カヌー犬ブックス


レシピ(全般) (全130件)

「おいしい時間のつくりかた」

著者: 料理・文:長尾智子/コーディネイト:高橋みどり/写真:廣石尚子
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 28×21cm(ソフトカバー)
発行年: 1999年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「昨日より枝を伸ばしたハーブ、読みはじめたばかりの小説、聞き慣れた音楽、けっこううまく煮えたジャム…。おいしい時間のつくりかたの秘密とコツを、わかりやすいプロセス写真と簡単なレシピでまとめました。映画を観るように、小説を読むように味わってください」(帯より) 


「好ききらいがなくなるレシピ」

著者: コマツザキアケミ
出版社: 地球丸
サイズ: 21×15cm
発行年: 2004年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
自分自身も多くの好ききらいがあり、それを克服したという著者が、自分の経験をもとにして、ステップ式に少しずつ好ききらいがなくなっていくレシピを紹介


「家庭料理の道案内」

著者: 沢崎梅子
出版社: 婦人之友社
サイズ: 13×18cm
発行年: 1972年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
野菜編、魚編、にくたまご編、乾物、客料理など、家庭の食生活に必要な料理の基礎をまとめた本。あじのたたき、魚のうす揚げ、ほうれん草入り炒り卵、鶏肉包み揚げ、鶏手羽先の煮込み、じゃが芋チーズかけ、焼きちくわと青菜のわさびあえ、りんご甘煮・・・・など 


「こっこさんの台所」

著者: Cocco
出版社: 幻冬舎
サイズ: 23×17cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
沖縄の風土と食の話、季節のオリジナルレシピを中心にロンドン、アイルランド、パリ、沖縄への旅の記録なども収録 


「夜なごみおかずとしめくくりヌードル」

著者: 根本きこ
出版社: アスコム
サイズ: 26×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2003年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
タイトルにあるように、遅い夜に煮豚、煮卵をごはんと一緒に、お酒を飲みながら、あるいは、ちょっと小腹がすいたときや休日のお昼など、そんなときに、保存しておいたスープストックを使って手早く作って食べることのできる麺やおつまみのレシピを紹介 


「ミアズブレッドのパンに合う「食べるスープ」のつくり方―明日からのスープづくりが変わる!」

著者: 森田三和
出版社: マーブルトロン
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2010年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
奈良の大人気のパン屋「ミアズブレッド」が、パンに合うスープとパンのベストマッチング、基本のパン生地のつくり方をご紹介。
【目次より】
「つくりたいときにすぐにつくれるミアズブレッドの簡単スープ(小豆入りトマトスープ/新キャベツとチョリソのスープ‥‥など)」「大切な人と食べたくなるごちそうスープ(春夏秋冬のそれぞれのミネストローネ/牛すね肉のピリ辛トマトスープ‥‥など)」「ミアズブレッドのパンと食べたくなるサラダ(サラダづくりについて/ミアズブレッドのオリジナルドレッシング‥‥など)」「ミアズブレッドのおやつ(プレーンスコーンの作り方/アレンジスコーンの作り方‥‥など)」‥‥など 


「私のレシピ―現代女流料理家珠玉献立155品集」

著者: 今容子
出版社: グラフ社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1982年初版
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
阿部なを、飯田深雪、上田フサ、江上栄子、城戸崎愛、河野貞子、榊淑子、村上昭子‥‥といった料理家31名が家庭料理を5つピックアップし、家庭料理についてやその料理ついての解説と、レシピを紹介する。昔ながらの家庭料理から西洋料理・中華料理などを取り入れたもの、茶懐石に影響を受けたものまで幅広く紹介されている 


「塩麹と甘酒のおいしいレシピ―料理・スウィーツ・保存食 麹のある暮らし」

著者: タカコ・ナカムラ
出版社: 農文協
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「Brown Rice Cafe」のメニューや「Kanbutsu cafe」をプロデュースした著者が塩麹―麹と塩と水を合わせるだけの甘酒―を使った伝統の保存食だけでなく、和・洋・エスニック料理やスウィーツなどのレシピを紹介
【目次より】
「塩麹を使う」「塩麹を育てるホタテのカルパッチョ」「ブルスケッタ」「塩麹の豆サラダ」「ラタトゥイユ」「アラビアータ魚麹味噌の卵かけご飯」「冷や汁」「塩麹だしのしゃぶしゃぶ」「豆腐の麹田楽」「塩麹マヨネーズの焼きいなり」「根菜の煮しめ」「小豆かぼちゃ」「れんこんボール」「枝豆の冷製スープ汁なしビーフン」「テンペ入り生春巻きと塩麹だれ」「なすのババガヌシュ」「じゃがいもの塩麹チヂミ」「韓国風のり巻きなんば麹醤油・塩麹チャーハン」「ゆずこしょう麹醤油・焼きそうめん」「山椒麹醤油・冷奴」「麹ラー油・ラー油ポテト」「麹納豆」「鮭の飯ずし」「イカの塩麹漬け」「ガーリック塩麹オイル」「塩麹のしめ鯖甘酒のもとをそだてる甘酒の野菜グリル」「甘酒味噌だれ」「甘酒のべったら漬け」「豆腐の甘酒漬け」‥‥など 


「サルビア給食室のドライフードレシピ」

著者: ワタナベマキ
出版社: アスペクト
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
切り干大根、干ししいたけ、じゃこ、さくらえび、豆やひじき、高野豆腐、昆布などの乾物、太陽の恵み。太陽の光と、風によって水分が飛んだ食材には、もともとその食材が持つうまみが凝縮されたこれらの乾物をもどし方から、使い方まで丁寧に解説したレシピ集 


「クレープとガレットのとっておきレシピ」

著者: 黒川愉子
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
フランスらしいおいしさと温かみが感じられるクレープやガレットを楽しんでほしい。生地は混ぜるだけ、家にある道具で簡単に作れるフランスらしいおいしさと温かみが感じられるクレープやガレットのレシピを紹介。前日の夜に生地を仕込んでおいて朝食にしたり、包み方を変えて、フィンガーフードとしてお酒にも合う一品にしたり、楽しいおやつにもぴったり。 


「だれか来る日のメニュー」

著者: 行正り香
出版社: 文化出版局
サイズ: 23×19cm(ソフトカバー)
発行年: 1998年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「何か食べさせて!」とやって来る友達にために作ったというレシピ集。下ごしらえをしたら、食事をしている時に作る人が、立ったり坐ったりせずに、一緒にご飯を食べたりおしゃべりを楽しめるメニューを集める。「ジェノヴァメニュー」「スパニッシュメニュー」「アメリカンメニュー」「カリフォルニアメニュー」「プロヴァンスメニュー」「煮物オンパレードメニュー」「私のベランダ活用法」「私のおすすめのワイン」「おいしい照明」「週末の朝ごはん」‥‥など 


「ごはんのしあわせ」

著者: ケンタロウ
出版社: ブルームブックス
サイズ: 26×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
簡単に作れておいしい料理を紹介。
【目次より】
「鶏のしょうが焼き」「豚肉炒り豆腐 」「きゅうりのみそマヨ」「なすの山椒漬け」「ひとりお好み焼き」「もやしと豚バラのチヂミ」「焼きキャベツ」「エスニック焼きなすサラダ」「だし劇場」「めかぶのみそ汁」‥‥など 


「私のデリカテッセン」

著者: ハギワラトシコ*CUEL
出版社: 雄鶏社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2000年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
頭の中にある架空の「私のデリカテッセン」であるうちのキッチンで作った調理済み食品のレシピを紹介。ちょっと気取ったものや、憧れのアフリカや南米のものや、江戸風や、アジアのもの・・・・などを写真やイラストを添えて紹介する


「お昼のサラダ―野菜+αでしっかり『ごはん』になるレシピ53」

著者:
出版社: アスコム
サイズ: 28×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
井沢由美子、枝元なほみ、ケンタロウ、高山なおみ、平野由希子、広沢京子、福田里香、堀井和子‥‥など、野菜が大好きな20人がサラダレシピを紹介する


「根本きこのストリートフード」

著者: 根本きこ
出版社: 日本放送出版協会
サイズ: 24×17cm(ソフトカバー)
発行年: 2002年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
根本きこがストリートフードのお店をひらいたら・・・・というコンセプトでまとめた料理本。ちょっとおなかが空いた時、ごはんの後におやつが欲しい時などのメニューを紹介。
【目次より】
「ピタサンド」「フライドフィッシュサンド」「白野菜のピクルス」「えび揚げワンタン」「かぼちゃのプリン」「フルーツシェイク」「ドライフルーツチップ」・・・・など


「もののかたち+たべるかたち」

著者: 根本きこ
出版社: ソニーマガジンズ
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2010年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
古いものとおいしいご飯をこよなく愛す料理家と写真家による雑誌「Lingkaran」の連載をまとめたもの。古いものと、それに盛りつける料理を主役にごはん、お総菜、酒のあてからスイーツまで、全46の料理レシピを紹介しつつ写真のおさめる


「つくって食べよう1(シリーズ生活を学ぶ1)」

著者: 大石坦、大井清吉、早矢仕みどり
出版社: 福村出版
サイズ: 26×19cm(ハードカバー)
発行年: 2012年26刷
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
料理を始める前の準備から、ごはんの炊き方、みそ汁のつくり方、そしてカレーライスやハンバーグまで、33種のレシピを料理を初めてする子どもでも分かるように紹介。ちなみにご飯の炊き方は電気炊飯器ではありません。鍋を使って炊く方法です。


「アウトドア・クッキング(新ジュニアクッキング全集7)」

著者: 川部米雄編
出版社: 学研
サイズ: 26×20cm(ハードカバー)
発行年: 2001年6刷
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
料理の基礎からお菓子、お弁当、伝統料理、ダイエットメニューまで、初めて料理をする人にわかりやすく教えるシリーズ。7巻では、アウトドアで作る一皿料理、おかずとごはんの作り方と料理のコツを説明する


「飛田和緒のかぞくごはん」

著者: 飛田和緒
出版社: 小学館
サイズ: 24×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「飛田さんちに、家族がひとり増えました。この本は、歯の生えはじめた娘に『ごはんの楽しさ』を伝えたい母とその家族の食卓を追った、1年間の記録です。離乳食・幼児食でも特別なことはしない、家族一緒を大切に。子育て家族の生活シーンに合わせたレシピを100点紹介しています。」(帯より)
【目次より】
「親と子の毎日のごはん(10月の献立/11月の献立‥‥など)」「母と子のふたりごはんとおやつ(具だくさん汁とおむすび/鍋焼きうどん‥‥など)」「夫婦ふたりで楽しむおつまみ(にんじんのバター煮/絹さやのソース炒め‥‥など)」「子どもとともに、もてなしごはん(お食い初め/1歳の誕生日‥‥など)」「家族がひとり増えて(子どもが生まれて、海辺の家へ。/離乳食は娘の様子をみながら。‥‥など)」‥‥など 


「プレイフルキッチン―ホームパーティーレシピブック」

著者: 森田美樹
出版社: プチグラパブリッシング
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 900円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「ホームパーティーを気軽に、おいしく楽しむためのレシピブック。パーティーの基本・準備のコツ・マナーから、スープ、前菜、メインディッシュ、デザート、調理方法、調味料とハーブの使い方、調理器具に関するまめ知識を紹介」(紹介文より)


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る