「菊地成孔」の本の検索結果

「東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・キーワード編」

著者:  菊地成孔、大谷能生、野田努、大友良英ほか
出版社:  メディア総合研究所
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

ジャズを語るには絶対に欠かせないはずのキーワード、「ブルース」、「ダンス」、「即興」、「音楽理論」。この4つを、大友良英ほか各分野のをゲストに迎えた菊地成孔・大谷能生コンビによる東大ジャズ講義シリーズ→表紙を拡大

→このほかに「菊地成孔」の本があるか調べてみる


「ユングのサウンドトラック 菊地成孔の映画と映画音楽の本」

著者:  菊地成孔
出版社:  イーストプレス
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2010年2刷
価格:  800円
状態・備考:  A

タブーに抵触するため、これまでどこにも発表できなかった松本人志『大日本人』論とはじめ、ジャン=リュック・ゴダールの作品を「音楽」と「恋」から読み解く超絶の集中講義、古典から最新作にいたるまで、ハリウッド映画を貫くフェティッシュな魅力など、菊地成孔による映画に関するエッセイ集→表紙を拡大


「スペインの宇宙食」

著者:  菊地成孔
出版社:  小学館
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  2003年2刷
価格:  600円
状態・備考:  B

「気鋭の音楽家にして音楽批評家、ニューロティックなライターにして妄想的な時代観察者である著者が、1999〜2002年の東京の風景をつづる。音楽、料理、映画、文学などをめぐる洞察に満ちたエッセイ集」(紹介文より)→表紙を拡大