「河盛好蔵」の本の検索結果

「回想の本棚」

著者:  河盛好蔵
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  700円
状態・備考:  B/函イタミ

「宇野浩二、太宰治、梶井基次郎‥‥忘れ得ぬ作家たちと出逢い、文学を愛し親しんだ七十余年の人生――その限りない思い出を、深い追想の念と文学を味わい楽しむ情熱でここに語る」(帯より)
【目次より】
「宇野浩二と象徴派」「アンニュイの文学」「腰の低い文学」「文学の我鬼」「太宰治の文章」「文学者夢声」「梶井基次郎と音楽」「パリ通信」「志賀さんの手紙」「私の戦争協力」「緑雨のアフォリズム」「藤村の勉強」「フランス語の名人」「外国語五十念」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「河盛好蔵」の本があるか調べてみる


「井伏鱒二随聞」

著者:  河盛好蔵
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1986年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

「納得のゆくまで自作を斧鉞して、諸家の論議をかもした『井伏鱒二自選全集』への心境。巧まざるユーモアの中で懐旧する青春・友情・人生・その文学の軌跡。交遊50年、同じ世代を歩み、その人と作品をこよなく愛する著者にして、初めて訊ね得た数々のエピソード。積年に亘る対談7編と作品の鑑賞を、収める井伏鱒二、人と文学の貴重なドキュメント!」(帯より)
【目次より】
「作家の素顔」「井伏文学の周辺」「縁蔭対談」「『山椒魚』まで」「夕すずみ縁台話」「文学70年」「自選を終えて」「井伏鱒二小伝」「作品ノート」「『ドリトル先生』ききがき」「名山を見る」「阿佐ケ谷会のこと」「常に新らしく」「高森訪問記」「荻窪50年」‥‥など→表紙を拡大

→このほかに「河盛好蔵」の本があるか調べてみる


「巴里好日」

著者:  河盛好蔵
出版社:  文化出版局
サイズ:  単行本
発行年:  1979年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

ベル・エポック/パリの日本人/ゴングールとのり巻き/黒田清輝のパリ便り/洋行奇談・新赤毛布/パリの日本料理店/五月革命の思い出/モンパナスのヴィーナスたち/エロチック辞典/カフェ・リッシュ/美食文学詞華集/エッセイスト大佛次郎/久保田先生の小唄 ほか→表紙を拡大


「文学空談」

著者:  河盛好蔵
出版社:  文藝春秋新社
サイズ:  単行本
発行年:  1965年初版
価格:  600円
状態・備考:  B

精密な文学論を展開したり、作家や作品について前人未発の見解を述べたりするわけではなく、永遠の文学ファンとしてフランス文学や文学一般について語った本。「『断腸亭日乗』について」「荷風の生活と読書」「ユーモアについて」「エスプリについて」「ジャン・コクトオの死」「マラルメ詩集」‥‥など→表紙を拡大