「片岡義男」の本の検索結果

「珈琲が呼ぶ」

著者:  片岡義男
出版社:  光文社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2018年2刷
価格:  1200円
状態・備考:  A

「なぜ今まで片岡義男の書き下ろし珈琲エッセイ本がなかったのか?」という編集者からの問いかけに答えてつづられたエッセイ集。コーヒーを飲むシーンが出てくる映画やコーヒーが出てくる歌、マグカップについて、そして片岡義男か若い頃に通った喫茶店(森茉莉も登場!)など、コーヒーをキーに、さまざまなカルチャーとを結びつけた考察が展開されている。
【目次より】
「一杯のコーヒーが百円になるまで」「『コーヒーでいいや』と言う人がいる」「Titanium Double Wall 220mg」「喫茶店のコーヒーについて語るとき、大事なのは椅子だ」「四つの署名、一九六七年十二月」「去年の夏にもお見かけしたわね」「ミロンガとラドリオを、ほんの数歩ではしごする」「なにか冷たいものでも、という言いかた」「白いコケインから黒いカフェインの日々へ」「いいアイディアだと思ったんだけどなあ」「さてそこでウェイトレスが言うには」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「片岡義男」の本があるか調べてみる


「意地悪な本」

著者:  片岡義男
出版社:  KKベストセラーズ
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  1973年40版
価格:  2500円
状態・備考:  B

意地悪は、あらゆるストレスを吹き飛ばし、タイミングのよい意地悪は生活の潤滑油にもなる!どんな場所でどこでも自由自在に楽しめる意地悪のアイデアをこれでもかというほど集めた本。→表紙を拡大

→このほかに「片岡義男」の本があるか調べてみる


「僕が書いたあの島」

著者:  片岡義男
出版社:  太田出版
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1995年初版
価格:  1600円
状態・備考:  A

【目次より】
「誰がいちばん初めに波に乗ったのか」「サーフバムは樹の上で寝た」「サンタモニカの黄金の日々」「彼がはじめて太平洋を見たとき」「小さな島にいると自分がよくわかる、という話」「どこにもないハワイへ行くには」「ハワイのいなり寿司」「どこにもないハワイの行きかた」「ヒロの一本椰子」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「片岡義男」の本があるか調べてみる


「映画を書く」

著者:  片岡義男
出版社:  KKベストセラー
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1996年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

今まで日本映画を観たことがなかったという片岡義男が、昭和10年から30年までに公開された映画をそれぞれ1本ずつ見て、その感想を書くという趣向の本
【取り上げられている映画】
「東京の宿」1935年(昭和10年)/「東京ラプソディ」1936年(昭和11年)/「母の曲」1937年(昭和12年)/「泣虫小僧」1938年(昭和13年)/「純情二重奏」1939年(昭和14年)/「嫁ぐ日まで」1940年(昭和15年)/「結婚の生態」1941年(昭和16年)/「ハワイ・マレー沖海戦」1942年(昭和17年)/「ハナ子さん」1943年(昭和18年)/「熱風」1943年(昭和18年)‥‥など→表紙を拡大