「忘却」

著者:  クロード・モーリアック(訳:岩崎力)
出版社:  集英社
サイズ:  単行本
発行年:  1968年初版
価格:  1000円
状態・備考:  B

「『殺されたのは、記憶だった‥‥』非文学の旗手が“小説における時間”に新境地を開いた問題作」「主人公の小説家・ニコラがある夜、パーティで再開した美しい女性の追憶を辿り始めるのを発端に、物語は、モンテーニュからユーゴ、モーリス・ルブランを経てプルーストに至り、さらにベケットやピュートルまでも巻き込んで、常に謎めいた雰囲気を漂わせながら最後の一行まで一気に読ませる奇妙な魅力にみちた小説」(帯より) →表紙を拡大


前のページにもどる