「富士正晴」の本の検索結果

「あなたはわたし」

著者:  富士正晴
出版社:  未来社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1964年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

→表紙を拡大

→このほかに「富士正晴」の本があるか調べてみる


「極楽人ノート」

著者:  富士正晴
出版社:  六興出版
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「人間観察の極意。若き日に出会った竹内勝太郎・榊原紫峰・伊藤静雄・高村光太郎の思い出から、久坂葉子・花田清輝・武田泰淳・檀一雄・小林太市郎・長沖一らへの追悼の記、貝塚茂樹・小野十三郎・司馬遼太郎‥‥など深い付き合いのなかから生まれた卓抜な人物エッセイなど、快筆で描く交遊帖」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「富士正晴」の本があるか調べてみる


「贋・海賊の歌―富士正晴評論集」

著者:  富士正晴
出版社:  未来社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1967年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

【目次より】
「わたしの戦後」「植民地根性について」「道元を読む」「呆然感想」「同人雑誌『三人』成立」「同人雑誌「三人』について」「VIKING号航海記」「竹内勝太郎論」「不機嫌文章」「退屈文章」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「富士正晴」の本があるか調べてみる


「紙魚の退屈」

著者:  富士正晴
出版社:  人文書院
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1972年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B/函少しイタミあり

「この猖?な世の中に愛想を尽かし、書物の中の紙魚さながらに陋屋に閉じ籠もる著者・その洒脱な処世法と痛快な現代風刺が読者の脱社会への潜在本能を快く擽って読後人間らしい退屈の法悦境を現出させる。好随筆集」(帯より)
【目次より】
「旭日昇天の春」「父として」「小さい日本人」「十年の恐怖」「紙魚の分際」「退屈通信」「現代退屈の諸様相」「私の織田作之助像」「文学の友」「あの人この人」「少年と老人の間」「藪の中も変わった」「わが読書・わが反訳」「喜劇についての存念」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「富士正晴」の本があるか調べてみる


「狸の電話帳」

著者:  富士正晴
出版社:  潮出版
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1975年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「贋・海賊の歌」「八方やぶれ」「紙魚の退屈」「思想・地理・人理」につづく5冊目の随筆集。
【目次より】
「生きた“教訓”」「旅ぎらい」「愛をたしかめる術はあるか」「文楽人形とテレビ」「閑中多忙通り越す」「泣く間があったら笑らわんかい」「くたびれの日々」「人間の悩み」「物量こそ精神である」「三島由紀夫の追憶」‥‥など→表紙を拡大