レシピ(全般) (全123件)

「知らなかった野菜のおいしさに出会える72の方法」

著者:  平野由希子、小泉佳春
出版社:  PHP研究所
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

「『もっと野菜が食べたい』と思っているあなたへ。毎日の食卓に今すぐ、そして一生役立つレシピ集。探していた味、食べたかった料理にきっと出会えます。」(帯より)あつあつほうれん草、蒸し大根、絹さやのじか炒め、カリフラワーのフライパン焼き、生ふきのしょう油バター炒め、クレソンのきんぴら、ポンヌファームスープ、かぶのくたくた煮、冬のラタトウイユ、夏のラタトウイユ、れんこんステーキ、ねぎとまぐろのぬた鍋、大根と金目鯛の鍋、長ねぎごはん、ねぎもち、れんこんのお焼き、春菊パスタ、キャベツの浅漬け、きゅうりのみそ漬け、大根とセロリの塩昆布漬け、千枚漬け‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「平野由希子」の本があるか調べてみる


「ロイヤルホテルの家庭料理II」

著者:  暮しの手帖社版
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  1800円
状態・備考:  B/函にシミあり

ロイヤルホテルの料理長が季節、費用のことなどを考えながら、家庭でもできる本格的なホテルの料理をプロセスの写真も添えつつ、作り方を丁寧に解説したレシピ集の第二弾→表紙を拡大

 →このほかに「暮しの手帖」の本があるか調べてみる


「VEGE BOOK2 Eat Your Vegetables!」

著者:  カフェエイト
出版社:  リトルモア
サイズ:  18×13cm
発行年:  2007年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「東京を代表するヴィーガン(純菜食主義)・カフェ、カフェエイトの本第2弾。レシピのページがさらに充実。朝食、昼食、夕食、こども向けなど様々なシチュエーションを彩るヴィーガン・メニューを紹介。これは、“ポジティヴな食”のガイドブックです。」(帯より)→表紙を拡大

 →このほかに「カフェエイト」の本があるか調べてみる


「マクロビオティック料理事始め―「これだけは伝えたい」基本10か条」

著者:  岡田昭子
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

正食協会クッキングスクール校長であり、30年以上にわたって全国各地で指導にあたってきた著者による初心者にも分かりやすいマクロビオティックの入門書。献立の立て方、玄米のおいしい炊き方、味噌汁の作り方などの基本10か条と、114の料理を紹介する→表紙を拡大


「子どもがつくる旬の料理[1]春・夏―素材を感じる「食育」レシピ」

著者:  坂本広子
出版社:  クレヨンハウス
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「食育の第一人者による、子どものための料理の本。オーガニック素材を使い、学校から家庭でも子どもたちが夢中で料理に取り組むノウハウを教えます。春夏の旬の材料をつかった簡単レシピを紹介」(紹介文より)
【目次より】
「お魚ゴボウ・ゴボウ」「揚げサトイモ・サトイモ」「ノリの佃煮・ノリ」「カタクリもち・片栗粉」「わかたけ煮・タケノコ」「アスパラガスのホットサラダ・アスパラガス」「ゴーヤチャンプルー・ゴーヤ」「高野豆腐と野菜の卵とじ・高野豆腐」「すあま・きなこ」「ミネストローネ・トマト」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「坂本広子」の本があるか調べてみる


「子どもがつくる旬の料理[2]秋・冬―素材を感じる「食育」レシピ」

著者:  坂本広子
出版社:  クレヨンハウス
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「食育の第一人者による、子どものための料理の本。オーガニック素材を使い、学校から家庭でも子どもたちが夢中で料理に取り組むノウハウを教えます。秋冬の旬の材料をつかった簡単レシピを紹介」(紹介文より)
【目次より】「ナスのけんちん煮・ナス」「ズッキーニちぢみ・ズッキーニ」「ゴマ豆腐・葛粉」「らくがん・みじん粉」「キノコごはん・キノコ」「お好み焼き・キャベツ」「ハーブのカリカリピッツァ・ハーブ」「切り干しダイコンオムレツ・切り干しダイコン」「まるごとリンゴ・リンゴ」「ハクサイと鶏肉のつくね煮・ハクサイ」‥‥など →表紙を拡大


「パンが残ったら」

著者:  上野万梨子
出版社:  文化出版局
サイズ:  18×21cm(ソフトカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

キッチンに少しずつ残ったパンと卵、牛乳、砂糖、ベーコン・・・・を使ってパンココット、パテ、キッシュ、スープなどおいしい料理を作ってみよう
【目次より】
「コレットとパン・ド・カンパーニュ、そしてスープ」「オニオンスープとパンのグラタン」「オニオンパンケーキ」「アボカドとパンのサラダ」「パン・ペルデュ」「木いちごの揚げサンド」「りんごのパンクリーム」「りんごとくるみの焼き菓子」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「上野万梨子」の本があるか調べてみる


「マクロビオティックひとりレシピ」

著者:  御園あき
出版社:  講談社
サイズ:  20×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年4刷
価格:  700円
状態・備考:  B

ごは飯ものからメイン、サイドメニューとスープ、スイーツまで、ひとり分でも気軽に作れるマクロビオティックのレシピ集。「マクロビオティック基本の『き』」「おうちでパーティー ごちそうご飯人寄せご飯」「マクロビご飯のメインディッシュ」「おかず代わりのボリュームスープ」「出し汁いらず!超簡単吸い物」「簡単漬物と常備菜」「マクロビオティックのスイーツ」‥‥など →表紙を拡大


「ベジタリアンクッキング―大地の香り四季の味」

著者:  鶴田静
出版社:  柴田書店
サイズ:  26×19cm(ハードカバー)
発行年:  1990年初版
価格:  1500円
状態・備考:  B

肉や魚を使わずに季節ごとの豊富な材料を使い、おいしくたべごたえ充分な昔ながらの味と新しい味覚の料理をベジタリアンクッキングの第一人者である著者が紹介。
【目次より】
「いちごのプディング」「キャベツの豆腐サラダ」「春巻」「ほうれん草のローフ」「とうもろこしのキッシュ」「タラトゥーユ」「納豆ステーキ」「秋の混ぜごはん」「きのこのテリーヌ」「野菜じゃがいもパイ」「白菜とりんごの甘酢煮」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「鶴田静」の本があるか調べてみる


「週末のごはんづくり」

著者:  飛田和緒
出版社:  幻冬社
サイズ:  24×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

「ふたりでごはん」のシリーズの第2弾。豆ごはんやポトフなど春夏秋冬の定番メニュー、缶詰めを使った手抜きしたい日の献立など、週2日の調理でも材料を残さない料理計画完全レシピ。「土鍋で炊いたごはんの香り」「春夏秋冬の定番献立」「ブランチは手軽にゴージャスに」「おやつはふたりを近づける時間」「スープ」‥‥」など」 →表紙を拡大

 →このほかに「飛田和緒」の本があるか調べてみる


「うつわや料理帖」

著者:  あらかわゆきこ
出版社:  ラトルズ
サイズ:  23×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

33歳の時、好きというだけで、何もわからぬまま、陶器店を開店したという「うつわや」主人がお客さまから教えてもらい書き綴ってきた料理帖の中から、簡単にできて気の利いたお料理のレシピを紹介する→表紙を拡大


「くいしんぼうの正食ア・ラ・カルト―日本生れフランス育ち」

著者:  中島有香、黒部徹
出版社:  文化出版局
サイズ:  24×19cm(ソフトカバー)
発行年:  1991年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

素朴だけど栄養満点で、からだに気持ちのよい食べ物をきちんととる著者流「正食料理」を紹介。
【目次より】
「一日のはじまりはおいしいエネルギーをたっぷりと充電する」「栄養を盛り込んだあたたかメニューで眠気もすっきり」「午後の光とそよ風の匂いが今日のメインディッシュ、テラスでランチパーティ」「甘いだけのお菓子はもう卒業これからのティータイム」「野菜たっぷりのエスニック料理で常夏の国を味わう」‥‥など→表紙を拡大


「ハーブでカントリーランチ―手軽な料理とお菓子12か月」

著者:  かわむらともこ
出版社:  主婦の友社
サイズ:  24×19cm
発行年:  1998年初版
価格:  1100円
状態・備考:  A

料理の名脇役として大活躍のハーブは、シンプルな料理ほどその風味が生きてくる。ひと月ごとに2種類の旬のハーブを取り上げ、季節にぴったりのメニューを紹介。ハーブの育て方や収穫の時期、保存方法‥‥などを紹介。「4月―chives&lemon balm」「5月―german chamomile&common thyme」「6月―peppermint&rocket」「7月―oregano&raspberry」「8月―lemon grass&sweet basil」「9月―parsley&pot marigold」‥‥など→表紙を拡大


「おいしいベジタリアン料理」

著者:  モリー・カッツェン(訳:やまざきみゆき)
出版社:  柴田書店
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  1996年4刷
価格:  1000円
状態・備考:  B/カバーよれあり

世界各国の料理がベジタリアンバージョンで紹介。ニューヨーク州イサカにあるムースウッドレストランの料理を家庭用にアレンジしたもの→表紙を拡大


「ヴィラデスト・カフェブック」

著者:  玉村豊男
出版社:  東京書籍
サイズ:  22×18cm(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

信州東部、標高850メートルにある「ヴィラデストの丘」は千曲川と北アルプスを一望できるカフェレストラン。自分たちで育てた野菜やハーブで料理を作り、自分たちが世話したブドウでワインを造る、そんなカフェの日々や自慢のお手製レシピや、信州の自然に囲まれた生活などをつづった本→表紙を拡大

 →このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「日曜日の遊び方 ダッチ・オーヴン―煮る、焼く、炒める、蒸す、揚げる野外料理の決定版」

著者:  菊池仁志
出版社:  雄鶏社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1996年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「ネバダのカウボーイから教わった鋳鉄製のふた付き鍋、ダッチ・オーヴン。これひとつで煮る、焼く、蒸す、揚げる、炒める、ゆでるといった調理が簡単にできる。野外料理に必携の鍋と、ぴったりのレシピを紹介」(紹介文より)→表紙を拡大


「まるめるレシピ」

著者:  引頭佐知
出版社:  ブルース・インターアクションズ
サイズ:  24×19cm
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

お肉だけでなく、魚や野菜もまるめてつくる栄養たっぷりミンチボールレシピ。「やまいもホッコホコ揚げ」「風の子ポーク」「さつま団子汁」「マリネ焼き」「小正月の椀」「山椒ピリリ煮」「トマトグラタンボール」「ありあわせなまけものスープ」「春風コロッケ」「おもちコーン」「にんにく風味イカボール」「あじボールの酢しょうゆ煮」‥‥など →表紙を拡大


「作りおきできるおかず」

著者:  飛田和緒、脇雅世、村田裕子
出版社:  角川GP
サイズ:  25×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

冷蔵庫からそのまま食卓へ出して、「とりあえずこれで一杯やってて」と言えるおつまみおかずや、温めなおすだけでおいしい煮込み、ごはんやお弁当にもぴったりの作りおきできる常備菜が全125品を3人の料理人が紹介→表紙を拡大

 →このほかに「飛田和緒」の本があるか調べてみる


「CHEESE BOOK―のんびり日曜日のチーズの本」

著者:  堀井和子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

青カビタイプ、白カビタイプといったさまざまな種類のチーズの紹介から、チーズ入りオムレツ、カルボナーラ風スパゲッティ、リンゴのチーズタルトなどチーズを使った料理のレシピ‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「野菜が主役」

著者:  根本きこ
出版社:  講談社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

逗子駅前の農家経営「逗子生産者市場」から毎日の野菜を調達するほど、野菜にはこだわりを持つという著者が、野菜が主役にしつつ肉も魚もどれもバランスよく、おいしく食べるためのメニューを紹介→表紙を拡大

 →このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる