旅の本(全般) (全27件)

「男と土曜日と水平線―開高健全対話集成2・青春・旅編」

著者:  開高健
出版社:  潮出版社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1982年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

男と土曜日と水平線(柳原良平)/翔ぶ人這う人(三浦雄一郎)/じっくりのんびりたっぷり(北杜夫)/旅を“旅”する(田村隆一)/ウィーンまたはバロックの闇(佐々木基一)/異国の街で(辻邦夫)/青春とは何か?(安岡章太郎)/わが“戦後”体験(野坂昭如) ほか →表紙を拡大

 →このほかに「開高健」の本があるか調べてみる


「自選「作家の旅」」

著者:  吉行淳之介
出版社:  山と渓谷社
サイズ:  単行本
発行年:  1976年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

海へ山へ/北海道についての二つの挿話/札幌の一夜/比叡山の日の出/京の女・京の夜/岡山/帰郷について/屋島登山記/榛名・赤城どらいぶ風土記/都会の中の旅/東京の屋根の下/夜の観光バス/東京深夜紀行/ラスベガス賭博見聞記/ローマのレストランで/バンコク三人旅/パリの娼婦/猫灰だらけ ほか →表紙を拡大

 →このほかに「吉行淳之介」の本があるか調べてみる


「旅から旅へ」

著者:  渡辺文雄
出版社:  旺文社文庫
サイズ:  文庫本
発行年:  1983年初版
価格:  400円
状態・備考:  A

旅とは日常生活、或いは東京からの脱出である/われわれは人に逢いたいのです/旅とは予感との出逢いである/念の力で白地図からコマ/八月のある日の風景/旅とは不良の行いである/すべてが自然の一部なのだ ほか →表紙を拡大


「われら人間コンサート」

著者:  秋山ちえ子
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  単行本
発行年:  1985年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

動物に魅せられたケニアのカメラマン/相撲取りと結婚したアメリカ娘リンさん/ときどき行きたくなる島/クレモナのヴァイオリン作り/アンズ干しと深情けの日本娘/スコットランドの日本人の花嫁さん ほか →表紙を拡大


「船旅への誘い―クルージング讃歌」

著者:  柳原良平、石郷岡まさお
出版社:  東京書籍
サイズ:  21×15cm
発行年:  1991年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

晴海発いざ処女航海へ/日本船ならでは、快適な船上大浴場/ハイライト、洋上の客船同士のあいさつ/好天、乾杯につぐ乾杯の1日/香港到着から即日帰国へ/研修船もまた楽し/日本のクルーズ元年 ほか →表紙を拡大


「酒、人、酒、旅」

著者:  巌谷大四
出版社:  作品社
サイズ:  単行本
発行年:  1982年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

ハバロフスクのレストラン/トルストイの豪邸/キエフの夜/アンデルセンの街/シェルブールの一日/香港の一夜/パリの街角で/豪華客船第一夜/バルセロナ初上陸/憧れのイスタンブール/明るい街リスボン/“白夜”の第一夜/絶景かなフィヨルド/スカンセン広場の夏至祭 ほか


「旅にしあれば」

著者:  團伊玖磨
出版社:  朝日新聞社
サイズ:  単行本
発行年:  1986年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

幾夜目覚めぬ/空の青/賤しい話/横浜中華街/三浦三崎/かんかん石/花電車/無銭旅行/白夜/二枚舌/阿蘭陀辛子/消える歌/スワニーの彼方/ナン・マドール/ライトニング・リッジへの道 ほか