レシピ(西洋料理) (全41件)

「トスカーナの食卓」

著者:  レスリー・フォーブズ(訳:山本由美子)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  25×19cm(ハードカバー)
発行年:  19947年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

ルネッサンス芸術の都フィレンツェ、幻想的な中世都市シエナ、ナポレオンのエルバ島…。イタリアで一番美しい中部にあるトスカーナの土地柄とフランス料理の原点となった伝統料理の数々を楽しいイラストとレシピで案内。 →表紙を拡大


「パリのお総菜屋さんのレシピ」

著者:  上野万梨子
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×19cm
発行年:  1994年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

もし自分でパリにあるようなお惣菜屋さんを開いたらこんな料理を並べたい、と思って作ったレシピ集。茄子とじゃがいものオムレツ/豆とソーセージのクスクス/子羊肉の蒸し煮/子羊肉と豆のハンバーグ/茄子とひき肉の重ね焼き/セモリナ粉のチーズケーキ/いちじくのカトル・カール/クレープ・オ・シュークル/フルーツのリキュールサラダ ほか →表紙を拡大

 →このほかに「上野万梨子」の本があるか調べてみる


「セルフヒーリング・クックブック」

著者:  クリスティーナ・ターナー
出版社:  フレックス・ファーム
サイズ:  28×22cm(ソフトカバー)
発行年:  1993年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/背ヤケ

マクロバイオティックの入門書。「玄米ブディング」とか「ひまわりの種とごはんのサラダ」など自然食材、有機栽培の野菜を用い、「一食の献立」ではなく「食生活の改良」という視点から食生活改善のヒントが掲載されています →表紙を拡大


「西洋料理のこつ シェフからあなたへ」

著者:  柴田卓三
出版社:  婦人之友社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1984年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

日比谷「松本樓」シェフが「経済性」「科学性」「合理性」を取り入れた西洋料理のコツ、レシピを紹介する。
【目次より】
「オードブル」「ソース」「スープ」「魚貝料理」「牛肉料理」「豚肉料理」「とり肉料理」「挽肉料理」「ラム・レバー料理」「卵料理」「カレー・米・麺料理」「野菜料理」‥‥など →表紙を拡大


「おうちでつくる南フランスの野菜たっぷり料理」

著者:  大石淳子
出版社:  アスペクト
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

プロヴァンス・バスク・ラングドック地方の家庭で愛されるレシピが日本の食材で簡単につくれます。肉や化学調味料なしで充分おいしい、サラダからスープ、メインのおかず、ワインのおとも、デザートまでを55紹介 →表紙を拡大


「家庭料理全書 西洋料理」

著者:  辻勲
出版社:  婦人画報社
サイズ:  27×19cm(ハードカバー)
発行年:  1966年34版
価格:  1200円
状態・備考:  B/少しイタミあり

日本割烹学校の在学生、新入生のための「基礎となる西洋料理」をまとめたもので、むずかしいものはさけ、毎日、毎日、家庭で食べる伝統的な家庭料理に必要なものを中心にしている。 →表紙を拡大

 →このほかに「辻勲」の本があるか調べてみる


「フランスのおうちごはん―かんたんなのに気がきいてる!おそうざいからしめくくりスイーツまで」

著者:  大森由紀子
出版社:  河出書房新社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

菓子と総菜の教室「エートル・パティス・キュイジーヌ」主宰する著者が、おそうざいからしめくくりスイーツまで、伝統的料理から、今のフランス家庭で日常的に食されている最新のおそうざいまでを紹介したフランスの家庭料理レシピ集 →表紙を拡大

 →このほかに「大森由紀子」の本があるか調べてみる


「ル・コルドン・ブルーのフランス料理基礎ノート―サブリナを夢みて」

著者:  ル・コルドン・ブルー
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  1999年13刷
価格:  900円
状態・備考:  A

世界で最も権威のあるフランス料理の学校、ル・コルドン・ブルーの東京校の主任を務める著者が、プロセス写真とともにフランス料理のABCを紹介。「基本のテクニックをいかしたメニュー例(野菜の切り方をいかしたメニュー、褐色のフォンをいかしたメニュー、白いフォンをいかしたメニュー‥‥など)」「取り合わせやすい基本的なデザート(りんごのタルト、コーヒームース、オレンジジャムを使ったロールケーキ‥‥など)」「フランス料理の基本テクニック(フォン―だし汁、基礎になる生地―塩入り、砂糖入り、発酵生地‥‥など)」‥‥など →表紙を拡大


「ママンの味、マミーのおやつ」

著者:  大森由紀子
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

27歳で渡仏。パリの「ル・コルドン・ブルー」にて料理、菓子を学び、その後も毎年、フランス地方を巡るツアーを企画し、アルザス、ブルターニュ、プロヴァンス、バスクなどフランスをほぼ一周するという著者が、フランス料理やお菓子にまつわる興味深い話を織り込みながら、フランス滞在中の珍体験をつづる。「下町の匂いと高級住宅地のデザート」「パティシエに求められるもの」「パリで料理教室が大流行って…」「フレンチレストラン、デビューの顛末」「フランス全土、マカロンの旅」「ショコラ賛歌」「コルシカのヤギと羊のチーズのお菓子」「手でちぎっちゃったガトー・バスク」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「大森由紀子」の本があるか調べてみる


「キッシュ―パリっ子のお気に入り」

著者:  渡辺早苗
出版社:  雄鶏社
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  1995年2版
価格:  800円
状態・備考:  B

「キッシュを知っていますか?キッシュは、フランスロレーヌ地方発祥の、卵・生クリーム・牛乳・チーズなどの入った甘くないタルトです。タルトの生地の作り方さえ覚えてしまえばフィリング(中に入れる詰め物)を工夫するだけでバリエーションが広がっていく手作りに最適のメニューです」(カバー裏紹介文より)→表紙を拡大


「スパイス料理」

著者:  ルイーズ・スティール(訳:豊岡真美)
出版社:  CBSソニー出版
サイズ:  28×14cm
発行年:  1988年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「スパイスの効いた料理は、だれにでも喜ばれます。香りや刺激には無限に近い、バラエティがあります。マイルドなものから強烈なものに至るまで、誰でも楽しめる料理を一冊にまとめました。」(カバー裏紹介文より)→表紙を拡大


「オードブル」

著者:  ジューン・バッジェン(訳:浜田すみ子)
出版社:  CBSソニー出版
サイズ:  28×14cm(ソフトカバー)
発行年:  1988初版
価格:  700円
状態・備考:  B

「簡単に作れるオードヴルばかりを集めました。特別な料理には、オードヴルがあって完全と言えるでしょう。少し豪華な気分になりたいときには、本書を開いてオードヴルを一品作ってみませんか。作り方の手順をわかりやすくカラー写真で紹介する本書は、他に類をみないユニークなものです」(紹介文より)→表紙を拡大


「ジャムと保存食」

著者:  メアリー・ノーワク(訳:豊岡真美)
出版社:  CBSソニー出版
サイズ:  28×14cm
発行年:  1991年3刷
価格:  700円
状態・備考:  A

「ジャム」「ジェリー」「マーマレード」「カード、バター、チーズ」「コンサーヴ」「フリーザーで作るジャム」「電子レンジで作るプリザーヴ」「ピクルス」「チャツネ」「ソース&ケチャップ」「フルーツのアルコール漬け」「リキュール」「シロップ」「フレーバー・ヴィネガー」「マスタード」「フルーツの砂糖漬け」「乾燥保存」‥‥など→表紙を拡大


「ロートレックの料理法」

著者:  トゥールーズ ロートレック、ジョワイヤン,モーリス
出版社:  美術公論社
サイズ:  25×19cm(ハードカバー)
発行年:  1989年初版
価格:  13000円
状態・備考:  A

「画家ロートレック―彼は料理家でもあった!“Belle Epoque”が甦る230点余におよぶ美食の極致を秀抜な素描と共に卓上におくる“豪華料理本”」(帯より)
【目次より】
「スープあれこれ」「薬味と香草」「虹色のソース」「魚貝類あれこれ」「野鳥獣肉あれこれ」「家畜肉あれこれ」「野菜類あれこれ」「引き立て役あれこれ」「チーズあれこれ」「メニュー」「きわめつけ」‥‥など→表紙を拡大


「フランス料理おいしさのエッセンス―季節を奏でる48の皿」

著者:  緑川広親
出版社:  柴田書店
サイズ:  26×21cm(ハードカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  2000円
状態・備考:  A

京王プラザホテルのメインダイニング「アンブローシア」で実際に評判の高かった料理を中心に、「味の12カ月」として月替わりで48品紹介。健康、そして美食。時代のキーワードをキャッチしたシンプルなフランス料理の数々を1品につき4ページを使い、迫力ある料理写真と作り方で構成→表紙を拡大


「リンダ・アラードのシンプルスタイル―おいしい料理と暮らし」

著者:  リンダ・アラード
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×19cm(ソフトカバー)
発行年:  1997年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

働く女性のためのブランド“エレン・トレーシー”のデザイナーである著者が、シンプルでおいしい料理のレシピとともに、ファッションやガーデニングなど、愛している生活スタイルを紹介→表紙を拡大


「ケーク・サレ―フランスで覚えたお惣菜ケーキ」

著者:  八田真樹
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

ケーク・サレとは、フランス生まれの甘くないお惣菜のケーキ。生地のベースは、卵とチーズ。バターや砂糖は使わず、軽やかに仕上げます。野菜、肉、魚‥‥など具をお好みの具をいれることでさまざまなバリエーションを楽しむことができます。
【目次より】
「卵ベースのケーク・サレ(基本のケーキ・生ハム×カラーパプリカ×玉ねぎ」「ウィンナーソーセージ×キャベツ×粒マスタード」「ウィンナーソーセージ×ヘーゼルナッツ×レーズン‥‥など)」「バターベースのケーク・サレ(基本のケーキ・ウィンナーソーセージ×玉ねぎ」「ハム×コーン×カレー」「スモークサーモン×ドライトマト×アーモンドスライス‥‥など)」「甘い具を入れたケーク・サレ(甘納豆×粉チーズ」「さつまいも×ごま」「オレンジピール×グラン・マルニエ)」‥‥など→表紙を拡大


「ピーターラビットの料理絵本」

著者:  アーノルド・ドブリン、ビアトリックス・ポター
出版社:  文化出版局
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1988年27刷
価格:  500円
状態・備考:  A

ピーターラビットやサムエル、チミー・ウィリーやキツネどんの大好物のレシピ集。朝ごはんにサンドウィッチ、野菜料理にサラダにスープ、デザートまでやさしく作れるものばかりをイラストをそえて紹介する→表紙を拡大


「アリスの国の不思議なお料理」

著者:  ジョン・フィッシャー(訳:開高道子)
出版社:  新潮社
サイズ:  文庫本
発行年:  1983年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

飲むと背が縮んでしまうお飲みなさいスープ、アリスも参加したコーカスレース用ごほうび、裁判になったハートの女王さまのジャムタルト・・・・。アリスの世界に迷い込む、不思議な料理レシピ本。
【目次より】
「ルイス・キャロル特性オックスフォード・マーマレード」「小石もどきケーキ」「二刀流きのこ」「卵のココット「やさしいアリス」風」など→表紙を拡大


「フランスのおもてなし14のスタイル」

著者:  パトリス・ジュリアン
出版社:  文化出版局
サイズ:  28×21cm
発行年:  1997年4刷
価格:  800円
状態・備考:  A

四角と丸の二つのシンプルなテーブルを使って、14のスタイルのおもてなしと、それにふさわしい料理をコースメニューで紹介。「日常生活をアートする」、「恋人とブランチ」、「ブルターニュ地方のように」、「クリエイティブ、ナチュラル、エレガンス」、「プロヴァンスの夏の日」、「ビストロで一緒に」、「エレガンスとファンタジー」、「農家の一夜」、「エスニック色の夕べ」、」、「食卓の世界、キッチンの世界」・・・・など→表紙を拡大