「平岡篤頼」の本の検索結果

「赤い罌粟の花」

著者:  平岡篤頼
出版社:  小沢書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  1300円
状態・備考:  A

芥川賞候補にあげられた表題作のほか、夢日記をつづった作品や戦時中を舞台に子どもを主人公にした作品、「ジッドに日記」について書いた(創作ではない)作品など、さまざまなな手法がとられた短篇が収録されている→表紙を拡大

→このほかに「平岡篤頼」の本があるか調べてみる


「パリその日その日」

著者:  平岡篤頼
出版社:  筑摩書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1990年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

「パリでのある一日のぼくのあり様や、ぼくの見聞するもの、出会う出来事は、パリに到着してからの日々やそれまでの過去の日本やパリでの生活の記憶と深く連動して微妙な色彩をおびる。そしてこのパリの匂う滞在記は、見事な日記文学に変貌する」(紹介文より)→表紙を拡大


「パリふたたび」

著者:  平岡篤頼
出版社:  小沢書店
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1973年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

【目次より】
「再びまみえるパリ1」「錯覚としての自由」「モンマルトルの夜」「忘れ得ぬ顔」「キャッフェの人間学」「オランダ・ドイツの旅」「また会う日まで」「踊るアメリカ」「ヴァンセンヌのこと」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「平岡篤頼」の本があるか調べてみる


「黄金の果実」

著者:  ナタリー・サロート(訳:平岡篤頼)
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1969年初版
価格:  2000円
状態・備考:  B

「意識下にうごめく他者への不気味な嫉妬、憎悪、恐怖の感情・・・・。内面に深い虚無と空白を抱いた現代人の魂!動脈硬化の症状を呈する既成の小説美学反抗し、独自の革新性にかがやくヌーヴォー・ロマンの新作」(帯より)→表紙を拡大


「木立ちの中の日々」

著者:  マルグリット・デュラス(訳:平岡篤頼)
出版社:  白水社
サイズ:  単行本
発行年:  1979年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「愛の 不毛の時代に生きる現代人、その心理の奥にひそむ狂気を追求するデュラス唯一の短篇集。他に『工事現場』など3篇」(帯より)→表紙を拡大