「高橋みどり」の本の検索結果

「ヨーガンレールの社員食堂 野菜でつくる一皿料理」

著者:  佐藤雅子、高橋みどり
出版社:  PHP研究所
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2010年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

体によいものを、おいしく食べたいというヨーガン・レールのわがままから生まれた社員食堂のオーガニックの野菜を中心にしたメニューを紹介
【目次より】
「オーブンで焼く料理の入った一皿」「蒸す料理の入った一皿」「煮る料理の入った一皿」「沖縄食材の入った一皿」「乾物の入った一皿」「ごはん」「和える料理の入った一皿」「炒める料理の入った一皿」「カレーの入った一皿」「展示会の大皿料理」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「おいしい時間のつくりかた」

著者:  料理・文:長尾智子/コーディネイト:高橋みどり/写真:廣石尚子
出版社:  メディアファクトリー
サイズ:  28×21cm(ソフトカバー)
発行年:  1999年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

「昨日より枝を伸ばしたハーブ、読みはじめたばかりの小説、聞き慣れた音楽、けっこううまく煮えたジャム…。おいしい時間のつくりかたの秘密とコツを、わかりやすいプロセス写真と簡単なレシピでまとめました。映画を観るように、小説を読むように味わってください」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「長尾智子」の本があるか調べてみる


「毎日つかう漆のうつわ」

著者:  赤木明登、日置武晴、高橋みどり
出版社:  新潮社
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2007年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

「やさしい手ざわり、ほのかなぬくもり、とろっとした口あたり‥‥。基本のお椀から、あると楽しいうつわまで。輪島の塗師と人気スタイリストが、毎日使える漆のうつわを紹介」(紹介文より)
【目次より】
「高橋みどりのいつもの食卓」「赤木家のお椀ものがたり」「塗師屋さんを訪ねる」「講座 ぬりものって何だろう」「輪島塗の歴史」「ぬりもので食べる」「これからつかう、ぬりもの」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる


「好きな理由」

著者:  高橋みどり
出版社:  メディアファクトリー
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  600円
状態・備考:  B/カバー上部少しイタミ

「ここらへんでもう一度私の好きなものを見つめて、好きの基準を知っておこう。そうして自分流の気持ちのいい生活を始めよう。革の鞄、コート、布の耳、朝の過ごし方、高知の一日」→表紙を拡大

→このほかに「高橋みどり」の本があるか調べてみる