「大河内昭爾」の本の検索結果

「味覚の日本地図」

著者:  大河内昭爾
出版社:  冬樹社
サイズ:  単行本
発行年:  1980年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「食通の発見と楽しみ。旅情と味覚の賛歌。珍味佳肴への尽きない愛着から生まれた軽妙洒脱な楽しいエッセイ集。食べものと旅情の微妙な心のふれあいがいま甦る。」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「大河内昭爾」の本があるか調べてみる


「猫舌の食べ歩き続味覚の日本地図」

著者:  大河内昭爾
出版社:  冬樹社
サイズ:  単行本
発行年:  1981年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「東京うまいもの地図」「北海道の味」「石見の旅情」「多摩・八王子の一品」「北陸と日向のそば」といった日本各地の味覚から、「平安京の食べもの―芥川龍之介「芋粥」」「ほうれん草のおひたしの味―上林暁「楽しき昼食」」「食欲のエネルギー―開高健「玉、砕ける」」「忘れがたい家庭劇―丹波文雄「中華料理店」」「すっぽん料理―岡本かの子「食魔」」‥‥など、作家が作品の中で書いた食についてのエッセイ集→表紙を拡大


「粗食派の饗宴」

著者:  大河内昭爾
出版社:  文化出版局
サイズ:  単行本
発行年:  1987年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

都会料理や美食を取り上げるのではなく、食を大事にする志を含んだ田舎料理、粗食を取り上げ、食と文学と人にかかわりをつづった随筆集。
【目次より】
「粗食派の文学と美食派の文学」「明治の文学と食べもの」「吉田健一の「饗宴」」「井伏家のうどん」「下戸の嘆息」「マヨネーズはメルヘンだった」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「大河内昭爾」の本があるか調べてみる