新着本 (全60件)

「おそうざいふう中国料理」

著者:  戦美樸、暮しの手帖編集部
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  27×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2009年4刷
価格:  1600円
状態・備考:  A

1957年から40年以上も暮しの手帖に中国料理を紹介していた著者による、300種を超える料理から、家庭で毎日食べても、あきのこないものを152種紹介。どこでも安く買える材料、特別な器具がなくても家庭で手軽に作れて、みんなが安心して食べられます。 →表紙を拡大


「西洋料理のこつ シェフからあなたへ」

著者:  柴田卓三
出版社:  婦人之友社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1984年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

日比谷「松本樓」シェフが「経済性」「科学性」「合理性」を取り入れた西洋料理のコツ、レシピを紹介する。
【目次より】
「オードブル」「ソース」「スープ」「魚貝料理」「牛肉料理」「豚肉料理」「とり肉料理」「挽肉料理」「ラム・レバー料理」「卵料理」「カレー・米・麺料理」「野菜料理」‥‥など →表紙を拡大


「LIFE2―なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2009年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

「かもめ食堂」のフードスタイリスト飯島奈美がおくるレシピの第二弾。アンケートをもとに「ほんとうにみんなが食べたいもの」を選んで収録したほか、巻頭に、「必要な調味料」とならび「必要な道具」をまとめるなど、第1巻をさらにパワーアップ。映画監督の西川美和、小説家の村松友視、写真家の石川直樹、タレントの清水ミチコによる「食」のエッセイのエッセイも収録しています→表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「LIFE3―なんでもない日、おめでとう!のごはん。」

著者:  飯島奈美
出版社:  東京糸井重里事務所
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー上部イタミあり

インターネットサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」連載のレシピをまとめたシリーズの第三弾。「いっしょに食べる場にいて、しあわせ」と思えるレシピを紹介。高野文子によるイラストエッセイや立川志の輔や劇団ひとり、恩田陸のエッセイも収録。 →表紙を拡大

 →このほかに「飯島奈美」の本があるか調べてみる


「おうちでつくる幸せスープ2―スープ専門店ディア.スープのホームレシピ」

著者:  東条真千子
出版社:  インフォレスト
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  750円
状態・備考:  A

スープ専門店ディア・スープによるスープレシピをまとめた本の第2弾。
【目次より】
「トマトと蛤のイタリアンスープ」「赤ピーマンとマッシュポテトのスープ」「にんじんのバゲットグラタンスープ.」「春菊とベーコンの煮びたしスープ」「きぬさやとタコのピリ辛スープ」「ガンボスープ」「白い野菜のヴィシソワーズ」「白菜とマッシュルームのとろとろスープ」「れんこんと松の実のポタージュ」「長いもとカニの根菜スープ」→表紙を拡大


「素敵なエアライン―デザインで楽しむ空の旅」

著者:  
出版社:  ピエ・ブックス
サイズ:  22×28cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  1500円
状態・備考:  A

航空会社のロゴマーク、ノベルティ、アメニティキット、制服、広告物などを、30年代〜50年代のアイテムも交え、エアラインをテーマとしたデザインワーク全般を紹介 →表紙を拡大


「LONG LIFE STYLE 01: D&DEPARTMENT PROJECT 2003-2005」

著者:  D&DEPARTMENT PROJECT
出版社:  平凡社
サイズ:  25×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年
価格:  1500円
状態・備考:  A

「「ロングライフ」をコンセプトに、デザイン界に新しい価値観を提案する人気ショップD&DEPARTMENT PROJECTの、03-05年の活動記録。」(紹介文より) →表紙を拡大


「食材えらび」

著者:  伊藤まさこ
出版社:  PHP研究所
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

定番から、とっておきの一品まで、これがあるから、おいしくなるという厳選食材と、その食材を使った、簡単でおいしいレシピを64品紹介
【目次より】
「マイユのコルニッション→タルタルソース―あと引くおいしさ」「赤ピーマンの炭火焼き→鶏のパプリカ煮―この焦げ目が味の決め手」「むら田のいりごま→ささみのごま揚げ―ごまを買いに、京都まで」「エシレのバター→いちじくバター―バター好きのとっておきレシピ」「千鳥酢→りんご酢―キリッと、まろやか。筋の通った味」「サンテラモのオリーブオイル→ハーブオイル―オイルというより、搾り立てジュース」「マイユの白ワインビネガー→ザワークラウト―ぶどうのやわらかな酸味」「クスクス→エビのクスクス―世界で一番小さなパスタ」「ツルヤのコーヒー→コーヒー―目指すはダイナーのコーヒー」「カップ印の白砂糖→バニラシュガー―ふつうの甘さ」‥‥など→表紙を拡大

 →このほかに「伊藤まさこ」の本があるか調べてみる


「Land Land Land―旅するA to Z」

著者:  岡尾美代子
出版社:  ギャップ出版
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年4刷
価格:  700円
状態・備考:  A

Air plane(飛行機が好き)/Comfort room(安いホテルでもいい、デザインホテルは曲者)/Honey/Ice cream(アイスクリームから始まる旅もある)/Junk/Nordic(ノルウェイ−音の印象のない国−、スウェーデン−澄んだ光の国−)/Russia(花柄とおばあさん)/Sweets(ス・イ・ー・テ・ィ・ー)/Windows(のぞき見趣味) ほか →表紙を拡大

 →このほかに「岡尾美代子」の本があるか調べてみる


「ハワイのかわいいデザインたち―スロウ・ハワイで出会った暮らしと乙女な雑貨」

著者:  Bleu Blanche
出版社:  ピエ・ブックス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

“スーパーのカラフルな食品パッケージ”“日用品、文房具・本、紙もの”“ハワイならではの柄が揃うファブリック”“マーケットで見つけたアンティーク”‥‥など、ハワイで見つけた、雑貨や日用品を紹介。お勧めショップの情報やレイやハワイアンキルトなどのハワイの伝統、くらしについても掲載する →表紙を拡大


「空中ブランコに乗る中年男」

著者:  ジェームズ・サーバー(訳:西田実、鳴海四郎)
出版社:  講談社
サイズ:  単行本
発行年:  1974年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー汚れ

「夢想家で気の弱い夫、現実的で自信に満ちた妻、無邪気な平和のシンボルとしての犬・・・・。現代を生きる男の哀歓を絶妙なユーモアで包むサーバーの世界。「ダム決壊の日」「メカニックに弱い男」「ある犬の肖像」「オバケのでた夜」など、代表作23編を収録」(カバー紹介文より)→表紙を拡大


「ビンボーズの誇り」

著者:  ジョン・セイルズ(訳:雨沢泰)
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1993年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」や「希望の街」などインデペンデント映画の監督と知れらるジョン・セイルズが、1975年に刊行した本。見せ物として野球を行う旅回りの一座と一緒に旅をする母親のいない9歳の男の子と、そこでピッチャーをつとめるフリークスとの友情を大きな一つの軸として物語が進みます →表紙を拡大


「フィッツジェラルド作品集1 ジャズ・エイジの物語」

著者:  F.スコット・フィッツジェラルド(訳:渥美昭夫、井上謙治)
出版社:  荒地出版
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1987年7版
価格:  500円
状態・備考:  B

青春文学の旗手として出発する1920年前半の7編を収録。「リッツ・ホテルのように大きなダイアモンド」「バーニスの断髪宣言」「氷の宮殿」「メイ・デー」「冬の夢」「“分別”」「赦免」 ほか →表紙を拡大


「塵よりよみがえり」

著者:  レイ・ブラッドベリ(訳:中村融)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2002年2刷
価格:  700円
状態・備考:  A

「小高い丘に建つ一軒の屋敷。住む者は、ミイラのおばあちゃん、心を自由に飛ばす魔女セシー、鏡に映らない夫婦、たったひとりの人間の子ティモシー。いまここで、魔力をもつ一族の集会がはじまる。そして、何かが変わる日もまた近い…ファンタジーの巨匠が五十五年の歳月をかけて完成させた、とても特別な物語」(紹介文より) →表紙を拡大


「アインシュタインの夢」

著者:  アラン・ライトマン(訳:浅倉久志)
出版社:  早川書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1993年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「1905年、スイス。26歳のアインシュタインは特許庁に勤務しながら革命的な物理学理論に打ち込んでいた。それは彼の生涯でもっとも輝かしい年と言われるほど、重要な論文がつぎつぎと発表された1年だった。そして有名な特殊相対性理論の完成を目前にした若き技師は、夜ごと奇妙な夢に悩まされていた。時間がさまざまに変化した異世界の夢‥‥現役物理学者がアインシュタインが見たかもしれない数々の夢を流麗に描く傑作」(紹介文より) →表紙を拡大


「珈琲誕生」

著者:  井上誠
出版社:  読売新聞社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1974年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/函イタミあり、本体はきれいです

【目次より】
「珈琲・あるがままの体系―創世記的背景―」「新生珈琲の序幕―コーラン的背景―」「光は東方より」「近代珈琲の扉」「珈琲の新天地―近代珈琲の開眼―」「飲用増進と珈琲豆の産地拡大」「珈琲の一筋道」‥‥など→表紙を拡大


「たぶん彼女は豆を挽く」

著者:  庄野雄治
出版社:  mille books
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

アアルトコーヒーの焙煎人、庄野雄治さんがコーヒーの魅力を簡単に、楽しく紹介。堀井和子さんとのおいしいコーヒーいれかた教室、中川ちえさんとのコーヒーの楽しみ方対談も収録
【目次より】
A‐side ささやかだけれど、役に立つコーヒーのこと
「コーヒー豆は実は豆ではないのです」「おいしいコーヒーを淹れる小さなコツ」「コーヒー豆はぜひ豆で」「無限に広がるコーヒーの香味」「焙煎加減で香味は変わります」‥‥など」「B‐side アアルトコーヒーの日々
アアルトコーヒーができるまで」「店を持つということ」「ロースターとして目指す場所」「ひとりでお店をやるということ 対談・中川ちえ×庄野雄治」「アアルトは魔法の言葉」‥‥など→表紙を拡大


「Hot Drinks around the World 世界のホットドリンク」

著者:  プチグラパブリッシング
出版社:  プチグラパブリッシング
サイズ:  21×15cm
発行年:  2005年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

ショコアテペック(メキシコ)、柚子茶(韓国)、ノルマンディ・コーヒー(北欧諸国)、エッグ・ノッグ(アメリカ)、バター茶(チベット)、ゴゴリッ・モゴリッ(ベラルーシ)、グラスホッパー・コーヒー(イギリス)、カフェ・スラブ(ウクライナ)、スイスコーヒー‥‥など、世界各国から集めた、85のホットドリンクをエピソード&レシピ付きで紹介。 ほか →表紙を拡大

 →このほかに「プチグラパブリッシング」の本があるか調べてみる


「中国茶を召し上がれ」

著者:  邱世賓
出版社:  雄鶏社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

ちょっとだるい朝、疲れている午後、イライラが治まらない夕刻。ほんの短いティーブレイクで心が元気になります。緑茶、白茶、青茶、黒茶、花茶、加工茶など、東洋の宝物「茶」の楽しみ、時と時にはさまれた静かな光の空間に身を置く。龍井茶+塩卵のお粥、白牡丹茶+ホットサンドウィッチ、中国烏龍茶+蒸しぎょうざ小籠包風、台湾紅茶+さつまいもののごま揚げ・・・・など →表紙を拡大


「バーの主人がこっそり教える味なつまみ」

著者:  間口一就
出版社:  柴田書店
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2013年7版
価格:  900円
状態・備考:  A

銀座のバー「ロックフィッシュ」の店主でありバーテンダーである著者が「酒に合う」ということを念頭においてつくった選りすぐりのおつまみ170品を紹介。バーカウンター内(手狭な厨房や台所)でつくれる切るだけ、混ぜるだけ、火にかけるだけの手軽なものからちょっとひと手間かけたものまで、家でのお酒がすすみます。
【目次より】
「自家漬けなおしオリーブ」「のり玉」「ラディッシュわさび」「つまみミントとパクチー」「クレソンとキウイのサラダ」「けずりパルミ」「明太子シェーブル」「たらこのルイベ」「花わさび 塩うにバターソース」「ブロッコリーとチーマー油」「トマトと金柑のサラダ 練乳かけ」「たこと葱の酢のもの」「明太ぶぶあられ」「プルーンジャムと甘辛せんべい」「スモークサーモンバター」「トマトとミントのポン酢マリネ」「焼きエビチリ」「みょうがとオクラの白和え」「桜芽キャベツ」「味付け海苔」「あられみそ」「干しとり貝のあぶり焼き豆あじのエスカペッシュ」「牡蛎とにんにくのオイル煮」「まっくろ芽キャベツ」「焼きたくあん」‥‥など →表紙を拡大