カヌー犬ブックス


暮らしの本 (全87件)

「きこごよみ」

著者: 根本きこ
出版社: 主婦と生活社
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
祖母から母へ、そして著者へと受け継がれた季節に寄り添う暮らしのかたちや年中行事の仕方を紹介する。


「柳の芽」

著者: 森田たま
出版社: 美和書院
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1956年初版
価格: 1000円
状態: B/函イタミありまた経年によるシミなどあり
▼ 本の紹介 ▼
鼻緒や打ち水、浴衣など夏の日の風景など日本の昔ながらの風景をつづった随筆集


「楽しみ楽しみ」

著者: 大橋歩
出版社: 大和書房
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 1999年5刷
価格: 600円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「人生は山あり谷あり、いばらの道もあるけれど今がいちばん素敵。心に思うこと・感じたこと・ゆれる気持ち・アレコレを素直に、はっきり書いた、イラストいっぱいのエッセイ」(帯より)日本のお正月には神様がおいでになる/今年も花見に行こうと思う/食べものは大事です/どなるが勝ちなの?ドナルド父さん!/友達が大事になってきた年頃 ほか


「テレビの黄金時代」

著者: 小林信彦
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2002年初版
価格: 700円
状態: A/カバー一部少しヤケあり
▼ 本の紹介 ▼
「『夢であいましょう』『シャボン玉ホリデー』がはじまった1961年から10年余り、娯楽の王様としてテレビは黄金時代を迎えた。渥美清、クレイジー・キャッツ、坂本九、青島幸男、前田武彦、コント55号らが人気を博し、上り坂のメディアの作り手たちは若くて熱かった―その舞台裏をいきいきと描くメディア現代史」(カバー裏紹介文より)
【目次より】
「『イグアノドンの卵』」「テレビジョンことはじめ」「時代の入口の人々」「パイオニアの大きな実験」「黄金時代ひらく」「青島幸男の波紋」「植木等と『明日があるさ』」「東京オリンピックとダニー・ケイ」「『九ちゃん!』の内側」「“坂本九”の作り方」「『ジェンカ』の年」「難航する『植木等』ショー」「ドリフターズとコント55号」「萩本欽一の輝ける日々」「『ゲバゲバ90分!』への道」「なぜ、〈黄金時代〉か?」「五十年後の荒野」‥‥など


「テーブルの上のしあわせ」

著者: 大橋歩
出版社: 集英社
サイズ: 20×18cm(ソフトカバー)
発行年: 2001年 初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
雑誌「LEE」に連載したものから食にまつわる話をまとめた本。
【目次より】
「おいしい話、毎日のレシピ」「4つのキッチン物語」「私の好きなモノ」「北欧でみつけた、暮らしの楽しみ」 ほか


「僕の人生全て売ります」

著者: ジョン・フレイヤー
出版社: ブルースインターアクションズ
サイズ: 15×14cm
発行年: 2005年初版
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
人生リセットのため、身の回りのモノを全てネットで売った男の青春記。これは自分の身の回りのものを全て売りつくしてしまうという奇想天外なプロジェクトの記録。自伝でもあり、旅行記もあり、文化論でもある記録 


「あたらしい結婚日記」

著者: 服部みれい
出版社: 大和書房
サイズ: 18×14cm(ソフトカバー)
発行年: 2013年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「murmur magazine」編集長による結婚にいたるまでの日々をつづった日記
【目次より】
「2012年春 問題は好機そのものなのである日記」「2012年初夏 100%自分の責任なのである日記」「2012年夏 おかげさまで復帰してきました日記」「2012年初秋 夫がもうすぐあらわれるよ日記」「2012年秋 いやらしい東京日記」「2013年新年 婚約期間というのもオツなものですね日記」「2013年春 本当に、わたしたち、結婚しました日記」


「今日もていねいに。」

著者: 松浦弥太郎
出版社: PHP研究所
サイズ: 18×13cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年13刷
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「『暮しの手帖』編集長、書店経営、文筆業と、八面六臂の活躍を続ける著者が自身の経験から見つけた、まいにちを大切に生きる秘訣。よく働き、よく暮らすための実用集」(帯より)「すこやかな朝ごはん」「とびきりのランチ」「しなやかな人生のためのアロマ」「おだやかな晩ごはん」‥‥など 


「暮しの手帖2009年10月号増刊 やさいのアイデア手帖」

著者:
出版社: 暮しの手帖社
サイズ: 28×21cm(ソフトカバー)
発行年: 2009年9月
価格: 500円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「暮しの手帖」に連載されている「エプロンメモ」の中から野菜を料理するときに役立つ小さなアイデアや、レシピ、調理法などを紹介。
【目次より】
「毎日を楽しくかえる野菜のエプロンメモ200選」「エプロンメモ・野菜別インデックス」「暮しの手帖の傑作野菜レシピ」「とっても簡単にできます野菜の具だくさんスープ5」「野菜をおいしく食べる基本ワザ」「三人の食卓 二十一品のお惣菜―沢村貞子、幸田文、立原正秋」「見直される在来野菜 種を守る人、味を守る人」「野菜をおいしくたくさん食べる法」「野菜の保存法」‥‥など


「ふらりふらり帖」

著者: 柳沢小実
出版社: 新泉社
サイズ: 18×13cm
発行年: 2005年初版
価格: 700円
状態: B/ページの端おれあり
▼ 本の紹介 ▼
「web上に連載中の日記「ふらりふらり帖」に、初秋から晩秋にかけての鎌倉散歩レポート「海をめざして」、切手蒐集の楽しさをつづった「乙女の切手道」、あるグラスとの出会いについて書いた「グラスに焦がれる」など、5本のエッセイを書き下ろし」(帯より)「チャーミング・シックな六月の鎌倉」「鎌倉後のブランチ」「乙女の切手道」「グラスに焦がれる」「わたしの蔵書票」「装画で本選び」「ふらりふらり帖」・・・・など 


「ダカフェ日記」

著者: 森友治
出版社: 集英社
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 2009年9刷
価格: 1000円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「夫婦ふたり、子供ふたりと犬いっぴき。どこにでもいそうな、ある家族の日常。何気ないけれどうれしくて、楽しくて、美しい。そんな瞬間を父親のカメラは写し出す。『日本ブログ大賞2006』写真大賞受賞。1日3万アクセスの大人気ブログが写真集になりました」(紹介文より)


「日本橋私記」

著者: 池田弥三郎
出版社: 東京美術
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1972年2刷
価格: 800円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
「風格あるたたずまいを見せる日本橋・京橋・銀座界隈。本書は、定評あるエッセイストとして知られる著者が、心をこめて描いた『わが街・東京』に寄せる風土記であり、史実を縦横に織りまぜてその今昔をみごとに語っている」(帯より)
【目次より】
「日本橋とわたし」「魚河岸」「江戸の地名」「『江戸前』という話」「江戸っ子」「橋の歴史」「明治の架橋」「銀座半世紀」「ひと住まぬ町」「八丁目界隈」「銀座の文明開化時代」「トウケイかトウキョウか」「東京の祭り」「東京掌篇」‥‥など


「季節のうた」

著者: 佐藤雅子
出版社: 文化出版局
サイズ: 単行本(ハードカバー)
発行年: 1977年4刷
価格: 900円 [Sold Out]
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
元人事院総裁故佐藤達夫氏夫人で、「私の保存食ノート」や「私の洋風料理ノート」といった料理本も出している著者が、四季を紡いだ、丁寧で豊かな暮らし方をつづった本


「人生と(上手に)つきあう法」

著者: アンディ・ルーニー(訳:井上一馬)
出版社: 晶文社
サイズ: 単行本
発行年: 1985年初版
価格: 700円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
CBSテレビの情報番組のテレビコラムを担当する著者によるコラム集。バスタブから医者、アイスクリームから大統領候補、クリスマスから三行広告、近所付き合いから宇宙旅行まで、読者や視聴者が既に知っているような幅広い題材を扱いながら、知っていることに気づかなかったことを描き出す。
【目次より】
「大統領の朝食」「ファーストレディ」「夏休み」「プレセント」「トラベラーズチェック」「企業」「人生は長いか短いか」・・・・など 


「好きな理由」

著者: 高橋みどり
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 21×15cm(ハードカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 600円
状態: B/カバー上部少しイタミ
▼ 本の紹介 ▼
「ここらへんでもう一度私の好きなものを見つめて、好きの基準を知っておこう。そうして自分流の気持ちのいい生活を始めよう。革の鞄、コート、布の耳、朝の過ごし方、高知の一日」


「家―家の話をしよう」

著者: 無印良品
出版社: 良品計画
サイズ: 25×18cm
発行年: 2007年初版
価格: 600円
状態: B/ゆがみあり、そのほかはきれいです
▼ 本の紹介 ▼
すっぴんの箱(=スケルトン)に、工夫を凝らした内装(=インフィル)をしつらえる。スケルトン+インフィルという方法でなら、「自分だったら」、「こんなふうに」を自由に実現する家づくりを、無印良品が提案


「日本生活歳時記」

著者: 社会思想社編
出版社: 社会思想社
サイズ: 単行本
発行年: 1980年5刷
価格: 900円
状態: B
▼ 本の紹介 ▼
1年、各月のはじめにその月の「年中行事生活歳時一覧」をあげその中から重要な、または季節感あふれる項目を選びそれについて解説した本


「ジャパニーズピクニック」

著者: 金子純子
出版社: 女子栄養大学出版
サイズ: 21×15cm(ソフトカバー)
発行年: 2002年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
ニッポン風ピクニックのいろいろを写真とともに紹介。「河原でたき火ピクニック」「お茶室ピクニック」「おもちつきはおいしいピクニック」「風と光のピクニック」「きょうは着物でピクニック」「小池アミイゴさんのアートスクール」「おいしいアートお好み焼コンテスト」‥‥など


「まいにち、まいにち」

著者: 伊藤まさこ
出版社: PHP研究所
サイズ: 新書判(ソフトカバー)
発行年: 2008年初版
価格: 700円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
「月曜日に市場に出かけ、火曜日に友だちが来る。水曜日にごはんを作り、木曜日は温泉に入る。金曜日に旅支度をし、土曜日は汽車にのりこむ。日曜日はぐうたら‥‥本人撮り下ろしのカラー写真満載、人気スタイリストの日記本」(帯より)


「OCCASIONS―おもてなし」

著者: ケイト・スペード
出版社: ブックマン社
サイズ: 20×15cm(ハードカバー)
発行年: 2005年初版
価格: 800円
状態: A
▼ 本の紹介 ▼
気軽な集まりでも改まったパーティーでもそんなパーティにも役立つ、便利で新しい感覚のおもてなし術を、230点以上の水彩画を添えて掲載した実用的ガイドブック


  • >>食べものの解説・紹介
  • >>食べものについての随筆
  • >>珈琲、紅茶、お茶などについての本
  • >>お酒についての本
  • >>お菓子・ケーキ
  • >>パン
  • >>お店や料理人、店主の本
  • >>さまざまな地域の食べもの紹介
  • >>調理器具や食器の本
  • >>レシピ(全般)
  • >>レシピ(日本料理)
  • >>レシピ(西洋料理)
  • >>レシピ(アジアの料理)
  • >>レシピ(お弁当)
  • >>レシピ(酒の肴、おつまみ)
  • >>レシピ(お菓子、パン)
  • >>暮らしの本
  • >>家・インテリア・エクステリア
  • >>雑貨の本
  • >>洋服・きもの・裁縫・手芸
  • >>ハンドメイド
  • >>音楽・映画の本
  • >>趣味の本
  • >>陶芸・工芸・骨董
  • >>本についての本
  • >>デザイン、写真集、画集など
  • >>日本
  • >>アジア
  • >>アメリカ、カナダ
  • >>中南米、カリブ
  • >>ヨーロッパ
  • >>オセアニア
  • >>中東、アフリカ
  • >>そのほか
  • >>日本の小説・随筆(ア行)
  • >>日本の小説・随筆(カ行)
  • >>日本の小説・随筆(サ行)
  • >>日本の小説・随筆(タ行)
  • >>日本の小説・随筆(ナ行)
  • >>日本の小説・随筆(ハ行)
  • >>日本の小説・随筆(マ行)
  • >>日本の小説・随筆(ヤ行)
  • >>日本の小説・随筆(ワ行)
  • >>アンソロジー
  • >>英米文学(ア行)
  • >>英米文学(カ行)
  • >>英米文学(サ行)
  • >>英米文学(タ行)
  • >>英米文学(ナ行)
  • >>英米文学(ハ行)
  • >>英米文学(マ行)
  • >>英米文学(ラ行)
  • >>英米文学(アンソロジー)
  • >>フランス文学
  • >>ドイツ文学
  • >>イタリア文学
  • >>そのほかのヨーロッパ文学
  • >>ラテンアメリカ文学
  • ▲ページトップに戻る