「木村衣有子」の本の検索結果

「もの食う本」

著者:  木村衣有子
出版社:  筑摩書房
サイズ:  文庫本(ソフトカバー)
発行年:  2011年初版
価格:  300円
状態・備考:  A

「食べることもごはんをつくることも好きな著者が、ものを食べるシーンに注目して、本を読む。宮澤賢治から江國香織まで、食のディープな現場を取材した本から、生活実用書、マンガまで。選んだ本の中から「これ!」と思うくだりを抜き出し、読みくだき、咀嚼し、思いを深める。40冊の「もの食う本」を、読みたくなると同時に、食うことについてのさまざまな感覚がそそられる本」(カバー裏紹介文より)→表紙を拡大


「京都カフェ案内」

著者:  木村衣有子
出版社:  平凡社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2001年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

京都で8年間暮らした著者が、京都の昔ながらの喫茶店から今どきのこだわりカフェを紹介。巻末に詳しい店情報つき。
【目次より】
「エフィッシュ」「まる捨」「エスフィーファ」「ル・プチ・メック」「進々堂」「ル・フジタ」「モニカ」「喫茶ソワレ」「再会」「茂庵」「イノダコーヒー」「六曜社地下店」「ドッグ・カフェ・ゼネラルストア」「三丘園」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「木村衣有子」の本があるか調べてみる


「東京カフェ案内」

著者:  木村衣有子
出版社:  平凡社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2002年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

東京のスタンダードカフェ30のほか、カフェライフを語るコラムなどを収録。「洋菓子舗ウエスト」「A PIECE OF CAKE」「大坊珈琲店」「つきまさ」「ORGANIC CAFE」「CANAL CAFE」「ロージナ茶房」「西瓜糖」「さぼうる」「NON」「原美術館 カフェダール」「D&DEPARTMENT」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「木村衣有子」の本があるか調べてみる


「サルビア歳時記」

著者:  木村衣有子、セキユリヲ、徐美姫
出版社:  ピエブックス
サイズ:  16×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「四季折々の美しさを慈しむ、現代版歳事記。豊かな四季に恵まれた日本人は、古くから季節の行事や習慣を重んじ大切に伝えてきました。四季折々の花の美しさ、そして暮らしを彩る色、生きてゆく知恵と共に伝えられた行事やならわしの数々をデザイナーセキユリヲと和の心を言葉で伝える木村衣有子が1カ月ごとに丁寧に紹介」(紹介文より)→表紙を拡大

→このほかに「木村衣有子」の本があるか調べてみる
→このほかに「セキユリヲ」の本があるか調べてみる


「京都のこころA to Z―舞妓さんから喫茶店まで」

著者:  木村衣有子
出版社:  ポプラ社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

京都の見どころとお土産を、AからZまでアルファベット順に紹介。
【目次より】
「ART『京都芸術センター』」「BOOK『恵文社一乗寺店』の本棚」「CUP『スマート珈琲店』のお土産」「DOMOTO INSHO 堂本印象」「E-HAGAKI 絵葉書」「FUMI NO KO『嵩山堂はし本』の文乃香」「GREEN 緑青色」「HAGI『梨木神社』のお守り」「ICHIZAWA HANPU『一沢帆布』の鞄」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「木村衣有子」の本があるか調べてみる


「わたしの文房具」

著者:  木村衣有子
出版社:  KKゲストセラーズ
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

文房具は、子どもの頃から親しんだ懐かしい「思い出」の道具でもあり、名刺入れや万年筆など大人のにおいがした「憧れ」の道具でもある。著者が親しんで使っている懐かしくて、格好良くて、小さな存在である文房具を紹介する。
【目次より】
「文房具いろいろ(付箋/ラベルとシール/カード/カラーペン/ガムテープ)」「文房具と人(福田里香さん/得地直美さん/菊池直恵さん/ナガオカケンメイさん)」「文房具あれこれ(スケジュール帳/ノート/メモ用紙/便箋/封筒/ボールペン/万年筆/スタンプ‥‥など)」「絵葉書と人(東郷青児/猪熊弦一郎/南桂子/山名文夫)」「おすすめの文房具店」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「木村衣有子」の本があるか調べてみる


「手紙手帖―あの人は、どんな手紙をくれるかしら」

著者:  木村衣有子
出版社:  祥伝社
サイズ:  18×13cm
発行年:  2005年初版
価格:  500円
状態・備考:  B

便箋・封筒選びから、切手やインクの色まで気の利いた手紙を書くためにできる著者のこだわりをつづる。「手紙の基本(便箋、封筒、葉書、春夏秋冬のあいさつ‥‥など)」「手紙の必需品(銀座伊東屋、鳩居堂、平つか、月光荘画材店‥‥など)」「手紙と人(牧野伊三夫、木下綾乃、穂村弘、甲斐みのり‥‥など)」「手紙についての本(手紙のことば、三島由紀夫レター教室、あしながおじさん、漱石書簡集‥‥など)」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「木村衣有子」の本があるか調べてみる