「堀井和子」の本の検索結果

「週末の庭の手作りノート―weekend gardener」

著者:  堀井和子・横山美恵子
出版社:  文化出版局
サイズ:  22×19cm
発行年:  1996年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

野菜やハーブを育てて、摘んで、料理する。ベランダの片隅で育てた野菜とハーブを使った料理12品、自分で育てた野菜やハーブで作るブーケ・・・・など、週末を利用して植物を育てる楽しみを紹介する→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「パンに合う家のごはん」

著者:  堀井和子
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「朝食は自家製パンとジャム、週末の夕食はワインを飲みながら……。シンプルなレシピでも、わが家の味になるように、こだわる部分を見つける。そんなパンと食べるとおいしい家のごはんを紹介。」(紹介文より)
【目次より】
「家で食べるごはんは」「大学生の時に味わったフランスの家庭料理」「家のパンと料理の味を覚えていてくれたら」「人を招いた日に焼くのは田舎パン」「トーストしてもとびきり」「チーズと食べるときに焼く丸パン」「春の野菜で」「菜の花と新玉ねぎとかぶのサラダ」「半つぶしが、おやっ?と新鮮」「グリーンピースとスクランブルエッグのサラダ」「懐かしくて、おいしい枝豆と新玉ねぎ入り」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「堀井和子の気ままなパンの本」

著者:  堀井和子
出版社:  白馬出版
サイズ:  25×20cm(ソフトカバー)
発行年:  1992年9刷
価格:  1800円
状態・備考:  A

写真・文・イラスト・カットすべてを著者の手によって描かれたパンづくりの本。前半では著者がニュージャージー在住期間中のことを書いた覚え書きのようなエッセイを収録→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「北東北のシンプルをあつめにいく」

著者:  堀井和子
出版社:  講談社
サイズ:  19×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  400円
状態・備考:  A

きっと訪ねたくなる。もっと知りたくなる。秋田・盛岡の旅で出会ったシンプルでたしかな日本の味とデザインを紹介。「田んぼの鷺」「5月25日の朝ごはん」「小茄子の漬物」「いもの子の味噌汁」「きりたんぽの季節」「キンタケとハツタケの辛煮」「川カニの甲羅味噌」「秋田から盛岡へ」「五城目町の朝市」「東北のデザイン」「光原社を訪ねたら」・・・・など→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「もの好きの食器棚と愉快な時間」

著者:  堀井和子
出版社:  集英社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「魅かれて買った好きなもの94。大きいガラスボウル、お盆、カップ&ソーサー、パンを盛るカゴ、ほうろうの鍋、紫色のもの、テーブルクロス、買い物カゴ、マフラー、室内履き‥‥」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「Sun day and Brunch 日曜日のやさいレシピ」

著者:  堀井和子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  18×16cm
発行年:  1997年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

生き生きしている野菜や季節の果物を主役にして、楽しくおいしく食べるメニューブック。「オリーブ」に掲載されていたレシピをまとめたもの。「ラディッシュ&自家製バター」「生マッシュルームとパルメザンチーズのサラダ」「バジルと松の実ライスのトマト詰め」「鴨とクルミのサンドイッチ」「ルッコラのピッツァ」「仔羊のピタパンサンドイッチ」「ヨーグルトのフロマージュ風」「いちじくのジャム」「洋梨のベル・エレーヌ風」‥‥など→表紙を拡大


「こんなふうに食べるのが好き」

著者:  堀井和子
出版社:  アスコム
サイズ:  23×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年2刷
価格:  700円
状態・備考:  A

スタイリストの岡尾美代子さんが実践する四角い食パンのおいしい食べ方、カメラマンの公文美和さんのマスクメロンが主役の朝食、ブックショップ・ユトレヒトの岡部史絵さんがおすすめする「読むと思わず食べたくなる本」など、9人+堀井さん=10人の食べたくなる、真似したくなる、おいしいものと素敵なルールやとっておきのこだわりを紹介→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「堀井和子の1つの生地で作るパン」

著者:  堀井和子
出版社:  文化出版局
サイズ:  20×18.5cm
発行年:  1996年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

粉も、道具も、オーヴンも、特別なものは使わず、誰でもが参考になる家庭でできるおいしいパンのレシピ。自慢のパンからパンを楽しく食べるためのジャムやマーマレード、バターについてや、パン作りにまつわるエッセイを写真を添えて紹介する。「わが家のパン」「ライ麦入り田舎パン」「黒オリーブ入り巻きパン」「ベーグル」「三つ編みパン」「7人分のティータイムのテーブル」「ホットドック用ロール」・・・・など→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「家をめぐる冒険」

著者:  堀井和子
出版社:  幻冬社
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「立地は、間取図は。外観予想図はルーペでチェック!家探し14年の軌跡。(まだ決められない)」「北欧の中古のほうろうのお鍋を買うのとはわけが違う。結局、決められないのかもしれない。けれど、こん→表紙を拡大な家に住みたいという夢を抱えている喜びをちゃんと認識していたらしい」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「CHEESE BOOK―のんびり日曜日のチーズの本」

著者:  堀井和子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  1998年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

青カビタイプ、白カビタイプといったさまざまな種類のチーズの紹介から、チーズ入りオムレツ、カルボナーラ風スパゲッティ、リンゴのチーズタルトなどチーズを使った料理のレシピ‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「和のアルファベットスタイル―日本の器と北欧のデザイン」

著者:  堀井和子
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  900円
状態・備考:  A

使い勝手のいい器、お盆、クロス、かごなど、使ってみたい和のものと北欧のテキスタイルを合わせて、テーブルまわりをコーディネート。「お茶の時間」「白のカップ&ソーサー」「北欧のテキスタイル」「日用雑貨を求めて、東北へ」「日本のテキスタイル」「ウェグナーの椅子とテーブル」「紙ナプキンのコレクション」ほか→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「日曜日のおひるごはん」

著者:  堀井和子
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  18×16cm(ハードカバー)
発行年:  1992年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

野菜や果物、粉の自然な味を生かした料理、軽やかでリズミカルな朝食、ゆかいな昼食、やさしいデザートなどのメニューを、一日で一番光のきれいなときに太陽の光の下で撮った写真とともに紹介。雑誌「Olive」にて1989から1991年にかけて連載→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる


「tray トレー のせる・はこぶ・おく」

著者:  堀井和子
出版社:  KKベストセラーズ
サイズ:  22×19cm
発行年:  2001年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

トレーに朝食をのせてテーブルに運ぶ、テーブルクロスのうえにトレーを置いてバターやジャム、はちみつの器を並べる、梨が熟すまで置いておく・・・・さまざまなシーンで役立ち、材質もステンレス、ガラス、木、陶、プラスチック、アクリルなど、色も銀、透明、茶色、白、漆の黒などやはりさまざま。そんなトレーの素直な表情を一枚一枚写真に撮り、言葉を添える→表紙を拡大

→このほかに「堀井和子」の本があるか調べてみる