「ヴィオルヌの犯罪」

著者:  マルグリット・デュラス(訳:田中倫郎)
出版社:  河出書房新社
サイズ:  単行本
発行年:  1969年初版
価格:  800円
状態・備考:  B

人体の多くの断片が、ほとんどフランス全土にわたって、さまざまな貨車の中から発見された。被害者は極度の肥満体の女性、そしてこれらの断片を運んだ列車は同一地点―ヴィオルヌの陸橋を通過していることが判明した。だが、いまだに頭部のみは発見されていない・・・・。デュラスが実際の事件に取材し、十年の歳月をかけて結実させた「狂気」をめぐる凄絶な物語 →表紙を拡大


前のページにもどる