「石井好子」の本の検索結果

「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」

著者:  石井好子
出版社:  暮しの手帖社
サイズ:  18×13cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年43版
価格:  500円 [Sold Out]
状態・備考:  A

シャンソン歌手の著者がパリのミュージックホールにデビューした頃の話を、その頃食べたり作ったりしたお料理のことを中心につづったエッセイ。今では当たり前のものでも当時としては初めて出会っただろう食べものや、家で時間をさいて丁寧に作ってみたもの、あるいは失敗談、そしてそれらの料理の作り方・・・・など→表紙を拡大

→このほかに「石井好子」の本があるか調べてみる


「装歌―マイ・ソング マイ・コスチューム」

著者:  石井好子
出版社:  講談社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1985年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「終戦の秋、初舞台の衣装はブラウスとスカート姿であった。デビュー以来ほとんどの衣装を手がけてきた倉持ふくさんとの出会い、パリ生活、再婚、夫と父を亡くした日からの再起など、舞台衣装とともに綴る歌手生活40年の想い出」(帯より)
【目次より】
「小さなスポット・ライト」「焦土からのメロディ」「ニューパシフィックの思い出」「夢を持つには遠い日の中で」「パリ、その日その日」「人生は広い遊び場のように」「七年ぶりのニューヨーク」「ああパリ祭」「晩秋のレクイエム」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「石井好子」の本があるか調べてみる