「ブローティガン」の本の検索結果

「西瓜糖の日々」

著者:  リチャード・ブローティガン(訳:藤本和子)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本
発行年:  1975年初版
価格:  1500円
状態・備考:  B

コミューン的な場所、アイデス“iDeath”と“忘れられた世界”、そして私たちと同じ言葉を話すことができる虎たち。澄明で静かな西瓜糖世界の人々の平和・愛・暴力・流血を短いセンテンスをつなぎあわせるスタイルで描く→表紙を拡大

→このほかに「ブローティガン」の本があるか調べてみる


「ビッグ・サーの南軍将軍」

著者:  リチャード・ブローティガン(訳:藤本和子)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本
発行年:  1976年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

「歯なしの若者リー・メロンとその仲間たちが、カリフォルニアはビッグ・サーで繰り広げる風変わりで愛すべき日常生活。蛙でいっぱいの池に放つ鰐。マリワナでトリップしながら待つ、奇妙なたくさんの結末…さまざまなイメージを呼び起こす彼らの生き方こそ、「あの頃」のアメリカの象徴なのか――。」→表紙を拡大

→このほかに「ブローティガン」の本があるか調べてみる


「芝生の復讐」

著者:  リチャード・ブローティガン(訳:藤本和子)
出版社:  晶文社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1976年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B

「雨に濡れそぼつ子ども時代の記憶と、カリフォルニアの陽光。その明暗のはざまに浮かびあがる、メランコリアの王国。密造酒をつくる堂々たち祖母、燃やされる梨の木、哀しい迷子の仔犬、ネグリジェを着た熊、失われた恋と墓のようなコーヒー、西瓜を食べる美しい娘たち…。囁きながら流れてゆく清冽な小川のような62の物語」→表紙を拡大

→このほかに「ブローティガン」の本があるか調べてみる


「ロンメル進軍―リチャード・ブローティガン詩集」

著者:  リチャード・ブローティガン(訳:高橋源一郎)
出版社:  思潮社
サイズ:  単行本(ソフトカバー)
発行年:  1991年初版
価格:  1200円
状態・備考:  A

1970年に出版され詩集から76篇(オリジナルは85篇)を訳出→表紙を拡大

→このほかに「ブローティガン」の本があるか調べてみる