「植草甚一」の本の検索結果

「植草甚一読本」

著者:  植草甚一
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1975年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

「自由な風に吹かれて生きてきた植草甚一のすべて。自伝や日記があかす『ぼくの伯父さん』J.J.氏の60年。植草甚一さんのこと――池波正太郎、田村隆、渡辺貞夫ほか」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「植草甚一」の本があるか調べてみる


「ぼくは散歩と雑学がすき」

著者:  植草甚一
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1970年2刷
価格:  800円
状態・備考:  B

「1970年、遠かったアメリカを誰よりもフレッシュな感性と軽妙な語り口で綴った代表作。映画、小説、音楽はもちろん、風俗から政治まで、膨大な知識と貪欲な好奇心で語りつくす。本格的な著作としては、初期にありながら既にJ・Jの世界観を確立した1冊。刊行から40年以上たつ今も全く古びることのない、まさにサブカルチャーの教科書」(紹介文より)
【目次より】
「五角形のスクエアであふれた大都会」「調髪師のチャーリーとハリーとTVでホサれたシスター・ジョージ」「ニューヨーク・パリ・ロンドンの公衆便所を残らず覗いたジョナサン君とセリナ嬢」「スティヴン・マーカスのポーノグラフィ論をめぐって」「ナボコフの投書と本の話とナボコフィアンのこと」「LSDの古典的文献となったオールダス・ハックスリーのメスカリン反応記録を読んで」「シカゴのホワイト・カラー族がピル・パーティをやっている そのときのドラッグ・シーンのことなど」「ジェームズ・ボールドウィンの生きかたが書いてある本 もう一つの記事にはニューアーク暴動の顛末がくわしく書いてあった」「わるくち専門雑誌『FACT』の記事から面白いやつをさがし出してみると」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「植草甚一」の本があるか調べてみる


「ワンダー植草・甚一ランド」

著者:  植草甚一
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1975年12刷
価格:  1200円
状態・備考:  B

「ジョン・レノンの残酷物語」「雑学でサラリーをもらっていた男」「ジャズの音はどんどん若くなってゆくんだなあ」「ジャズの歴史を覗いてみると…」「ぼくたちにはミンガスが必要なんだ」「ニューロックの真実の世界が覗いてみたい」「ジャニス・ジョプリンの死とロックの未来」「頓珍漢のギャンブル入門」「江戸川乱歩と私」‥‥などを収録→表紙を拡大

→このほかに「植草甚一」の本があるか調べてみる


「映画だけしか頭になかった」

著者:  植草甚一
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1973年2刷
価格:  1200円
状態・備考:  A

「映画がこんなに素晴らしいものだったとは!『ぼくのヒッチコック』をはじめ、30年にわたって書きつづけられた映画に関するさまざまなエッセイを集めた楽しい本」(紹介文より)
【目次より】
「ぼくたちはシネマディクトなんだ」「少年を描く――トリュフォーの『大人は判ってくれない』」「ポーランド映画の新しい表現方法」「ゴダールの即興演出――『勝手にしやがれ』」「不思議の国のザジ――ルイ・マル」「フェリーニの『甘い生活』を楽しむ」「『処女の泉』とベイルマンの力」「モンクのソロではじまった『危険な関係』」「ライオネル・ロゴージンの二つの世界」「『去年マリエンバートで』をめぐって」「四角い本とスクェアな映画俳優」「メグレ警部とジュルジュ・シムノン」「映画のエロティシズム」「恐怖映画の系譜をたどってみよう」「犯罪映画はどんどん新しくなってゆく」「ドイツ映画の季節」「なぜ西部映画が好きじゃないんだろう」「ぼくのヒッチコック研究」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「植草甚一」の本があるか調べてみる


「カトマンズでLSDを一服―スクラップ・ブック11」

著者:  植草甚一
出版社:  晶文社
サイズ:  18×13cm
発行年:  1984年9刷
価格:  700円
状態・備考:  B

麻薬への旅/カルロル・カスタネダの体験/かわいそうなアメリカの高校生と勇放なイギリスの男爵夫人/LSDの古典的文献となったハックスリーのメスカリン反応記録を読む/シカゴのホワイト・カラー族がピル・パーティをやっている/わるくち専門雑誌“FACT”の記事から面白いやつをさがし出してみると ほか)/五角形のスクエアであふれた大都会/ヒッピーについて/ザ・ディガーズとフラワー・パワー ほか→表紙を拡大


「ハリウッドのことを話そう―スクラップ・ブック4」

著者:  植草甚一
出版社:  晶文社
サイズ:  18×13cm
発行年:  1976年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

これがハリウッドだ/ハリウッド揺籃時代/プロデューサーって苦労するなあ/セシル.B.デミルの伝説/エルンスト・ルビッチを偲んで/キャプラ雑談/マルセル・カルネの立場からみたフランス映画界/シネマスコープで立ち直ったアメリカ映画界/ベン・ヘクトの「或る世紀児」から ほか→表紙を拡大


「植草甚一スクラップブック2ヒッチコック万歳」

著者:  植草甚一
出版社:  晶文社
サイズ:  18×13cm
発行年:  1987年6刷
価格:  700円
状態・備考:  B/小口にシミあり

ヒッチコックは、ほんとうによく映画を知っている/ヒッチ・タッチの誕生/ヒッチコック名画館/ヒッチコックの秘密/罠にかかるのも愉快だなあ!/ヒッチコック物語/フランスにおけるヒッチコック研究/トリュフォーとヒッチコック ほか→表紙を拡大