「團伊玖磨」の本の検索結果

「ひととしごととたべものと」

著者:  團伊玖磨と語る17人
出版社:  マイファミリーBooks
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1983年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

味の素株式会社の広報誌ファミリーに掲載された対談集。石毛直道、酒井佐和子、末廣恭雄、越路吹雪、向田邦子、大山のぶ代・・・・などその道の達人たちとそれぞれにその人が歩んだ道やたべものなどについて語り合います→表紙を拡大

→このほかに「團伊玖磨」の本があるか調べてみる


「対談集宴のおもいで」

著者:  團伊玖磨
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1983年初版
価格:  800円
状態・備考:  B/カバー裏イタミあり

松山善三、堀口大学、中里恒子、堤清二、飯田深雪、土井勝、檀ふみ、武満徹、庄司薫、大空真弓、佐久間良子‥‥など、著者の親しい友人や尊敬する人を自宅に招き、奥さんの食事を食べながら食べものについて語るという対談集。巻末には対談時に食べたおもてなしの料理のレシピも収録されています。→表紙を拡大

→このほかに「團伊玖磨」の本があるか調べてみる


「エスカルゴの歌」

著者:  團伊玖磨
出版社:  文化服装学院出版局
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  1968年21版
価格:  700円
状態・備考:  A

著者が昭和24年から15年間暮らした三浦半島での生活、特に美しい三浦半島の自然、動物や鳥、海の生物との共存の中で得た体験をつづったエッセイ集→表紙を拡大

→このほかに「團伊玖磨」の本があるか調べてみる


「舌の上の散歩道」

著者:  團伊玖磨
出版社:  朝日新聞社
サイズ:  18×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

「パイプのけむり」で有名な作曲家、團伊玖磨の食に関するエッセイ。ヨーロッパで買い集めたハーブからイモや柘榴、そして砂糖黍までも庭で栽培し、いろいろなところに言ってはそこの市場でそこで採れる食べ物を食べている様子が書かれています→表紙を拡大


「旅にしあれば」

著者:  團伊玖磨
出版社:  朝日新聞社
サイズ:  単行本
発行年:  1986年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

幾夜目覚めぬ/空の青/賤しい話/横浜中華街/三浦三崎/かんかん石/花電車/無銭旅行/白夜/二枚舌/阿蘭陀辛子/消える歌/スワニーの彼方/ナン・マドール/ライトニング・リッジへの道 ほか