日本の小説・随筆(ヤ行) (全63件)

「けっぱり先生」

著者:  山口瞳
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1974年8刷
価格:  500円
状態・備考:  A

試験廃止、PTA解散など、教育ママの反対もなんのその、ねじまげられた教育のゆがみを正そうと情熱を燃やすひとりの校長先生を軸にその学校で働く先生たち、新聞記者の照れのないストーリーと「教育とはなにか」という主張を熱く語る学園小説 →表紙を拡大


「江分利満氏の優雅なサヨナラ 男性自信シリーズ最終巻」

著者:  山口瞳
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1995年5刷
価格:  500円
状態・備考:  A

昭和38年12月2日に初めて週刊新潮誌上を飾ってから一度も筆を休めることなく真剣勝負で31年間、1614回連載された「男性自身」最終巻。79篇を収録。「大海死せり」「おとうと」「迷信」「相撲場で」「捨て台詞」「叫ぶ!」「切実な問題」「早春」「勧進帳」「風字硯」「どうせ此の世では」「肥満体」「一泊旅行」「苦あれば楽あり」「死亡記事その他」「庭の眺め」「相撲見物」「鼠と戦争」「高橋義孝」「仔象をつれて」・・・・など


「「父の娘」たち―森茉莉とアナイス・ニン」

著者:  矢川澄子
出版社:  新潮社
サイズ:  単行本
発行年:  1997年初版
価格:  1200円
状態・備考:  B/背ヤケ

鴎外の娘/至福の晩年/その『微笑ひ』をこそ/『蜜の文学』の成立/犀星と茉莉/茉莉さんの常食・茉莉さんの写真/卯歳の娘たち/対談 父と娘の深い恋愛/モイラとアナイス/『神』としての日記 ほか →表紙を拡大