カヌー犬ブックス


雑貨の本 (全72件)

「チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記」

著者: チャルカ
出版社: 産業編集センター
サイズ: 16×14cm(ソフトカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
BERLIN(蚤の市/ガラクタ屋‥‥など)/PRAHA(切手商/初日カバー‥‥など)/BUDAPEST(手仕事の国/アンティーク・クロス‥‥など)/雑貨ハンターのABC(準備篇/現地での情報の集め方‥‥など)/雑貨ハンターの旅日記(久保篇―チェコ→ドイツ→チェコ→ハンガリー/藤山篇―ハンガリー→スロバキア→オランダ) ほか 


「欲しかったモノ」

著者: 文:長町美和子、写真:雨宮秀也
出版社: ラトルズ
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年2刷
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
赤木明登、小泉誠、坂田敏子、高橋みどり、永見眞一、中村好文、前川秀樹、三谷龍二、山口信博という9人のクリエイターに、自分の仕事や暮らしから発想するモノづくりのプロセスや背景にある思考をインタビューする


「玩物草子―スプーンから薪ストーブまで、心地良いデザインに囲まれた暮らし」

著者: 柏木博
出版社: 平凡社
サイズ: 21×15cm
発行年: 2008年初版
価格: 700円
状態: B/カバースレ
▼ 本の紹介 ▼
著者夫婦が、暮らしの中で使ったり飾ったりなんとなく置いておくことになったものにあらためて目をむけ、美しい写真とともに紹介。
【目次より】
「暮らしともの」「生活とデザイン」「庭をながめて暮らす」「和洋折衷のデザイン」「家具のデザイン」「薪ストーブ」「家事道具の楽しさ」「書斎の居心地」「老後の楽しみ ギター」‥‥など


「乙女みやげ」

著者: 甲斐みのり
出版社: 小学館
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年2刷
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「日本全国のおみやげもの約300点掲載!乙女本界で幅広いファンをもつ著者・甲斐みのりさんがセレクトした、美しい民芸品から、かわいらしい生活雑貨、モダンクラフトまで、日本全国のおみやげもの満載の1冊。巻末には、みうらじゅんさんとの対談つき」(紹介文より)


「とっておくもの、しまうもの―10人の大切なものとの暮らし」

著者: 渡辺有子、土器典美、嶺川貴子ほか
出版社: アスコム
サイズ: 21×15cm
発行年: 2006年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
日々の生活の中で、モノをどのように収納するか?「収納」に対する考え方、個々のちょっとしたアイデアをそれぞれ10人が紹介する。
【目次より】
「待つ人」(渡辺有子)「知っている人」(土器典美)「ソフトの人」(広沢京子)「引き受ける人」(原弘美)「飾る人」(かわしまよう子)「積みあげる人」(田中美和子)「バランスをとる人」(嶺川貴子)「柔軟な人」(中川ちえ)「距離をとる人」(関根由美子)「視覚の人」(赤佐ひかり)‥‥など


「わたしのおもてなしWelcome Table」

著者: 山本侑貴子
出版社: アスペクト
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2011年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「かんたんに作れるおいしいメニューと遊び心あるテーブルセッティング。友人同士のポットラックパーティ、仕事関係のお客様、子供のお祝い事、義父母との食事など、ちょっと張り切りたい特別なシーンから、いつもの夕食、夫婦で楽しむワイン、休日のブランチなどの日常のワンシーンまでを素敵に仕立てるコツが満載。お気に入りの食器、ワイングラス、家具の選び方など、写真とエッセイでつづる」(紹介文より)


「西洋紋章夜話」

著者: 森護
出版社: 大修館書店
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1988年初版
価格: 1200円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「紋章好きのコナン・ドイル、エリザベス女王を激怒させたメアリー女王の紋章、などの話を軽妙な文章で紹介。図版179点。」(帯より)
【目次より】
「川や橋を描いた紋章」「科学者の紋章」「伝説を描いた寄抜な紋章」「落とし格子」「加増紋」「三本の駝鳥の羽―皇太子のバッジ」「三つの冠からハープへ―アイルランドの国章」「あざみ勲章復活300年」「エリザベス女王を激怒させたメアリー女王の紋章」「女王様でもスコットランドでは紋章を変える」「ブリタニアのモデルはチャールズ2世の愛妄」「紋章好きのサー・アーサー・コナン・ドイル」「一級の史料―墓像」「印璽―もう一つの歴史の証人」「紋章院」「イン・サイン=パブの看板」「同業組合の紋章」「コレクションと紋章」「英国の専門書店―ヘラルドリー・トゥデイ社との出会い」‥‥など


「スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編」

著者: 森井ユカ
出版社: 講談社
サイズ: 16×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2004年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
イギリス・ロンドンのスーパーマーケット(Waitrose、Sainsbury's ほか)/フランス・パリのスーパーマーケット(Carrefour、Champion、Auchan ほか)/ドイツ・ベルリンのスーパーマーケット(KAISER'S、Reichelt ほか)/スウェーデン・ストックホルムのスーパーマーケット(COOP KONSUM、ICA ほか)/集めて楽しいレシピカード/朝食はスーパーの味/これなら持ちたい!スーパー袋ランキング ほか


「ずっと好きなもの」

著者: 大橋利枝子
出版社: 地球丸
サイズ: 22×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「マーケット」「花柄」「小さなもの」「北欧の家具」「マノン」「かごバッグ」「台所道具」‥‥など、著者が自分の好きなものをつづった雑誌「天然生活」で2007年3月から2009年2月まで連載を中心にコラムやお店の話などを追加


「飛田和緒の10年もの」

著者: 飛田和緒
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 26×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2004年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
著者が10年以上使い込み、そしてこれからもずっと使い続けていくであろう、器や調理器具、インテリア小物など暮らしに欠かせない道具を紹介。
【目次より】
「毎日使う、ご飯鍋」「小さなフライパン」「ホウロウの小鍋」「包丁」「麻(リネン)」「作るお箸」「食べるお箸」「土瓶」「薬味入れ」「和の香り」「手ぬぐい」「お茶コレクション」「かご」「筆まめ」「針仕事」「快眠生活」「猫マニア」・・・・など


「ポストオフィスマニア」

著者: 森井ユカ
出版社: 講談社
サイズ: 16×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2006年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
フィンランド・スウェーデン・イギリス・フランス・スイス・オランダといった国々を訪ねる郵便をめぐるヨーロッパツアーに加えて中国・USA・オーストラリアのおまけも収録した郵便雑貨の本 


「20世紀をつくった日用品―ゼム・クリップからプレハブまで」

著者: 柏木博
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1999年初版
価格: 1000円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「さまざまなモノには、それぞれ物語がある。だが共通しているのは、今世紀に入って、爆発的に普及したということ。大量生産、使い捨て、衛生観念、時間の短縮、モータリゼーション、プライバシー、情報伝達…20世紀文化の特徴は日用品から見えてくる。今ではあまりにも身近なモノたちの起源を辿り、20世紀という時代とデザインを考える、日用品大全」(カバー裏紹介文より) 


「ものづきあい」

著者: 中川ちえ
出版社: アノニマスタジオ
サイズ: 18×13cm
発行年: 2007年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
毎日何気なく使うもの。ティータイムや、お出かけの靴、ただなんとなく置いておきたいがらくた‥‥など、ものとの出会いや思い出、「ものづきあい」をつづった本 


「東京雑貨パトロール」

著者: 森井ユカ
出版社: 講談社
サイズ: 16×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 900円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
海外のスーパーで売られているカワイくて、グッドデザインな雑貨を集めたビジュアルブック、『スーパーマーケットマニア』の著者が、「東京らしい」・「おみやげになる」・「グッドデザイン」という基準で厳選した“東京雑貨”約250点を紹介 


「ロマンティックな雑貨と暮らす」

著者: 柳沢小実
出版社: ピエブックス
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2008年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
北欧のカゴ・文房具、手芸用品・クロス、素朴だけれど可憐なドイリー、フランスの香水・石けん、花柄のイギリス製食器やリンドベリの食器、甘いお菓子といった、私物のほかに、2007年秋のイベントのために北欧で買い付けてきたもの、よく訪れるお店で扱っているものなど著者がセレクトした雑貨を「雑貨・小物」「インテリア」「ワードローブ」「キッチン」と4つのカテゴリーにわけて紹介 


「europikha〈3〉ismil―ファッション、雑貨、マーケット、酒井景都の「Lovely」ロンドン案内」

著者: 酒井景都
出版社: マーブルブックス
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「アンティークのブローチ、オリジナルのアロマキャンドル、ヘッドドレスとワンピース、スコーンとティーポット‥‥、酒井景都さんがロンドンの街で『かわいいもの』探し。女の子心をくすぐる素敵なものや、一度は行きたい憧れの場所を、古いものから新しいものまでたくさん集めました。きっと初めて見る『ロマンティック』で、『ラブリー』なロンドンが満載です!」 


「パリのおみやげ」

著者: 篠あゆみ
出版社: ギャップジャパン
サイズ: 21×15cm
発行年: 2004年初版
価格: 700円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
おみやげ、おみやげ・おみやげ/やっぱりエッフェル塔/わざわざ買いに行くおみやげ/チャーリーへのおみやげ/時間がなくてスーパーへ/オーガニックのスーパー/いつもキョロキョロして探そう/ディープなパリみやげ/ファーマシーは強い味方/蚤の市で探そう ほか 


「ぽちぶくろ(伝えたい日本の美しいもの)」

著者: 貴道裕子
出版社: スーパーエディション
サイズ: 13×12cm(ハードカバー)
発行年: 2003年初版
価格: 2200円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「ぽちぶくろ(御祝儀袋)の小さな空間に、粋・艶・洒落・笑・心意気などのさまざまな江戸の美学が展開されています。小さな本の頁を繰ると、とても嬉しく豊かな気分になるから不思議です。」(紹介文より) 


「いろはかるた」

著者: 戸板康二
出版社: 駸々堂出版
サイズ: 新書判
発行年: 1976年初版
価格: 700円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「“いろはかるた”には『上方いろは』と『江戸いろは』の二つの流れがある。上方が江戸に一歩先んじたが、いずれも江戸時代後期の町人文化の所産である。集大成されたことわざやたとえを比べると、上方と江戸の違いを知ることができる。しかしまた共通してうかがえる生活態度もある。それは日常生活のなかで身につけた現実的な知恵とも言えるものである。そうしたことわざやたとえが“いろはかるた”を通して現代へと伝えられてきた」(カバー裏紹介文より) 


「和のアルファベットスタイル―日本の器と北欧のデザイン」

著者: 堀井和子
出版社: 文化出版局
サイズ: 26×19cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年初版
価格: 900円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
使い勝手のいい器、お盆、クロス、かごなど、使ってみたい和のものと北欧のテキスタイルを合わせて、テーブルまわりをコーディネート。「お茶の時間」「白のカップ&ソーサー」「北欧のテキスタイル」「日用雑貨を求めて、東北へ」「日本のテキスタイル」「ウェグナーの椅子とテーブル」「紙ナプキンのコレクション」ほか 


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る