「みつまめ随筆」−秋山安三郎−

秋山安三郎は浅草生まれで、9歳の時に奉公に出されさまざまな職業に就いたのち、報知新聞や朝日新聞で演劇記者として活躍した。また「東京っ子」や「町の随筆」「下町今昔」といった東京についての随筆集も多く出している。自分の書くものには駄菓子の味がするという人に言われることから駄菓子に縁のある「蜜豆」をタイトルにした随筆集。お菓子や食べものの話というわけではぜんぜんなく、小学校を卒業した後、職を転々をしながら新聞社で働くようになるまでの若い頃の話を中心につづられている。

 →このほかに「秋山安三郎」の本があるか調べてみる

著者: 秋山安三郎
出版社: 朝日新聞社
サイズ: 20×11cm(ソフトカバー)
発行年: 1955年初版
価格: 1200円
状態・備考: B



前のページにもどる

ご注文方法
    1. 注文はフォームからかメールでお願いします。メールで注文する際は、ご注文になる書籍の書名、お客さまのお名前、お届け先御住所、お電話番号を明記して、こちら までお送りください。
    2. 注文メールを受け取ってから、できるだけ迅速にこちらからご注文品の在庫状況、送料を含む明細などのメールをお送りします。
    3. その確認メールをお受け取り後、お客さまから最終の御購入意志をお知らせいただくメールをお送りください。
    4. 最終的な確認ができ次第、ご注文品を発送いたします。

発送方法・送料について
  • 送料は一律300円/回です。
  • 発送方法につきましては、郵便局のクリックポスト、mゆうメール、ゆうパックとなります)
  • ただし発送方法や到着日時などをご指定の場合は、実費をご負担いただく場合がございます。

お支払いについて
  • お支払いは本が到着し、ご確認後に銀行振り込みしていただく形となります。
  • 郵便振替をご希望の方は、発送の際に郵便振替用紙を同封いたしますのでその旨をお伝えください。
  • 振込手数料は、お客様負担になります。

前のページにもどる