「川口葉子」の本の検索結果

「屋上喫茶階」

著者:  川口葉子
出版社:  書肆侃侃房
サイズ:  22×14cm(ソフトカバー)
発行年:  2008年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

屋上から世界を眺める者=屋上者と名づけ、屋上者の視点からさまざまな屋上の魅力を豊富な写真と文章で紹介。
【目次より】
第一章 屋上者宣言
第二章 屋上時間を愛する人々
第三章 屋上テーブル 四季の楽しみ
【街角の屋上テーブル】「La Terracce(表参道)astral lamp(渋谷)CAFE LIBERTE(原宿)WIRED CAFE 360°(表参道)a-bridge(三軒茶屋)神南軒(渋谷)‥‥など)
【うちの屋上テーブル】
屋上ごはん・春の献立
屋上ごはん・初夏の献立 秋の屋上珈琲焙煎
第四章 東京の屋上コレクション
首長竜は屋上遊泳の夢を見る―国立科学博物館 小型観覧車の回る遊園地―蒲田東急プラザ 夢の金魚たち―松屋
由緒正しい聖地―日本橋三越本店
東京タワーの見える水田―六本木ヒルズ
ユピキタス空中庭園―伊勢丹
天空の十字架―Restaurant LUKE
ディズニーリゾート的屋上―玉川高島屋S・C
東急百貨店東横店の屋上から渋谷の街を眺める
渋谷区神南分庁舎の屋上緑化
屋上から飛び立つ光―銀座ミツバチプロジェクト
桜の花の満開の下―コマツビル屋上庭園
淡水くらげのように空を回遊する―羽田空港
第五章 屋上の童話『R氏の不思議な屋上』‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「川口葉子」の本があるか調べてみる


「東京カフェを旅する」

著者:  川口葉子
出版社:  平凡社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

ジャズ喫茶から2010年にいたる東京のカフェの歴史から東京カフェの現在を知るための57軒を紹介
【目次より】
「東京カフェの歴史―ジャズ喫茶から2010年のカフェへ」「東京カフェの現在」「東京カフェ第一世代」「次のステージ―第一世代がつくる新しいカフェ」「カフェと喫茶店の系譜―受け継がれてゆくもの」「コーヒーの現在形」「再生とロングライフデザイン」「おもてなしのかたち」「日々のごはん」「お菓子の幸福、パンの幸福」「遠い街の匂いを伝える」「カフェが拓く可能性」「アートと本とカフェの関係」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「川口葉子」の本があるか調べてみる