「なぎの葉考」

著者:  野口富士男
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1970年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

昭和11年、暗い時代、旅の途上で出会った一人の娼婦。彼女の面影を求め、40年後再訪の旅に出るという川端康成文学賞受賞作「なぎの葉考」をはじめ「新芽ひかげ」「石の墓」「老妓供養」「耳の中の風の音」の短篇を収録 →表紙を拡大

 →このほかに「野口冨士男」の本があるか調べてみる


前のページにもどる