洋服・きもの・裁縫・手芸 (全28件)

「布をチクチク、はんこでペタペタ。」

著者:  こまけいこ
出版社:  文化出版局
サイズ:  26×19cm(ソフトカバー)
発行年:  2006年初版
価格:  600円
状態・備考:  A

バッグやテーブルクロスから、チェアやカップ&ソーサーなど布小物に、シンプルでかわいい手作りの消しゴムはんこを布用インクで押して自分だけのひと味違う雑貨を作れます。雑貨作り方とはんこの図案、パターン付き。
【目次より】
「毎日のバッグ」「眠りの基本」「風を運ぶカーテン」「鏡の前で」「春の食卓」「夏のお出かけ」「元気印の子ども部屋」「自分だけのTシャツ」「気持ちのいいリネンの小物」「夏の手みやげ」‥‥など→表紙を拡大


「あったらいいな。私の刺しゅう―One & Only」

著者:  大塚あや子
出版社:  小学館
サイズ:  25×21cm
発行年:  2005年初版
価格:  700円
状態・備考:  A

シンプルな白いシャツや一枚の布を個性的ですてきな“私のお気に入り”になる刺しゅう、をテーマに、素材を選びデザインをちょっと工夫したクロス・ステッチやGジャンのパッチワーク刺しゅう、オリジナルデザインの携帯電話ケースやブックカバーなどを紹介。65種類の基本ステッチ・カタログ付 →表紙を拡大

 →このほかに「大塚あや子」の本があるか調べてみる


「とびきりカワイイを作ろう―handmade ZAKKA」

著者:  ブルーブランシェ
出版社:  文化出版局
サイズ:  21×20cm
発行年:  2003年初版
価格:  500円
状態・備考:  B

「こんなのあったらカワイイよねー。楽しいよねー」そんな言葉から生まれたカメラバッグ、お出かけバッグ、CDケース、MDケース、ブックカバー、ペンケース、なべつかみ、雨の日グッズ‥‥など、かわいい手づくり雑貨の作り方を紹介 →表紙を拡大


「かわいい糸に出会ったら―糸あそびでできる小物たち」

著者:  雄鷄社
出版社:  雄鷄社
サイズ:  20×20cm
発行年:  2005年初版
価格:  500円
状態・備考:  A

結ぶ・組む・編む・刺す・丸める・つなぐ・飾るなど、簡単で身近な方法で、糸を使った手作りの楽しみを提案。マフラー、帽子、バッグ、コサージュなどすぐに作れて実用性に富んだ雑貨小もの約20点を紹介。
【目次より】
「糸のまま→帽子に糸を巻く」「糸をニードルフェルト針でステッチする」「ニードルフェルト針で刺して形を作る→ニードルフェルト」「原毛をこする→フェルトシート」「フェルトのパッチワークひざかけ」‥‥など →表紙を拡大


「着物日常」

著者:  飛田和緒
出版社:  主婦と生活社
サイズ:  26×18cm(ソフトカバー)
発行年:  2005年初版
価格:  800円 [Sold Out]
状態・備考:  A

和緒的着物生活を自分流で気軽に楽しむためのアドバイスする着物事始めの一冊。「小さい頃の私の着物」「初めて自分で買った「一万円セット」」「やっぱり紫が好き」「四季をまとう 春のよそおい」「四季をまとう 夏のよそおい」「装履―京都で初めてのお誂えその一」‥‥など →表紙を拡大

 →このほかに「飛田和緒」の本があるか調べてみる


「わたしの100着・あなたの100着」

著者:  大橋歩
出版社:  ブロンズ社
サイズ:  21×15cm(ハードカバー)
発行年:  2000年初版
価格:  700円 [Sold Out]
状態・備考:  A

大橋歩が持っている100枚の服を、シャツ、セーター、スカート、ワンピースなどに分類して紹介するとともに、ぬり絵のようなページには読者が持っている服が100枚描けるようになっている。大橋歩の100枚の服と読者の持っていると100枚の服で完成するという本 →表紙を拡大

 →このほかに「大橋歩」の本があるか調べてみる


「私の作ったきもの」

著者:  宇野千代
出版社:  海竜社
サイズ:  26×19cm
発行年:  1994年初版
価格:  1000円
状態・備考:  A

自由に、もっと個性的に、その人、その人の感覚で着物の美しさを楽しんで欲しいという気持ちから、古典的な感覚を生かしながら、しかも柄の配置や色感が全く新しくあることをテーマに40年間着物のデザインをしてきた著者が、そのこの40年間にデザインしてきた着物をカラー写真で紹介 →表紙を拡大


「布をきるだけ」

著者:  
出版社:  アスコム
サイズ:  22×17cm
発行年:  2005年初版
価格:  400円
状態・備考:  A

何か作ってみたいけど、手芸はや手作りは得意じゃない‥‥そんな人に、型紙を切って、端を縫うだけでかわいい作品のできます。型紙は、ディック・ブルーナ、柳原良平、ミック・イタヤ、長崎訓子が提供、ディレクションじゃセキユリヲ →表紙を拡大