「玉村豊男」の本の検索結果

「ヴィラデスト・カフェブック」

著者:  玉村豊男
出版社:  東京書籍
サイズ:  22×18cm(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

信州東部、標高850メートルにある「ヴィラデストの丘」は千曲川と北アルプスを一望できるカフェレストラン。自分たちで育てた野菜やハーブで料理を作り、自分たちが世話したブドウでワインを造る、そんなカフェの日々や自慢のお手製レシピや、信州の自然に囲まれた生活などをつづった本→表紙を拡大

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「私のワイン畑」

著者:  玉村豊男
出版社:  扶桑社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1997年2刷
価格:  500円
状態・備考:  A

「『酒量民族』は卒業し、「濃厚民族」からも遠ざかりつつある今、自分の好きな料理を適量つくり、好きな空間でゆっくり味わいながら食べる…伴侶は醸造酒、なかでもワインが好ましい。みずからワイン造りを思いたった著者が、初収穫から赤ワイン“ヴィラデスト1993”十四本を手にするまでの汗と苦闘の日々」(紹介文より)→表紙を拡大

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「あの酒、その国、このお店―とっておきの世界のお店」

著者:  玉村豊男
出版社:  紀伊国屋書店
サイズ:  単行本
発行年:  1998年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

世界の珍しいお酒を取り上げ、その成り立ち、歴史、現地での飲み方などを解説。“ではいったい、そのお酒はどこで飲むことができるのか?”と、東京でそのお酒が飲めるお店を紹介。さらにお酒大好き人間が書き下ろしたエッセイも掲載→表紙を拡大

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「ヴィラデスト菜時記―暮らしの輪郭線」

著者:  玉村豊男
出版社:  毎日新聞社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「朝日とともに目覚め、絵を描き、原稿を書き、昼寝をしてから、畑を耕し、ワインを飲みながら夕げの支度…。暇はなくても快適、農園暮らしの日々をつづった本」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる


「食の地平線」

著者:  玉村豊男
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1982年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

季刊「くりま」に連載されたエッセイを中心にまとめた本。「ニラミダイの研究」「貴族から乞食までパリジャンは毎日なにを食べているのか」「ハトを撃つ男」「カリフォルニアのワインメーカーたちは今‥‥」「いまアメリカでもっとも哀れな体重の不自由な人々の物語」「沖縄歳末豚之声」「ラーメンとマダガスカルのキツネザルに関する九つの断章」「あとがき―食の地平線」→表紙を拡大

→このほかに「玉村豊男」の本があるか調べてみる