日本の小説・随筆(サ行) (全72件)

「おてんば七十歳」

著者:  城夏子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1974年初版
価格:  2000円
状態・備考:  A

戦前から少女小説を書いていた著者は、還暦をすぎ時に持ち家を処分して、有料老人ホームへ自ら入居する。そこでの暮らしをつづったエッセイ集。
【目次より】
「さわやかに老いる」「ひとり暮らしのそのはては」「愉しきかな老年」「老人ホームの人間学」「おちゃめ随想」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「城夏子」の本があるか調べてみる


「年々の手応え」

著者:  佐多稲子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1981年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「日本のプロレタリア文学の巨星中野重治の死に対面しての、思いふかい貴重な全発言を中心に、文学、縁のある人、芝居、季節の美を自在に語って、憲法の今日的意味まで及ぶ最新全エッセイを収録」(帯より)
【目次より】
「中野重治のこと」「言葉のこと、など」「人の縁」「舞台雑感」「女たちの足音」「身のまわり」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「佐多稲子」の本があるか調べてみる


「幻華」

著者:  芝木好子
出版社:  文藝春秋
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1971年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

「伝統か、自由か。華道界で対立する青々園派の次期家元・青江と前衛華道家・高原‥‥。花をめぐるふたりのライバルの相反する生き方を通して、芸術に賭けた男のロマンを追求する」(紹介文より)→表紙を拡大

 →このほかに「芝木好子」の本があるか調べてみる


「光琳の櫛」

著者:  芝木好子
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

高級小料理屋を営み櫛や簪を収集する趣味のある女性と、鉄鋼会社の社長や美術史家光琳の櫛を持つ男‥‥など彼女にまつわる男性たちの話。櫛や簪といった骨董品を小道具にし、男と女を描きつつも常に男よりも櫛に心を注ぐ女性との執念を描いた作品→表紙を拡大

 →このほかに「芝木好子」の本があるか調べてみる


「らくがき帳」

著者:  渋沢秀雄
出版社:  東京美術
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/函シミ、ヤケあり

渋沢栄一を父に持ち、鉄道敷設・電力供給などを含め田園調布の計画的で大規模な宅地開発に携わっていたが、戦後は公職追放により、随筆の執筆、絵画、俳句、長唄、小唄といった趣味に生きた著者が、日々の暮らしや過去の思い出・記憶などを、自身による挿絵を添えてつづったエッセイ集→表紙を拡大


「星に願いを」

著者:  庄野潤三
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「ここには穏やかな日常がある。子供が成長し、2人きりの夫婦の時がゆったりと流れる。鳥たちはさえずりハーモニカがきこえる。」(帯より)「貝がらと海の音」に登場する当時小学生だった次男の長女のフーちゃんが、高校の吹奏楽部に入り定期演奏会に出かけていく「星に願いを」をはじめ、子供が大きくなり、みな結婚して、「山の上」のわが家に二人きり残された夫婦が、いったいどんなことをよろこび、どんなことを楽しみにして暮しているかを描いた連作→表紙を拡大

 →このほかに「庄野潤三」の本があるか調べてみる


「けい子ちゃんのゆかた」

著者:  庄野潤三
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「孫娘のけい子ちゃんに買ったゆかたが大きくて着られない。妻が寸法を直すことになったものの、お祭りは今日の夕方。さて、間に合うだろうか?…孫の成長を喜び、庭に来る鳥たちに語りかけ、隣人との交歓を慈しむ穏やかな日々。夜になると夫はハーモニカで童謡を吹き、妻はそれに和してうたう。子供たちが独立し、山の上のわが家に残された夫婦の豊かな晩年を描くシリーズ第十作」(紹介文より)→表紙を拡大

 →このほかに「庄野潤三」の本があるか調べてみる


「野菜讃歌」

著者:  庄野潤三
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

「丘の上の家に移り住んで幾十年が経ち、“禿山”だった庭には木々や草花が育ち、鳥達が訪れる。巣立った子供や身近な人々の間を手作りや到来の品が行き交い、礼状に温かく心が通い合う。「野菜が好き」と語り出す食べ物の話、父母や師友への追懐、自作の周辺等、繰り返しとみえてその実同じではあり得ない日常を、細やかな観察眼と掌で撫でさする慈しみを以て描き静かな感動を誘う随筆四三篇に、中篇「私の履歴書」を併録」(紹介文より) →表紙を拡大

 →このほかに「庄野潤三」の本があるか調べてみる


「引潮」

著者:  庄野潤三
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1977年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「戦地の死の危険を潜りぬけ、瀬戸内の島の生活に励む老人を捉え、さながら禍福は糾える縄のごとしという人間の運命を描く。少年の時乗り込んだ石炭船が沈没の憂き目にあい、台湾では歯医者で働く少女に熱烈に慕われ、フィリピンで負傷して広島の病院に送還され、生まれ在所恋しさの余り帰郷して被爆を免れる。夏は田を耕し冬は漁に精出し、喉が渇いたら水を飲むように自然に生きる。淀みなく語る七十年余りの生涯を自在にして滋味溢れる筆致で描く」(帯より)→表紙を拡大

 →このほかに「庄野潤三」の本があるか調べてみる


「らくがき帳」

著者:  澁沢秀雄
出版社:  文藝春秋社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1960年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/函イタミあり

俳句雑誌「春燈」に連載された画と分を収録した随筆集
【目次より】
「感情放水路」「ネコと人」「ドロボーの意見」「切腹の妙薬」「金ボタンの時代」「閑話三題」「句会の空気」「おかしな茶会」「食物誌抄」「横文字ばなし」「飛行機」「半泊旅行」「軽避難」「大仏と観音」‥‥など→表紙を拡大


「思うどち」

著者:  佐多稲子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1986年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

親しい友といる幸せな安らぎと出会った人たちへの深い想いをつづった随筆集
【目次より】
「今年のわが新春」「思い出の正月」「幼な友達のその後」「新と旧と」「思うどち」「雛人形へのわが思い」「わが誕生日」「一夏毎の30年」「この夏の出合い」「大きな間違いのあとで」「暗と明の両面で」「「美の流れ三代」展を見て」「久しぶりに映画を見て」「「驢馬」の頃の堀辰雄」「室生さんのおもいで」「中野重治と郷土」「山本健吉さんのこと」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「佐多稲子」の本があるか調べてみる


「文学交友録」

著者:  庄野潤三
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「私に文学の刺激を与えてくれた人々に、いま捧げたい…大学に入学して出会った二人の先生に始まり、伊東静雄、島尾敏雄、佐藤春夫、三好達治、阪田寛夫、吉行淳之介、安岡章太郎、井伏鱒二、河上徹太郎、そして実兄の庄野英二まで、昭和から平成への文学史を華やかに彩った作家たちとの交情を、数々のエピソードや、お互いに交し合った手紙を通して綴る、温かな筆致の魂の記録」(紹介文より)
【目次より】
「ティペラリー」「十月の葉」「伊東静雄」「島尾敏雄・林富士馬」「『雪・ほたる』」「佐藤春夫」「藤沢桓夫・長沖一・『反響』のころ」「三好達治・阪田寛夫」「吉行淳之介・安岡章太郎・近藤啓太郎」「福原麟太郎・十和田操・坂西志保」「井伏鱒二・河上徹太郎・中山義秀」「小沼丹・庄野英二」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「庄野潤三」の本があるか調べてみる


「ガンビアの春」

著者:  庄野潤三
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本
発行年:  1980年初版
価格:  1300円
状態・備考:  B

「アメリカ、オハイオ州の小さな村ガンビアを二十年ぶりにおとずれた私と妻は、古い友人たちと再開し、また新しい友人たちにも出逢う。国を超えた友情とその深まりを、ガンビアの自然の中に描きだした、心あたたまる長編小説」(帯より)→表紙を拡大

 →このほかに「庄野潤三」の本があるか調べてみる


「ゴルフ 酒 旅」

著者:  大岡昇平
出版社:  番町書房
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/背ヤケ

【目次より】
「文士とゴルフ」「自己克服のゴルフ」「これでもゴルフを止められない」「国際ゴルフに勝つには」「ゴルフ旅行」「ゴルフは楽しくルールはきびしく」「斗酒四十年」「酒品」「フランスへの郷愁」「パリの酢豆腐」「ヤガラの味」「本が買えない」「眠りと夢」「コンピュータ時代」「夏の旅」「見知らぬ故郷」「旅の初め」「スペインの苔」「コルシカの旅」‥‥など →表紙を拡大


「回想紀行」

著者:  庄野英二
出版社:  編集工房ノア
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1989年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

一般旅行者の海外渡航が自由でなかった時代、1952年に初めてヨーロッパ、中近東、インドに行った時のことをつづる→表紙を拡大

 →このほかに「庄野英二」の本があるか調べてみる


「女茶わん」

著者:  佐多稲子
出版社:  三月書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/カバーにシミあり

【目次より】
「青春放浪」「『学歴なし』の履歴書」「隅田川」「思いで多き町」「十七歳のころ」「キャラメル工場から」「なが年の末」「本をもらった記憶」「小さなおもいで二つ」「徳田秋声氏」「柳田国男先生」「室生さんのこと」「火野葦平さんのこと」「北軽井沢の野上さん」「中野さんの忙しさ」「わが小説」「生活そのもの」「私の発想法」「小説に反した事実の世界」「取材紀行」「描いた人たち」「探した本」「正直な欲求」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「佐多稲子」の本があるか調べてみる


「春の散歩」

著者:  芝木好子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1986年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「女は仕事が総てではない。きょう1日を生きた、という手応えを、愛においても、仕事においても、生活においても欲しいのである―。心に残る人と旅の思い出、美とのふれ合い、趣味の楽しみ。著者が生れ育った下町の暮しと、移りゆく世相への哀惜をこめて綴る63編。芝木文学の素顔を伝える名随筆集」(紹介文より)
【目次より】
「菊坂70番地」「湖北残雪」「愛犬たち」「パリの散歩」「初釜」「上野の牡丹園へ」「下町の粋」「ヴェニスの眺め」「貝紫の帯」「ボストン美術館の能衣装展を観て」「李朝のやきもの」「日本の美」「京都折々」「故宮の陶磁」「ブーローニュの森で」「パリの荻須画伯」「三岸節子さんのアトリエ」「野上弥生子先生」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「芝木好子」の本があるか調べてみる


「私の一日」

著者:  里見トン
出版社:  中央公論社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1980年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

鎌倉での日々や若かった頃の自身の話、志賀直哉、泉鏡花といった友達とのエピソードなどがつづられた随筆集
【目次より】
「私の一日」「旧友」「小坪の漁師」「泉鏡花」「菊池寛君のこと」「昔の学習院」「初飛行と大震災」「わたしの鎌倉」「地震座役者評判記」「はじめとをはり」「思ひ出すままに」「志賀君との間柄」「万能選手志賀直哉」「滅多にないほどの仕合わせ」「一つの安らぎ」「死とその周辺」「四方山話」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「里見トン」の本があるか調べてみる


「秋日和。彼岸花」

著者:  里見トン
出版社:  夏目書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー上部1cm程度破れあり

「小津映画の原作となった『秋日和』『彼岸花』の表題作を含む映像感覚あふれる10篇の短篇を収録。小津映画の源流・里見トンの全貌が今ここに明かされる。旧かなづかいで書かれた、なつかしい日本の姿」→表紙を拡大

 →このほかに「里見トン」の本があるか調べてみる


「ふところ手帖」

著者:  子母澤寛
出版社:  中央公論社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1961年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

「勝海舟、榎本武揚など幕末動乱を生きた人物の実像を、歴史小説の第一人者が独自の語り口であざやかに描出した、格調高い歴史随筆集」(文庫本紹介文より)→表紙を拡大