洋服・きもの・裁縫・手芸 (全36件)

「切りっぱなしでできるもの」

著者:  きゆなはれる
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

バッグは型紙いらずでザクッと布を切り、まっすぐミシンをかけるだけ。切りっぱなしで簡単に作れる110cm前後の子供のスカートやパンツ、大人も子供も楽しいバッグやアップリケ、カーテンなどを紹介。
【目次より】
「幸せ作るソーイング」「四角い形から」「少しだけ立体」「まっすぐな服」「切りっぱなしアップリケ」「少しだけ手間かけて」「切りっぱなしパーツで作る」「きゆなの図案レッスン」‥‥など →表紙を拡大


「のんびり気分で作りたいもの―handmade ZAKKA」

著者:  mihox&H.H.
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×20cm(ソフトカバー)
発行年:  2004年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「リバティ、麻とレース、チェックとストライプ。人気の布で作る、暮らしが楽しくなる小物の作り方集。服やバッグからキッチン、インテリア小物まで全部で56点。パターンつき。」(紹介文より) →表紙を拡大


「とびきりカワイイを作ろう―handmade ZAKKA」

著者:  ブルーブランシェ
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×20cm
発行年:  2003年初版
価格:  500円
状態・備考:  B

「こんなのあったらカワイイよねー。楽しいよねー」そんな言葉から生まれたカメラバッグ、お出かけバッグ、CDケース、MDケース、ブックカバー、ペンケース、なべつかみ、雨の日グッズ‥‥など、かわいい手づくり雑貨の作り方を紹介 →表紙を拡大


「シマシマの本―ボーダー布を使って」

著者:  坂上のり子
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  B

ずーっとボーダー好きだったという著者が、ウォールポケット、ショルダーバッグ、シャツとパンツ、椅子カバー、クッションなど、ボーダー布を使った雑貨や洋服のデザインと作り方を、ボーダーについてのコラムを交えて紹介する →表紙を拡大


「リボンと布でカジュアルな花たち」

著者:  遠藤紀子
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×15cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

布、糸、リボンなどで作る花をモチーフにしたアクセサリーの作り方を紹介。ブローチなど単体でもいいすが、洋服・バッグ・帽子はもちろんカーテンやクッションなどに添えることでよりかわいいアイテムになります。
【目次より】
「4枚リボン」「丸モチーフ」「コームを素材」「チュールとナイロンの花」「木綿のデージー」「巻きバラ」「実もの」‥‥など →表紙を拡大


「ヘンプのかぎ針あみ小もの」

著者:  雄鶏社
出版社:  雄鶏社
サイズ:  20×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  400円
状態・備考:  A

「ヘンプ=大麻(おおあさ)という素材から作られたヘンプトゥワインという、主に『結び』アクセサリーに好んで使われる麻糸で、かぎ針あみ小ものを作る。ドイリー、バッグ、アクセサリー、帽子などを紹介」(紹介文より)
【目次より】
「ファンシー&レトロ―ドイリー」「可愛いアイテム―プチバッグ&ポーチ」「ヘンプの優しさが素敵―アクセサリー&帽子」「ワンポイントをプラス―刺しゅうとアップリケ」「飾って楽しむ―ルームアクセサリー」「テクニックガイド」‥‥など →表紙を拡大


「布を切るだけ」

著者:  
出版社:  アスコム
サイズ:  22×17cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  400円
状態・備考:  A

ディック・ブルーナ、柳原良平、ミック・イタヤ、長崎訓子といったイラストレーターが提供してくれたイラストを型紙にした雑貨の作り方を紹介。難しいことはまったくせずにジョキジョキ切って、端を縫うだけで簡単にできます →表紙を拡大


「かわいい糸に出会ったら―糸あそびでできる小物たち」

著者:  雄鷄社
出版社:  雄鷄社
サイズ:  20×20cm
発行年:  2005年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

結ぶ・組む・編む・刺す・丸める・つなぐ・飾るなど、簡単で身近な方法で、糸を使った手作りの楽しみを提案。マフラー、帽子、バッグ、コサージュなどすぐに作れて実用性に富んだ雑貨小もの約20点を紹介。
【目次より】
「糸のまま→帽子に糸を巻く」「糸をニードルフェルト針でステッチする」「ニードルフェルト針で刺して形を作る→ニードルフェルト」「原毛をこする→フェルトシート」「フェルトのパッチワークひざかけ」‥‥など →表紙を拡大


「おしゃれは大事よ」

著者:  大橋歩
出版社:  マガジンハウス
サイズ:  21×15cm
発行年:  2000年3刷
価格:  500円
状態・備考:  B/カバーしわあり

若くなくなったら何を着るか。どんな服を着れば格好よく見えるか、年をとったからといって、おしゃれに区切りはありません。流行の取り入れ方、ヘアスタイルを変える、これ以上太りたくない・・・・雑誌「クロワッサン」連載された大橋歩さんの体験、観察、おしゃれ話をまとめた本 →表紙を拡大


「オードリー・ヘップバーンのおしゃれレッスン」

著者:  大橋歩
出版社:  ネスコ/文藝春秋
サイズ:  21×15cm
発行年:  1993年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

「まるごとオードリー・ファッション。サブリナパンツからウェディングドレスまで、おしゃれの秘密を大橋歩がタネあかし。」(帯より)「40年近くたった今でも、オードリーは映画のなかでチャーミングです。決して古くさくありません。オードリー自身が気づいていないオードリーらしさをヘッドが引き出したと思います。一方ジバンシーは、オードリーをシンプルなデザインでゴージャスなイヴニングドレスを着せ盛りあげました」(本文より)


「着物日常」

著者:  飛田和緒
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  800円
状態・備考:  A

和緒的着物生活を自分流で気軽に楽しむためのアドバイスする着物事始めの一冊。「小さい頃の私の着物」「初めて自分で買った「一万円セット」」「やっぱり紫が好き」「四季をまとう 春のよそおい」「四季をまとう 夏のよそおい」「装履―京都で初めてのお誂えその一」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「飛田和緒」の本があるか調べてみる


「わたしの100着・あなたの100着」

著者:  大橋歩
出版社:  ブロンズ社
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

大橋歩が持っている100枚の服を、シャツ、セーター、スカート、ワンピースなどに分類して紹介するとともに、ぬり絵のようなページには読者が持っている服が100枚描けるようになっている。大橋歩の100枚の服と読者の持っていると100枚の服で完成するという本 →表紙を拡大

 →このほかに「大橋歩」の本があるか調べてみる


「私の作ったきもの」

著者:  宇野千代
出版社:  海竜社
サイズ:  26×19cm
発行年:  1994年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

自由に、もっと個性的に、その人、その人の感覚で着物の美しさを楽しんで欲しいという気持ちから、古典的な感覚を生かしながら、しかも柄の配置や色感が全く新しくあることをテーマに40年間着物のデザインをしてきた著者が、そのこの40年間にデザインしてきた着物をカラー写真で紹介 →表紙を拡大


「てすうと―BOOK OF FABRICS」

著者:  松山猛
出版社:  風塵社
サイズ:  単行本
発行年:  1994年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

世界各国のさまざまな布地について紹介しつつ、自らのファッション遍歴をつづった本 →表紙を拡大


「リネンもニットも好きだから―handmade ZAKKA」

著者:  菊池しほ
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×20cm(ソフトカバー)
発行年:  2003年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

リネンバッグやポーチ、クッションカバー、ティーマット、ブックカバー、ミニマフラー、ブランケット‥‥など、ウールや毛糸と相性のいい、適度な厚みのあるリネンを使った小物を作り方を紹介 →表紙を拡大

 →このほかに「菊池しほ」の本があるか調べてみる


「布をきるだけ」

著者:  
出版社:  アスコム
サイズ:  22×17cm
発行年:  2005年初版
価格:  400円
状態・備考:  A

何か作ってみたいけど、手芸はや手作りは得意じゃない‥‥そんな人に、型紙を切って、端を縫うだけでかわいい作品のできます。型紙は、ディック・ブルーナ、柳原良平、ミック・イタヤ、長崎訓子が提供、ディレクションじゃセキユリヲ →表紙を拡大