「根本きこ」の本の検索結果

「うちの週末ごはん―気分で決める、休みの日のメニュー91」

著者:  根本きこ
出版社:  小学館
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

子どもの頃親しんだ味から大人になってから好きになった味まで、休みの日にゆっくりと味わうにもってこいのメニューを91収録
【目次より】
」「野菜をたっぷりとりたい」「おなかいっぱい食べたい」「ピリリとスパイシーに」「あっさり、さっぱりと」「なんだかカレー気分」「ぬくぬく気分」「チャチャッと麺」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「おとな時間」

著者:  根本きこ
出版社:  地球丸
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「2011年、春、沖縄に移住した根本きこさん。それまで暮らした神奈川・逗子でのこと、営んでいた「coya」と「oku」のこと。妊娠から移住までの、約7年間。穏やかだった日々を綴ったエッセイ」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「遅めの和ごはんと夜ふかしおやつ」

著者:  根本きこ
出版社:  アスコム
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

お酒と一緒におつまみが食べたい、ちょっと甘いものが欲しい‥‥など、夜中に小腹がすいた時にささっと作ることができる低カロリーで胃にやさしいもの、お酒にもごはんにも合うおかず、手早く作れる料理をレシピを77紹介。
【目次より】
「じゃこのだし巻き卵」「鯛のカルパッチョ温泉卵のせ」「ひじきのバルサミコ風味」「ゆかりごはん+しじみのみそ汁」「玄米ごはん(梅干し)+さつまいもとかぼちゃのみそ汁」「マグロの漬け」「かつおのたたき」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「酒の肴、おいしい愉しみ」

著者:  根本きこ
出版社:  集英社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

お酒も料理も仲間と呑んで静かなおしゃべりと笑い声が続く‥‥そんな時間を演出してくれる酒の肴としてはもちろん、ふだんのおかずにもピッタリな42のレシピをはじめ、酒蔵巡りや酒器選びまで、お酒のある台所生活などを、料理研究家でカフェを営む無類の酒好きの著者が紹介する→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「夜なごみおかずとしめくくりヌードル」

著者:  根本きこ
出版社:  アスコム
サイズ:  26×21cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

タイトルにあるように、遅い夜に煮豚、煮卵をごはんと一緒に、お酒を飲みながら、あるいは、ちょっと小腹がすいたときや休日のお昼など、そんなときに、保存しておいたスープストックを使って手早く作って食べることのできる麺やおつまみのレシピを紹介→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「根本きこの 島ぐらし島りょうり」

著者:  根本きこ
出版社:  祥伝社
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2016年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

鎌倉でのカフェオーナー+フードコーディネーターから那覇から車で3時間のやんばるの森に移住した著者の自由と不自由をたのしむ、手作りと手探りの暮らしをつづったエッセイ集
【目次より】
「ぴかぴかの1年生」「毎日パンを焼く」「味噌作り」「野菜の好きな食べ方」「犬と暮す」「夏の果物」「森の中のポットラックパーティー」「夏はゴーヤーに助けられて」「梅雨の沖縄」「韓国からの先生」「よりどりみどりの運動会のお弁当録」「息子、9歳のパーティー」「ルビコン川を渡る」「台湾へ、妊婦と息子のふたり旅」「キャベツを食べる」「話し合うこと」「おせち忘備録」「真綿をかぶった糀」「誕生会」「2月が旬のトマト」「じゃがいも」「島の魚」「妊婦LIFE」「おむつの準備」「ナイスキャッチ! 」「生まれて、100日」「赤ん坊を囲む停電の夜」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「根本きこのストリートフード」

著者:  根本きこ
出版社:  日本放送出版協会
サイズ:  24×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

根本きこがストリートフードのお店をひらいたら・・・・というコンセプトでまとめた料理本。ちょっとおなかが空いた時、ごはんの後におやつが欲しい時などのメニューを紹介。
【目次より】
「ピタサンド」「フライドフィッシュサンド」「白野菜のピクルス」「えび揚げワンタン」「かぼちゃのプリン」「フルーツシェイク」「ドライフルーツチップ」・・・・など→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「もののかたち+たべるかたち」

著者:  根本きこ
出版社:  ソニーマガジンズ
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

古いものとおいしいご飯をこよなく愛す料理家と写真家による雑誌「Lingkaran」の連載をまとめたもの。古いものと、それに盛りつける料理を主役にごはん、お総菜、酒のあてからスイーツまで、全46の料理レシピを紹介しつつ写真のおさめる→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「きこごよみ」

著者:  根本きこ
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

祖母から母へ、そして著者へと受け継がれた季節に寄り添う暮らしのかたちや年中行事の仕方を紹介する。→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる


「野菜が主役」

著者:  根本きこ
出版社:  講談社
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

逗子駅前の農家経営「逗子生産者市場」から毎日の野菜を調達するほど、野菜にはこだわりを持つという著者が、野菜が主役にしつつ肉も魚もどれもバランスよく、おいしく食べるためのメニューを紹介→表紙を拡大

→このほかに「根本きこ」の本があるか調べてみる