「ソンタグ」の本の検索結果

「隠喩としての病い」

著者:  スーザン・ソンタグ(訳:富山太佳夫)
出版社:  みすず書房
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1986年6刷
価格:  1200円
状態・備考:  B

著者自身の癌体験をもとに書かれたエッセイ。病気、癌、という言葉が、特殊な広がりを持つ隠喩として自立し、人間の思考と行動を左右してしまうという現象に注目し、隠喩としての癌の構造を考察する。→表紙を拡大

→このほかに「スーザン・ソンタグ」の本があるか調べてみる


「死の装具」

著者:  スーザン・ソンタグ(訳:斎藤数衛)
出版社:  早川書房
サイズ:  単行本
発行年:  1970年初版
価格:  1500円
状態・備考:  B/背ヤケカバーシミあり

「カフカ、カミュ以来の文学的革命!自殺を試みて失敗し、以後死の感覚にとりつかれ生きていながら実際は死の生活をつづけているディデイ。彼は盲目の恋人との性生活の中に、夢の中に、死を構成する材料を集めて空っぽの自分を埋めていこうとする――現実と非現実、生と死がからみ合い、繰りひろげられる悪夢のような世界‥‥あらゆる価値が変動した今日、再び人間存在の意味を問う、現代アメリカ文学の最高峰」(帯より)→表紙を拡大

→このほかに「スーザン・ソンタグ」の本があるか調べてみる


「わたしエトセトラ」

著者:  スーザン・ソンタグ(訳:行方昭夫)
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本(ハードカバー)
発行年:  1981年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/カバーイタミ、シミ

1963年から1977年までのあいだに「パーティザン・レヴュー」「ニューヨーカー」「プレイボー」などに発表した短編をまとめた1978年の作品。単なるフィクションというよりも、評論の要素を含んだフィクションと言える→表紙を拡大