旅の本(ヨーロッパ) (全51件)

「素顔のフランス通信」

著者:  飛幡祐規
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本
発行年:  1994年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

〔料理〕おいしいフランス料理と農業の関係/〔お祭り〕地方のフェスティヴァルに注目!/〔ミュージアム〕グラン・ルーヴルと美術館ブーム/〔クルマ〕ルノーが変わった/〔NGO〕空飛ぶフレンチ・ドクター「国境なき医師団」 ほか


「イギリスでお茶を」

著者:  小関由美
出版社:  主婦の友社
サイズ:  21×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

【目次より】
「伝統あるホテルでのんびり、カリスマシェフに料理を習う」「イギリス一美しい村のホテルにて」「酪農のふるさと、クロテッドクリームとティーハウスを訪ねて」「10頭のジャージー牛から濃厚なミルクが」「食の宝庫、カントリーサイドでイギリス家庭料理とスコーンを堪能」「イギリス一おいしい!メアリーのスコーン」「有名ホテルのアフタヌーンティーと新しいタイプのティーハウスへ」「アフタヌーンティーが流行中!?」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「小関由美」の本があるか調べてみる


「パリふたたび」

著者:  平岡篤頼
出版社:  小沢書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1973年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

【目次より】
「再びまみえるパリ1」「錯覚としての自由」「モンマルトルの夜」「忘れ得ぬ顔」「キャッフェの人間学」「オランダ・ドイツの旅」「また会う日まで」「踊るアメリカ」「ヴァンセンヌのこと」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「平岡篤頼」の本があるか調べてみる


「英国鉄道物語」

著者:  小池滋
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1979年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

「世界最初の鉄道事故はなぜ起ったか?ロンドンにロンドン駅のないのはなぜか?各探偵ホームズの乗った特急列車は時速何マイルで走ったか?鉄道をめぐるさまざまな話題をたのしみながら、文豪ディケンズや、シャーロック・ホームズの生みの親コナン・ドイルを道案内に、世界で最初に鉄道の走った国、ヴィクトリア朝イギリスの鉄道と文学、鉄道と人々の暮らしとの深いかかわりを描きだす」(カバー裏紹介文より)→表紙を拡大


「地中海の不思議な島」

著者:  巌谷国士
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

「まばゆい光と影、風と暑さと水音、植物の香りと人いきれと「味覚」。キプロス島、サントリーニ島、シチリア島などの地中海にある島の現在・過去の島々や遺跡をめぐり、歴史的事実に言及する。」(紹介文より)
【目次より】
「キプロス島」「ロードス島」「サントリーニ島」「クレタ島」「シチリア島」「サルデーニャ島」「コルシカ島」‥‥など→表紙を拡大


「ヨーロッパの不思議な町」

著者:  巖谷國士
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1990年4刷
価格:  700円
状態・備考:  A

「あらかじめ与えられた枠組をこえる「体験」を誘い、あまたある既知の町を「不思議な町」に一変させてしまうような、いわば「反ガイドブック」である。「知識」としての町の像が、「体験」によって崩れていく、魅力あふれる偏愛的都市エッセイ」(紹介文より)
【目次より】
「温泉二都物語−ブタペスト、ソフィア」「モスクワ、レニングラードの旅」「北欧の庭園都市−ストックホルム、オスロ」「夢みるプラハ」「イタリアの不思議な町」「子供たちの群れ−バルセロナ」「ガルシアからポルトガルへ」「歪んだパノラマ−ルクセンブルクほか」「カフェにて−ウィーン、ブラティスラヴァ」‥‥など→表紙を拡大


「ゴー!ゴー!フィンランド」

著者:  pieni kauppa
出版社:  ブルースインターアクションズ
サイズ:  17×13cm
発行年:  2006年4刷
価格:  800円
状態・備考:  A

【目次より】
「行ってみたいな、フィンランド」「街を歩こう」「ゴー!ゴー!ショッピング」「ファッション」「デパート」「カフェ・レストラン」「ちょっとお散歩」「ホテル」‥‥など →表紙を拡大


「パリ食いしんぼう留学記 −ル・コンドン・ブルーの日々−」

著者:  塚本有紀
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

【目次より】
怒濤の十週間/カフェの誘惑/ル・コンドン・ブルーの日々/パリ、四季のお菓子/パリ居残り大作戦/美味の歳時記/アシスタント奮闘する/フランスの職人たち ほか →表紙を拡大


「パリの横町・小路・裏通り―日本人が知らないパリの素顔」

著者:  早川雅水
出版社:  実業之日本社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

20年住み、パリを第二の故郷とする著者が、パリの最古の道、隠れ里、職人街‥‥など観光客が行かないパリジャンだけの街や通りを紹介。
【目次より】
「左岸に親しむ―まるでパリの隠れ里、豊かな“村”が残る道」「5区―青春の街、カルチエ・ラタンに残る、パリ最古の道」「6区―知的で小粋な町も、一歩うらにはいると18世紀が目の前に」「7区―18世紀の伝統が生きる町は、裏通りまで典雅」「14区―ひとあじ違う芸術の町にひっそり残る職人街」「セーヌ左岸の河岸通り―中世の錬金術師に出会えそうな小路も」‥‥など →表紙を拡大


「モンマルトル日記」

著者:  辻邦生
出版社:  集英社
サイズ:  単行本
発行年:  1974年2版
価格:  800円
状態・備考:  B/シミあり

1968年7月からモンマルトルのボシャール・ド・サロン街、つづいてロベール・ブランケット街のアパートで暮らした日々をつづった作品 →表紙を拡大


「europikha〈3〉ismil―ファッション、雑貨、マーケット、酒井景都の「Lovely」ロンドン案内」

著者:  酒井景都
出版社:  マーブルブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「アンティークのブローチ、オリジナルのアロマキャンドル、ヘッドドレスとワンピース、スコーンとティーポット‥‥、酒井景都さんがロンドンの街で『かわいいもの』探し。女の子心をくすぐる素敵なものや、一度は行きたい憧れの場所を、古いものから新しいものまでたくさん集めました。きっと初めて見る『ロマンティック』で、『ラブリー』なロンドンが満載です!」 →表紙を拡大

 →このほかに「酒井景都」の本があるか調べてみる


「パリのおみやげ」

著者:  篠あゆみ
出版社:  ギャップジャパン
サイズ:  21×15cm
発行年:  2004年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

【目次より】
おみやげ、おみやげ・おみやげ/やっぱりエッフェル塔/わざわざ買いに行くおみやげ/チャーリーへのおみやげ/時間がなくてスーパーへ/オーガニックのスーパー/いつもキョロキョロして探そう/ディープなパリみやげ/ファーマシーは強い味方/蚤の市で探そう ほか →表紙を拡大


「europikha〈2〉millie moi―お菓子、雑貨、インテリア、酒井景都の愛しい「パリの小道」案内」

著者:  酒井景都
出版社:  マーブルブックス
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

バラの香りのキャンドル、アンティークのカップ&ソーサー、色とりどりのチョコレートやマカロン‥‥著者がパリの街で見つけたかわいいものを紹介。憧れの専門店からスーパー、蚤の市・朝市情報まで女の子だからこそ気になるお店をセレクトしています →表紙を拡大

 →このほかに「酒井景都」の本があるか調べてみる


「私の巴里物語」

著者:  朝吹登水子
出版社:  文化出版局
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2001年5刷
価格:  600円
状態・備考:  A

「戦後1950年に再び渡仏。以来、40年に及ぶパリの生活を、文学、演劇、ファッションなどを通して甦る人々との出会い、風景、時刻を写真と共につづる。」(紹介文より)
【目次より】
「1950年、ルネ・アルコス家」「ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ街34番地TER 1952年」「ローラン・ピシャ街8番地 1954年」「シュレーヌ街35番地 1957年」「フランスと日本のはざまで」「フィリップ・ブーシェ通り5番地ヌィイ 1961年」「モード、1950年から」「1954年のサガンから」「ヴェルサイユの家 1974年」「火傷」「忘れえぬ人たち」‥‥など →表紙を拡大


「パリの上質な暮らし 憧れのパリ16区の日常」

著者:  島本薫
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「パリ16区といえば、憧れのエリアとして有名。高級住宅街という場所柄、老舗や今注目の店が多く、他の区に比べてどの小売店もレベルが高く、それぞれの小売店を大切に守ろうとする住民の意識がとても強いとか。そんな16区に暮らして1年余の著者が、ル・コルドン・ブル−でお菓子や料理を学びながら、さまざまなショップの人々との日々の交流を通して感じたことを、オールカラ−の美しい写真とともにガイド風に紹介」(紹介文より) →表紙を拡大


「山本容子プラハ旅日記」

著者:  山本容子
出版社:  文化出版局
サイズ:  単行本
発行年:  2001年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

カフカの作品に親しい迷路、ビロードのように泡立つビール、よき伝統とチャレンジ精神に満ちた人形劇など、多才な版画家がプラハの旅の楽しい思い出をつづったを赤いページの小さなスケッチブックをそのまま一冊の本にしたもの →表紙を拡大

 →このほかに「山本容子」の本があるか調べてみる


「バルセローナにて」

著者:  堀田善衛
出版社:  集英社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1989年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「いまも影を曳くスペイン内戦‥‥そして狂女王フアナ。スペインに魅せられて、旅し、住まうこと二十数年。冷徹に見すえた、人間の尊厳、狂気・愚行の歴史とそこにしずかに身を置きつづけた著者の魂の遍歴」(帯より) →表紙を拡大

 →このほかに「堀田善衛」の本があるか調べてみる


「パリだより」

著者:  森有正
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本
発行年:  1974年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

パリのこと/フランス語の難しさ/フランスの学生/フランス留学/二つの文化/パリの住生活/広場の木/パリの美しさ/好きな場所/ノートル・ダム/日仏両語の比較/芥川作品の仏訳/パリのレストラン ほか →表紙を拡大


「遙かなノートル・ダム」

著者:  森有正
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本
発行年:  1970年11刷
価格:  800円
状態・備考:  A

霧の朝/ひかりとノートル・ダム/遙かなノートル・ダム/赤いノートル・ダム/ある夏の日の感想/パリの生活の一断面/ルオーについて/思索の源泉としての音楽/滞日雑感 →表紙を拡大


「ねむれ巴里」

著者:  金子光晴
出版社:  中公文庫
サイズ:  文庫本
発行年:  1996年7版
価格:  300円
状態・備考:  A

「中国から香港、東南アジア、そしてパリへ。夫人三千代との流浪の旅は、虚飾と偽善、窮乏と愛欲に明けくれるはなやかな人界の底にいつ果てるともなくつづく。『どくろ杯』につぐ、若き日の自伝」(カバー裏紹介文より) →表紙を拡大