版社:  集英社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

雑誌「LEE」での連載と、そのときどきの特集ページで披露した料理を中心に、100のメニューを厳選し紹介する。誰もが手にできる材料で、簡単でおいしく、しかも気のきいたメニューを提案 →表紙を拡大

 →このほかに「ケンタロウ」の本があるか調べてみる