日本の小説・随筆(ナ行) (全30件)

「風と花の記」

著者:  中村汀女
出版社:  芸術生活社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1973年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

【目次より】
「島影」「潮濃き丘」「朝のパン」「青桐に吹く風」「夏はじまる」「季節のたより」「猫の名はアカ」「初時雨」「或る小春日和」「蜜柑の花」「旅の川」‥‥など →表紙を拡大


「なぎの葉考」

著者:  野口富士男
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1970年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

昭和11年、暗い時代、旅の途上で出会った一人の娼婦。彼女の面影を求め、40年後再訪の旅に出るという川端康成文学賞受賞作「なぎの葉考」をはじめ「新芽ひかげ」「石の墓」「老妓供養」「耳の中の風の音」の短篇を収録 →表紙を拡大

 →このほかに「野口冨士男」の本があるか調べてみる


「身辺すごろく」

著者:  永井龍男
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1976年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

生まれ育った古き東京の回想や移り住んだ鎌倉での生活や風物をつづった「カレンダーの余白」「ネクタイの幅」に続く3冊目の随筆集 →表紙を拡大

 →このほかに「永井龍男」の本があるか調べてみる


「私のなかの東京―わが文学散策」

著者:  野口冨士男
出版社:  中央公論社
サイズ:  文庫本
発行年:  1989年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

後に都電三号線になった外濠線沿いを手始めに銀座、小石川、本郷、上野、浅草、吉原、芝浦、麻布、神楽坂、早稲田‥‥。明治末年生まれの著者が、明治以後の文学作品と記憶の中にある東京の姿を可能なかぎりに詳細に記した回想記 →表紙を拡大

 →このほかに「野口冨士男」の本があるか調べてみる


「幸吉八方ころがし」

著者:  永井龍男
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1963年再版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「天然真珠の養殖を成功させ、立志伝中の人物として国定教科書にも華々しくとり上げられた世界の真珠王・御木本幸吉。天衣無縫ともいうべき型破りの96年の生涯を短篇の名手が丹念な取材で克明にたどる。鋭い人間観察とみごとな文章、バランスの良い構成。矛盾にみちた長い人生を鮮かに活写した評伝文学」(紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「永井龍男」の本があるか調べてみる


「わが切抜帖より<雑文集>」

著者:  永井龍男
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1969年3刷
価格:  1200円
状態・備考:  A

「カレンダーの余白」に続いて昭和43年に発表された2冊目の随筆集。新聞や雑誌などで気になった記事を紹介する形のものや酒に関する交遊録「酒徒交傳」、中原中也、直木三十五、古川録波、菊池寛など、同僚や友人たちの思い出やエピソードを語ったものなどで構成されている →表紙を拡大

 →このほかに「永井龍男」の本があるか調べてみる


「青梅雨―その他」

著者:  永井龍男
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1966年2刷
価格:  800円
状態・備考:  B

借金を苦に心中を遂げた老一家の当日を描いた「青梅雨」、中流家庭の奥さんたちの軽快なかけひきをつづった「しりとりあそび」のほか、「いてふの町」「ある友の会」「とこやのいす」「ちっちゃな靴下」「傘のありか」‥‥などを収録 →表紙を拡大

 →このほかに「永井龍男」の本があるか調べてみる


「コチャバンバ行き」

著者:  永井龍男
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1973年3刷
価格:  800円
状態・備考:  A

「湘南で多少の土地を持ち、家を貸して自適生活する主人公。妻は仕事で不在がち。“安全な生活”とは何か。元上司との様々なやりとりのあと、上司は妻を失う。南米、ボリビアでのバスの乗客の何の苦痛もない死―。ささやかな生活の描写の中に人生の哀歓をつむぎ出す、永井龍男独自の“美学”の結晶」(紹介文より) →表紙を拡大


「この人 吉田秀雄」

著者:  永井龍男
出版社:  朝日新聞社
サイズ:  単行本
発行年:  1971年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「社会的にも評価の低かった一広告代理店を世界の「電通」にまで急成長させた“広告の鬼”吉田秀雄の波瀾にみちた生涯を数多くの証言と資料とで立体的に描いたヒューマン・ドキュメント。視界ゼロの時代において経営者はいかにあるべきか。ビジネスにとって創意工夫とは何かを教えてくれる異色の評伝」 →表紙を拡大


「森」

著者:  野上彌生子
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1985年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

「日本文学大賞受賞。近代日本の百年を生きた著者の畢生の大作。磨きぬかれた文章で描く恋愛、友情、嫉妬。明治の青春の群像を蘇らせた本格的小説」(帯より) →表紙を拡大