カヌー犬ブックス


飲みもの(お酒)についての本 (全54件)

「酒縁歳時記」

著者: 佐々木久子
出版社: 鎌倉書房
サイズ: 単行本(ソフトカバー)」
発行年: 1977年4刷
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
日本の各地を飲み歩き、食べ歩きして、出会ったさまざまな縁、酒、肴についてつづったエッセイ。雑誌「小説現代」に昭和48年1月から12月までに連載されたものに、加筆してまとめた本

→このほかに「佐々木久子」の本があるか調べてみる


「洋酒雑学百科Q&A」

著者: キングズレー・エイミス(訳:山本博)
出版社: 講談社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1986年初版
価格: 700円
状態: B/一部ページにシミあり
▼ 本の紹介 ▼
「『ワイン』70問、『ウイスキー』30問、『ブランディ』20問、『ビール』20問、『ポート』『シェリー』『ウォトカ』『リキュール』『ジン』『アペリチフ』『ラム』各10問、更に『悪酔い防止法』‥‥など、洋酒の全分野にわたって、達人エイミスが良い酒、良い飲み方をQ&A形式で説き明かします。詳細な訳註と、600項目にのぼる事項索引、酒の名著索引つき」(紹介文より)


「酒と博奕と喝采の日日―さらば、愛しき芸人たち[2]」

著者: 矢野誠一
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ソフトカバー)
発行年: 1995年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
傲岸不遜を売り物にした芸風が愛児誘拐の悲劇をまねいたトニー谷。無頼を貫いて壮絶に破滅した水原弘。「いっぱい恋をしたし、おいしいものを食べたし、歌もうたったし‥‥」と言い残して逝った越路吹雪。八方破れの芸人たちの芸と人生を、とっておきのエピソードでつづる

→このほかに「矢野誠一」の本があるか調べてみる


「リキュールブック」

著者: 福西英三
出版社: 柴田書店
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2008年8刷り
価格: 1000円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
リキュールごとに、それを使った代表的なカクテルの作り方のほか、リキュールの歴史や起源、逸話など、リキュールの実像を、いろいろな角度から詳細に解説する


「ワインと洋酒のこぼれ話[改訂新版]」

著者: 藤本義一
出版社: 第三書館
サイズ: 単行本
発行年: 1999年初版
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「ワインで乾杯!洋酒で歓談!長年、ワインと洋酒を愛し、これと格闘し、粋をきわめた業界第一人者が、豊富な知識と蘊蓄を傾けて、ワインと洋酒の初心者のための選び方・楽しみ方、隠れたエピソードを紹介する、熟成されたガイドブック」(帯より)

→このほかに「藤本義一」の本があるか調べてみる


「私のワイン畑」

著者: 玉村豊男
出版社: 扶桑社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1997年2刷
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「『酒量民族』は卒業し、「濃厚民族」からも遠ざかりつつある今、自分の好きな料理を適量つくり、好きな空間でゆっくり味わいながら食べる…伴侶は醸造酒、なかでもワインが好ましい。みずからワイン造りを思いたった著者が、初収穫から赤ワイン“ヴィラデスト1993”十四本を手にするまでの汗と苦闘の日々」(紹介文より)

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「ワインの知識とサービス」

著者: 浅田勝美
出版社: 柴田書店
サイズ: 26×19cm(ハードカバー)
発行年: 1976年11刷
価格: 1500円
状態: B/函少しイタミあり
▼ 本の紹介 ▼
「ワインはそのすべてに通暁することなど到底不可能といえるほど非常に幅広く奥行きの深い飲みものであり、知識とそれを飲んだ体験が深まれば深まるほど新たな興味と好奇心が湧いてきて、ますますトリコになってしまう。そんなワインの入門書」(紹介文より)
【目次より】
「ワインと食生活」「ワインの種類」「ワインの個性」「ワインの楽しい飲み方」「フランス・ワインの概観」「ボルドーのワイン」「ブルゴーニュのワイン」「シャンパーニュのワイン」「コート・デュ・ローヌのワイン」「プロヴァンスとコルシカ島のワイン」「ロワールのワイン」「アルザスのワイン」「その他のフランス・ワイン」「オー・ド・ヴィ」「ドイツ・ワインの概観」「法定11地域のワイン」「ドイツの白ワイン以外のワイン〈赤、ロゼ、発泡性ワイン〉」「ワインの管理」「ワインのサービス」「料理とワインの組み合わせ」‥‥など


「日本の酒」

著者: 住江金之
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1962年初版
価格: 1700円
状態: B/全体的に経年によるシミあり、大きな汚れなどはないです
▼ 本の紹介 ▼
【目次より】
「酒の歴史」「壌酒法の変遷」「世界の酒」「酒とミネラルウォーター」「酒器さまざま」「酒の奇談珍談」「酒で失敗した話」「豪傑と酒」「酒に酔わない秘法と薬」「酒を飲む秘法」「酒士の印象」「酒の種類」「酒の生産高」「酒の民謡」「酒の税」‥‥など


「日本ワイン文化の源流―ライン、ボルドーをめざす夢」

著者: 上野晴朗
出版社: 1982年初版
サイズ: 新書判
発行年: サントリー博物館文庫
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
文明開化からドイツ、フランスからの技術者を招きさまざまな試行錯誤のうえ日本の国産ワインを生み出すまでの物語をつづった本


「酔っぱらい読本・肆」

著者: 吉行淳之介 編
出版社: 講談社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1979年初版
価格: 500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「橋善の会」(中村光夫)「つまらぬ酒」(結城昌治)「酒と人生」(加太こうじ)「もう一杯という名前のお酒」(和田誠)「酒歴二十七年の弁」(野坂昭如)「彼らの呑ったあの一杯」(小泉喜美子)「スペインの酒袋」(三浦哲郎)「酔漢」(フィリップ・堀内大學訳)「私の酒歴」(佐々木侃司)「落款と陶器と酒」(立原正秋)「葡萄酒とみそ汁」(吉行淳之介)・・・・など、エッセイを中心に小説や詩なども含めた酒についてアンソロジィ第4弾

→このほかに「酔っぱらい読本」の本があるか調べてみる


「酔っぱらい読本・伍」

著者: 吉行淳之介 編
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
発行年: 1979年初版
価格: 500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「町には飲み屋が(バーミンガム)」「失敗/酔漢(小林秀雄)」「酒についての意見(伊藤整)」「酒のたしなみ/吹けよ川風(中野好夫)」「千載一遇(阿部昭)」「酒(金子光晴)」「酒(遠藤周作)」「泥酔懺悔(獅子文六)」「酒飲みのおきて(池田弥三郎)」「札幌の一夜(田久保英夫)」「千日酒(阿川弘之)」「うれしうましの柳家小半治(安藤鶴夫)」「忘れえぬアル中たち(なだいなだ)」「あなたも酒がやめられる(徳川夢声)」「死んだ兵隊さん(吉行淳之介)」「酔っぱらいの告白(ラム)」・・・・などエッセイを中心に小説や詩なども含めた酒についてアンソロジィ第5弾

→このほかに「酔っぱらい読本」の本があるか調べてみる


「さらば銀座文壇酒場」

著者: 峰島正行
出版社: 青蛙房
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「かつて銀座で『文壇酒場』と称された一群の酒場が繁栄を続けた時代があった。執筆の疲れと孤独を癒しに夜な夜な現れる作家たち、艶然としたマダムたち‥‥。あの勢いの良かった文壇酒場とは何だったのか、その歴史を振り返る」(紹介文より)「そのころの“銀座”」「“むうちゃん”という女性」「料亭より高級酒場へ」「昭和三十五年の時点」「戦後の伝統を背負った酒場」「文壇酒場時代の二大勢力」「竜宮城のような酒場」「若手作家たちの熱気」「有頂天な時代のおおらかさ」「酒場における作家の個性」「昭和四十年代から五十年代へ」「大看板の衰退」「変貌を遂げた“銀座”」‥‥など


「あの酒、その国、このお店―とっておきの世界のお店」

著者: 玉村豊男
出版社: 紀伊国屋書店
サイズ: 単行本
発行年: 1998年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
世界の珍しいお酒を取り上げ、その成り立ち、歴史、現地での飲み方などを解説。“ではいったい、そのお酒はどこで飲むことができるのか?”と、東京でそのお酒が飲めるお店を紹介。さらにお酒大好き人間が書き下ろしたエッセイも掲載

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「酔っぱらい読本・参」

著者: 吉行淳之介 編
出版社: 講談社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1979年初版
価格: 500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「熱い冷たい(永井龍男)」「悪酒の時代/酒のサカナに肝臓薬(梅崎春生)」「孔乙己(魯迅)」「ショウチュウのなぞ(星新一)」「詩と洋酒/飲みたくなる映画(開高健)」「酒と試験について(北杜夫)」「故里と酒(瀬戸内寂聴)」「空地(田村隆一)」「無精な旅人(庄野潤三)」「酒精中毒者の死(詩)(萩原朔太郎)」「花見酒(古典落語)(林家正蔵)」「君知るや名酒泡盛(坂口謹一郎)」「禁酒記(中野重治)」・・・・などエッセイを中心に小説や詩なども含めた酒についてアンソロジィ第3弾


「酔っぱらい読本・弐」

著者: 吉行淳之介 編
出版社: 講談社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1979年4刷
価格: 500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「勧酒」(井伏鱒二)、「酒ならダン!」(檀一雄)、「失われた混合酒」(O.ヘンリー)、「葡萄畑の精霊」(安岡章太郎)、「あの頃」(志賀直哉)、「杜甫の酒」(武田泰淳)「炎天のビール」(山口瞳)、「酒飲み月」(田辺聖子)「コネティカットのひょこひょこウサギ」(J.D.サリンジャー)・・・・など、エッセイを中心に小説や詩なども含めた酒についてアンソロジィ第2弾


「酔っぱらい読本・壱」

著者: 吉行淳之介編
出版社: 講談社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1978年5刷
価格: 500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
ジェームス・サーバー、丸谷才一、内田百聞、太宰治、吉田健一、草野心平・・・・などエッセイを中心に小説や詩なども含めた酒についてアンソロジィ。「朝酒/ハムレット異聞/バーへゆく時間」(丸谷才一)、「酔いどれとしらふの悪魔の会話」( アントン・チェーホフ)、「春野菜と竹筒の酒」(「酒少々の私のたのしみ」(佐多稲子)、「酒品」(大岡昇平)、「『泡はビールなりや否や』事件」(坂口謹一郎)、「おからでシヤムパン」(内田百閨j、「酒と戦後派」(埴谷雄高)、「酒ぎらい」(太宰治)、「飲む場所」(吉田健一)、「酒菜のうた」(草野心平)、「替り目」(古典落語・古今亭志ん生)、「或る主治医の記録」(大岡信)‥‥ほか


「とっておきワインと洋酒の物語」

著者: 藤本義一
出版社: 第三書館
サイズ: 単行本
発行年: 1998年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「酒は人生のあらゆるものをデフォルメする。日本人が赤ワインを呑みだしたのはワイン観のデフォルメに他ならない。古今東西、ワインと洋酒にまつわるエピソードを集めて酒の肴にし、さらにワインを楽しむための一冊」(紹介文より)


「酒、男、また女の話」

著者: 池田弥三郎
出版社: 有紀書房
サイズ: 単行本
発行年: 1966年初版
価格: 600円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
西鶴の書いた話から色欲に関するものと物欲に関するものとを5つずつ選んで「色と金、西鶴十のの物語として雑誌に連載した「西鶴十話」を中心に、自身の酒の遍歴をつづった酒の話、や男らしさ、紳士の条件といった男についてかいた男の話、そして女の話を収録した随筆集


「洋酒伝来」

著者: 藤本義一
出版社: 創元社
サイズ: 単行本
発行年: 1975年初版
価格: 1200円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
スモカ歯磨とさくらクレパスの編集者を経て、サントリー宣伝部で活躍、ウィスキーやワイン、ビールなどに関する著書を数多く発表し、洋酒の普及紹介に努めた著者が、ザビエルによる南蛮酒伝来からはじまる洋酒の歴史や日本に伝わってきた洋酒の紹介、それにともなう風俗などを解説する。「『看聞御記』に甘く黒い舶来酒」「ザビエルと南蛮酒渡来」「贈られた葡萄酒」「信長渡来品を愛蔵」「秀吉と葡萄酒2樽」「ニッハは蛮酒之名也」「家康の時代」‥‥など


「世界のワイン」

著者: アンドレ.L.シモン(訳:山本博)
出版社: 柴田書店
サイズ: 単行本
発行年: 1973年初版
価格: 1200円
状態: B/函シミあり
▼ 本の紹介 ▼
飲料と料理の世界的に著名な評論家で、ロンドンに国際ワインフード協会を創設したある著者が、ヨーロッパを中心にアフリカやアメリカ、日本など世界のワインの銘柄を解説する


「新しきこと面白きこと―サントリー・佐治敬三伝」

著者: 廣澤昌
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
発行年: 2006年3刷
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
社長としてサントリーを一大洋酒メーカーに育てた名経営者である佐治敬三の評伝。酒だけを売ろうとしたのではなく、酒がある生活を売ろうとし、サントリーホールの設立など文化振興にも力を尽くした男の実像に迫る


「世界 ワイン・ヴィンテージ案内」

著者: マイケル・ブロードベント(訳:山本博)
出版社: 柴田書店
サイズ: 単行本
発行年: 1998年4刷
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
世界中の主要のワイン産地の、それぞれヴィンテージとワインの質を評価するとともに、未熟成ワインの貯蔵の仕方と、貯蔵の期間を明記、ワインの熟成期と飲みごろを解説する


「酒の肴になる話」

著者: 矢口純
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
発行年: 1986年4刷
価格: 500円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「エスプリと笑いの結晶。同時代人はウム、ソウダ。若い世代はナァルホド。随筆の名手が酒を愛する人に贈る72のいい話」(帯より)「菜の花畑」「春告鳥」「昼食会」「飯蛸」「風そよろ」「卯の花」「黄色いスズメ」「根本の根本」「女の花道」「牛乳配達」「ラムネ玉」「ミミズの歌」「年賀状」「ネコ違い」‥‥など


「和飲物語」

著者: 松本延昌
出版社: キッコーマン
サイズ: 単行本
発行年: 1974年初版
価格: 1200円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
日本産のワイン作りに力を注ぐ人々と出会い、日本のワインのよさを知り、そして日本のワインの普及のため「日本ワイン物語」を執筆。サンケイ新聞に連載されたそれらの記事を中心にまとめられた本。鈴木康司による版画風の挿絵はいい雰囲気をだしています。装丁:平野甲賀。「勝沼市の旅情」「海獣葡萄鏡」「葡萄文明の道」「巴里仕込みの新技術」「コルクの秘密」「赤の魅力」「気品の発泡酒」「ワインの騎士」「ボルドー宣伝隊」「花の収穫年組」・・・・など


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る